釘打ち機ピンネイラ買取実績一覧

釘打ち機の使用用途や活用シーン

釘打ち機とは、本体にセットした釘を高速で射出して板や柱に打ち付ける工具です。釘は「ネイラ」とも呼ばれ、釘打ち機自体が「ネイラ」という名前で呼ばれることもあります。

エアタイプが主流ですが、ガスを使用するタイプもあります。エアの圧力によって「高圧」タイプと「常圧」タイプに分かれます。

打てる釘もスクリュー釘・頭なしの釘・ロール釘など種類も豊富です。釘を射出して一気に打ち込むため、金づちを使って手で打つよりも何倍もの速さで作業を進めることが可能で、連続して打ち込むこともできるため作業時間の短縮や効率化がはかれます。

空中で釘が射出することがないよう安全装置が取り付けられていて、材料が発射口にあたっていないと射出できない安全設計です。住宅などの建築、内装の仕上げ、家具の作成まであらゆるシーンで活用され、プロの職人に重宝されている便利なツールです。

 

釘打ち機の人気メーカー・モデル

釘打ち機の人気メーカーは、マックス、日立工機、マキタなどです。マックスでは高圧の釘打ち機をスーパーネイラと呼び、多種多様な釘打ち機を数多く販売しています。

なかでも機能が充実しており使い勝手の良さにも定評があるエアロスターシリーズのHN-90N4(D)、HN-75N2(D)などが人気です。日立工機では1台で多彩な釘に対応できる高圧ロール釘打ち機NV50HR、NV90HRが人気で、特にゴールドカラーが人気を集めています。電動工具の最大手メーカー、マキタの釘打ち機も主流は高圧エアで、スリムな先端で傾斜打ちでも滑りにくいAN635H、AN935Hなどが売れ筋です。

 

釘打ち機を買取に出す際に気をつけること

高額買取を狙うのであれば、キズや汚れなど使用感は少ないほうがより高値がつきやすくなります。磨き上げる必要はありませんが、とれる汚れはしっかりと落としておきましょう。

エアーの排気口や釘の射出口にゴミやホコリが詰まっていないか確認をしましょう。

購入時のケースや保護メガネ、取扱説明書などの付属品があれば、一式揃えて買取に出しましょう。見積りの際は、メーカー、モデル・型式、購入した時期などの詳細な情報を伝えるとスムーズです。
また、査定前には、必ず動作チェックをしましょう。
注意してほしいのは、ねじの打ち込み深さ調整が壊れてしまっていると買取金額が付かないこともあります。
販売時期が古いモデルほど買取価格は下がる傾向にあるので、「長い間物置にしまったままで使う予定がない」または「新しいモデルへの買い換えを検討中」であれば、早めのご相談がおすすめです。

条件で絞り込む

フリーワード検索
カテゴリー検索
月別検索

電動工具買取の無料査定・お見積・お問い合わせはこちら

0120-06-4147

営業時間 AM10:00~PM8:00 ※年中無休

超簡単!電動工具買取の買取価格見積フォーム