飛行機を造っていた昔からエンジンは、スバルのお家芸

q111210084.1 (1)

小型エンジン・ロビンの強みが、スバルの強み

近年、社名をSUBARU(スバル)と改めた富士重工業株式会社。
すっかり一般名詞化していたので、何をいまさらという感覚ですが、このスバル、ルーツは大正期から昭和初期にかけての航空機メーカー・中島飛行機製作所。
隼など陸軍の数々の名作機や、あのゼロ戦の栄エンジンを手がけたことはで知られています。

その後、スバルの他にはポルシェしか手がけていないという、水平対向エンジンに一貫してこだわりを持つなど、スバルはエンジンには大きなこだわりを持つメーカー。
大ヒット車種トヨタ・86にもスバル製の水平対向エンジンが搭載されているのは有名です。
そんなエンジンでは定評を持つスバルだけに、エンジンを源動力とする発電機でも定評があるのです。

そのエンジンの名はロビンエンジン、さすがにスポーツドライビングに特化した、水平対向エンジンではありませんが、このノウハウは、かつてスバルが手がけていたスクータ・ラビットのエンジンのノウハウを流用したもの。
国内外で高評価を得ており、年間100万台以上が生産されていると言うのです。

ですから、スバル・ブランドの発電機を見かける以上に、実はスバルのロビンエンジンというケースは多いもの。

他社製と思い込んで使用している発電機や工具類のエンジンが、実はスバル製ということは非常に多いのです。

 

海外で一層高い、スバルエンジンの評価

そんなスバルが自社ブランドで製造している発電機は、インバータタイプとスタンダードタイプの2種類。
パソコンなど精密機器から、大きなパワーを必要とする電動工具まで幅広い用途に使用できるのがインバータタイプの特徴、一方でタフな現場でこそ実力を発揮するのがスタンダードタイプ。
それぞれの用途に応える幅広いプロダクトラインナップもスバルの発電機の人気の理由です。

そんなスバルの発電機、国内で高い評価を得ているのですが、海外ではそれ以上の評価を得ています。
「北米での自動車販売が大好調」、そんなニュースがスバルの国内人気を高めたように、スバルの発電機もこれから、ますます高い評価を得ていくことでしょう。

 

現場用も家庭用も、需要が高い今だからこそ!

大地震や台風など、自然災害が頻発する近年の日本。それを受ける形で、家庭での非常用電源の需要が高まっています。ですから、現場では物足りないとされるような、小発電タイプのものも人気がありよく売れています。
従来通りプロユースのスバル発電機はもちろん、ポータブルな「SGi14」のようなタイプも高価買取が可能となっていますから、お気軽に査定だけでもご依頼ください。

箱や取説などがそろった、新品に近い状態のものほど査定は高くなりますよ。

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。

経営統合でソキアは、計測工具の世界的トップメーカーへ

 b223780703.1

同業種との経営統合で、世界規模の企業へ

土木や建築の工事、これらは全て測量からスタートするもの。
それだけ、需要が高い業務でありながら、その内容があまり知られていないのは、専門性が極めて高い分野だから。それだけに、測量に不可欠な計測工具も非常にマニアックなものなのです。

「ソキア・トプコン」、この名前をはじめて耳にした人は100%、海外メーカーと思うはずなのですが、このソキア(SOKKIA)も、トプコン(Topcon)もれっきとした日本のメーカー。

両者は長年ライバルメーカーとして、計測工具や測量器具、GPSなど同ジャンルの世界で競い合ってきましたが、2008年に経営統合。ソキア・トプコンとして再スタートを切り、世界有数の計測工具メーカーとなりました。

特にソキアは創業は1920年という非常に長い歴史を持つ測量工具メーカー。
もちろん測量に携わる人たちの間では非常に知名度が高い企業なのですが、何しろ専門性が高い分野だけに同じ現場で働いている人でも、異業種だとよく知らなかったりします。

しかしソキアは昔から、世界中に営業所と販売網を持つ優良企業。トプコンとの経営統合により、ますますその強みを発揮しているのです。

 

近年の主力は、トータルステーション

トータルステーション、GNSS、三次元測定システム、電子セオドライト……これらは、現在ソキアが手がけている主力商品。あまりにも専門的すぎて、部外者には何に使うのかすら全く理解できないものばかりなのです。

しかし、測量に携わる人たちにはなくてはならない物ばかり。
とりわけ「トータルステーション」と呼ばれる、対象物のデータを瞬時に取り入れ、加工や可視化がおこなえる計測工具は非常にポピュラーなもの。これが、ソキアの主力製品となっているのです。

b221918749.2

 

こんなマニアックなものまで? 当店ならば大丈夫です

「測量の世界でしかニーズがないような、計測工具なんて売れるのかな?」……工具買取を看板に掲げている大抵のショップでは、難しい……そんなケースも多いでしょう。
しかし、当店のスタッフは工具のスペシャリスト揃い、豊富な専門知識を持っていますから、マニアックなソキアの計測工具も得意としているのです。

