その他買取

その他

ポルフィディオアネホ、エルコンキスタドールブランコなど世界中のスピリッツの買取を致します。
店頭買取や送料当社負担の宅配買取、出張買取でご要望に合わせてご対応致します。
もらったけど飲まない、在庫を整理したいなどお気軽にご相談ください!
お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください!!

その他の歴史

元々リキュールは、薬酒でした。時は紀元前の古代ギリシャまで遡ります。この頃酸味が強くて飲みにくいワインは、蜂蜜を混ぜて飲まれていました。これをヒントに、医師のヒポクラテスがワインに薬草成分を移して薬酒を造ったのです。
 
15世紀になると、北イタリアのミケーネ・サボナローラ医師がもっと患者に飲みやすい薬酒をと、スピリッツにバラの香りを移したリキュール、ロソーリオを考案しました。リキュールは徐々に薬酒としてだけでなく、嗜好品としても楽しまれるようになっていきます。
16世紀では美味しいリキュールが多々造られていましたが、それがフランスへ渡ったのは、フィレンツェのメディチ家の娘がアンリ2世に嫁いだときでした。お供したシェフがポプロというリキュールを持っていくと、宮廷内で大層人気に。これをきっかけに、17世紀にかけて色の美しさにもこだわったリキュールが開発されていきました。

その他を高く売るコツ

酒屋やスーパーで販売されているような流通量の多いリキュールでも、買取対象になっていることが多いです。ただし、未開封であることが前提です。
リキュールの買取に限ったことではありませんが、レアな商品は高価買取になる傾向にあります。限定ボトルなどは、希少価値が付いている場合も少なくありません。
 
高く売るコツは、第一に飲まないのであれば早めに売る、というのがポイントです。リキュールはスピリッツのようにアルコール度数が高くない上に、ワインのように寝かせて美味しくなるアルコールではありません。賞味期限が短めのアルコールなので、早めの売却が賢明です。賞味期限まで時間があることが分かったら、ボトルの汚れなどを軽く拭き査定に出してください。
 
なお、買取対象品や買取価格は時々によって変化します。買取前に問い合わせると安心です。

お酒カテゴリからお酒買取情報を探す

  • 日本のウイスキーの買取実績
  • 世界のウイスキーの買取実績
  • ブランデーの買取実績
  • ワインの買取実績
  • シャンパンの買取実績
  • 日本酒の買取実績
  • 焼酎の買取実績
  • 中国酒の買取実績
  • ビールの買取実績
  • 空き瓶の買取実績

お酒買取の無料査定・お見積・お問い合わせはこちら

0120-06-4147

営業時間 AM10:00~PM8:00 ※年中無休

超かんたんお酒買取価格の見積フォーム

スタッフブログ