アンリ・ジローのお酒買取

アンリ・ジローについて

アンリ・ジローとは?

ワインのブランドの一つであるアンリ ジロー ブランドブランは、シャンパーニュ地方で作られる白ワインです。この名称の中にあるブランドブランの意味は、白ぶどうだけで作られた白ワインのことで、直訳では白の中の白と翻訳されます。さらにシャンパーニュ地方で生産されている白ぶどうの品種はシャルドネという品種のみなので、このブランドブランはシャルドネだけで作られた白ワインということになり、非常に特別であるという意味も含んでいます。

また、いわゆる炭酸を含んでいるスパーリングワインのことをシャンパンと呼ばれることは多いですが、このシャンパンという名称も本来はこのシャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインのみに付けることができる名称となっています。
白ワインということで、魚介類はもちろんのこと、食前酒にも非常によく合う一品となっています。

アンリ・ジローの歴史

アンリ ジロー ブランドブランの歴史は1625年まで遡ります。当時、ルイ13世の統治下であったフランスで、フランソワ・エマールという人物が、シャンパーニュ地方のアイ村というところのぶどう畑を手に入れました。これがアンリ ジロー ブランドブランの生産の始まりとなっており、現在でも同じ場所に畑を所有しています。

そして17世紀から本格的に生産が始まり、それ以前からアイ村のぶどうの評判が良かったこともあり、瞬く間にアンリ ジロー ブランドブランはイギリスやモナコの王室で愛されるようになりました。長らく上流階級しか入手できなかったことから、「幻のシャンパーニュ」と呼ばれてきました。

日本には2006年に輸入が解禁され市場に出回るようになりましたが、未だに生産量は制限されており、かつてよりは入手しやすくはなりましたが「幻のシャンパーニュ」の称号はまだまだ現役と言っても過言ではないでしょう。

アンリ・ジローのお酒を高く売るコツ

アンリ ジロー ブランドブランはその希少性と品質の良さから、高額で買い取りされることが基本となっているブランドです。そのようなブランドでさらに高く売るポイントとしては、まず未開栓であることが重要です。ワインやシャンパンは瓶の中でも発酵を続けていますが、一度開栓するとその発酵が弱まるか最悪の場合しなくなってしまいます。

次のポイントは製造年月です。もちろん古いものは価値が付きますが、その他にもぶどうの生育が良かった年はいわゆる当たり年と呼ばれ、そこで生産されたものであれば、他の年に比べ高く売れることがほとんどです。

あとはラベルが綺麗か否か、コルクがボロボロではないかも査定のポイントになります。これらの買い取り価格や在庫は変動していくので、あらかじめ電話で店舗に確認することが大切です。

アンリ・ジローの買取実績

  • アンリ・ジロー アルゴンヌ グランクリュ ブリュット 2002 750ml 12%の買取金額:¥35,000 買取日:2018/5/9
    • 千葉
    • 40
    お客様の声:高値での買取、ありがとうございます。

お酒買取の無料査定・お見積・お問い合わせはこちら

0120-06-4147

営業時間 AM10:00~PM8:00 ※年中無休

超かんたんお酒買取価格の見積フォーム

スタッフブログ