日本のウイスキー買取

日本のウイスキー

山崎や響、竹鶴、イチローズモルトなどジャパニーズウイスキーなら高価買取の当店にお任せください!!
店頭買取や送料当社負担の宅配買取、出張買取でご要望に合わせてご対応致します。
もらったけど飲まない、在庫を整理したいなどお気軽にご相談ください!
お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください!!

日本のウイスキーの歴史

1870年頃には日本でもウイスキーが造られていたと言われていますが、本格的にウイスキーが造られ始めたのは、サントリーの前身である寿屋が1923年に山崎蒸留所を建設してからです。かつては「ウヰスキー」とも表記されていました。

ジャパニーズウイスキーの市場価値も高く、長熟の山崎や閉鎖所してしまった軽井沢蒸留所、日本のクラフトウイスキーの先駆者であるイチローズモルトなどは高値が付けられています。

現在は日本国内だけでなく海外のウイスキーファンにもジャパニーズウイスキーは親しまれており、市場規模を拡大し続けています。スコットランド産の大手ウイスキー銘柄に並び多く飲まれており、世界的なジャパニーズウイスキーブームが起こっています。ブラックニッカやイチローズモルト、山崎は特に人気が高く、その品質の高さが伺えます。

日本のウイスキーを高く売るコツ

ウイスキーを高く買い取ってもらうためには、商品の市場価値を知っておくことが大切です。その時の流通状況や需要の大小によって市場価値は変動します。そのため査定する前に、あらかじめ電話で問い合わせることをおすすめします。

人気の度合いや流通量によっても違ってきますが、一般的には古いウイスキーほど希少価値が高く、高価買取が期待できます。また、ウイスキーの状態も査定に影響します。古いウイスキーほど経年劣化も激しいので、液面低下の度合いや変色の具合が査定の判断材料になります。

新品に近い状態が好まれるため、箱や化粧箱などの付属品の有無、ボトルの傷や汚れなども影響してきます。汚れなどを拭き取り、できるだけきれいな状態にしておくのが高価買取のコツです。

お酒カテゴリからお酒買取情報を探す

  • 世界のウイスキーの買取実績
  • ブランデーの買取実績
  • ワインの買取実績
  • シャンパンの買取実績
  • 日本酒の買取実績
  • 焼酎の買取実績
  • 中国酒の買取実績
  • ビールの買取実績
  • その他の買取実績
  • 空き瓶の買取実績

お酒買取の無料査定・お見積・お問い合わせはこちら

0120-06-4147

営業時間 AM10:00~PM8:00 ※年中無休

超かんたんお酒買取価格の見積フォーム

スタッフブログ