チェーンソー買取実績一覧

チェーンソーの使用用途や活用シーン

チェーンソーは主に太さのある木や大量の木を伐採するために使用する道具です。細い木の伐採や日曜大工程度なら手動ののこぎりや鉈(なた)を使用することもできますが、長時間の作業になると負担は大きくなります。

チェーン状の刃を秒速20メートルもの速さで回転させて木を削るように切るチェンソーなら短時間で大量の木の伐採が可能です。硬さのある木材の切断や庭木の細い枝木を束にして切ることもスムーズにできます。主に林業などで使用されることが多く、倒木などが大きな問題になる台風などの被害現場でも活躍しています。

他にも農業の現場や造園業など常に木の伐採を必要とする現場では欠かせない道具です。

プロ向けの本格的な製品の他にDIYなどを目的とした安価で軽量、音が静かな一般向け製品も出回っていて用途に合わせて選ぶことができます。

 

チェーンソーの人気メーカー・モデル

かつては海外製品が主流だったチェーンソーですが国内メーカーからも性能の良い製品が多く発売されています。

ホームセンターなどでよく見かけ、知名度抜群のリョービやマキタは有名メーカーのOEMを発売するなどデザインや性能面でも安定した人気と信頼を得ています。

プロ向けの製品を主に扱うゼノアはハイパワーの草刈り機なども扱うメーカーで排気量でも海外メーカーに引けをとりません。共立エコーと新ダイワが合併したやまびこは農林業向けの機器などで培った技術で信頼性の高いメーカーです。この他にも自動車メーカーのホンダやスバル、日立工機グループの日工タナカなども独自の技術でチェーンソーを開発発売しています。
海外メーカーで日本で高い人気を誇るのはハスクバーナとスチールです。コンピュータ制御などを用いた性能の高さはもちろん、独自のカラーやデザインで人気があります。ハスクバーナでは安全性を確保するためにチェーンソーに3種類のブレーキを採用するなど革新的な製品を次々と発売しています。

 

チェーンソーを買取に出す際に気をつけること

安全性が重視されるチェーンソーは日頃から手入れがされている事が大切なので、買取を依頼する前にはできるだけサビや汚れを落として見た目をきれいにしておきましょう。

購入した日、メーカー名、型式や製品名などの情報は説明書や保証書で予め確認しておく必要があります。
買取店へ送る前にはガソリンなどの燃料油の他、チェーンオイルも漏れる危険があるので抜いた状態での送付します。

漏れると危険であることはもちろん、書類や備品が汚してしまうと査定が下がる原因にもなるからです。

チェーンソーカバーが無い場合は安全性とソーチェンを守るため段ボールを重ねるなどしてしっかりと梱包します。正常に動作しないチェーンソーは人気メーカーであっても低い買取金額になりますが査定に出してみましょう。

 

条件で絞り込む

フリーワード検索
カテゴリー検索
月別検索

電動工具買取の無料査定・お見積・お問い合わせはこちら

0120-06-4147

営業時間 AM10:00~PM8:00 ※年中無休

超簡単!電動工具買取の買取価格見積フォーム