加えて、通常の工具買取店にはない強みは、販路の豊富さ。
DIY用の電動工具を探しているといった一般の方から、専門性が高い測量会社さんまで、幅広いお客さんからご愛顧をいただいています。
だから、ソキアの計測工具といったものまでも買取が可能、また直接お客さんまで届けますから、中間コストを大幅に削減。高価買取という形で還元しています。

「こんな工具まで大丈夫?」そう思ったら、悩む前にぜひ、当店までご連絡下さい。

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。

DIYの本場、オーストラリアが産んだブランド・トリトンの魅力とは

GetImage

あまりにも有名な、ワークセンターシリーズが大ヒット

ちょっとした加工ならば電動丸ノコだけでも問題がないのですが、正確な直線を出したいとなると、本格的な工具が欲しくなります。
しかしプロユースとなると、あまりにもハードルが高いもの。
そんな、DIY初心者に最適な木材加工システムが「ワークセンター2000」、DIYが盛んなオーストラリアの企業「トリトン」社が企画・製造したヒット商品です。

ヒットの訳は本格的な作業ができるにも関わらず価格が手頃な点と、使いやすい点。
トリトンは初心者用と位置づけているのですが、実際は上級者まで幅広く愛用されており、ユーザーは世界中に50万人もいるというのです。

ワークセンター・シリーズのヒットで知名度を上げたトリトンは、丸ノコやサンダー、ドライバ、ルーターなど様々な電動工具をヒットさせていきます。
そして母国のオーストラリアを遠く離れた日本でも、トリトンのオレンジ色のボディはDIYの現場で大活躍中なのです。

 

カッコいいルックスも、トリトンの魅力です

身の回りのツールを揃えるならば、機能はもちろん見た目にもこだわりたい、そんな人は多いはず。
DIYに本格的に取り組もうとトリトンのワークセンターを購入したならば、やっぱり電動工具も相性がいいトリトンで揃えたくなるものです。

そんな需要に応えるために、トリトンは幅広く電動工具を揃えているもの。
中でも評価が高いのが、ほぞ切りなどに欠かせないルーターやレーザーマーカーが付いた丸ノコなど。正確性を企業理念とするトリトンだけに、この様な電動工具は得意中の得意なのです。

そして、ワークセンターに続くトリトン社の大ヒット商品といえば「スーパージョーズ」。
「超アゴ」というユーモラスな名前通り、強力なホールド力を発揮する多目的バイスベンチで、トリトンの名声をまたもや高める結果となりました。

 

全部トリトンで揃えたい、そんなニーズが高いから

DIYの雑誌などを見ていると、男の隠れ家的な工房が登場して多くのDIY好きのハートをワシづかみにするのですが、大抵カッコいい工房の中央に位置するのがトリトンのワークセンター。そして、トリトンの電動工具なのです。

こんな風に憧れ感充分のトリトンの製品は当店の売れ筋。買取ればすぐに売れていく、超優良商品なのです。
そんな事情からトリトンの電動工具は高価買取となるのですが、ぜひ一緒にお持ちいただきたいのが取扱説明書。海外製品の上にDIYユーザーが多いだけに、安心材料として必要なものとなっています。
トリトン製というだけで高価買取、付属品も揃っていれば、より一層の高価買取なのです。

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。

製造業の雄、多角化の鬼、マルチ企業・ヤマハが手がける発電機

v361870297.1

発電機を手がけるのも、多角化の成果

明治時代、オルガンの修理をきっかけに楽器製造を開始、そこで積み上げた木工の技術を元に航空機のプロペラを開発、プロペラの実験用にエンジンを開発……まるで、将棋倒しのように連鎖的に様々なものの製造に手を出して、ことごとく事業化してしまう。
そんな驚くべき多角化を得意とする企業がヤマハ、そして「ヤマハ発動機」です。

そんなヤマハ発動機ですからエンジンを開発しておいて、それで終わりにするわけもなく、そこから始めたのがエンジン発電機の製造。
一見、工事現場には似つかわしくない「YAMAHA」のロゴなのですが……ヤマハ、ヤマハ発動機の成り立ちを考えれば、当然のことなのですね。

 

 

インバータ式も他の方式も、あらゆる現場で活躍中

現在、ヤマハの発電機はインバータ式とFW式、そしてスタンダード式の3種類に大別できますが、主力製品となっているのが「EF」から始まる品番を持つインバータ式。
パソコンなどの精密機器も安心して動かせるキレイな電気を作れる点、安定した動作、定燃費、低騒音、軽量などなど優れた特性がセールスポイントです。

そんなヤマハのインバータ式発電機・EFシリーズは、10品目にわたるラインナップが魅力。
5,500Wという最大出力を誇るプロユースタイプから、カセットコンロ用のボンベを燃料とする手軽
なタイプまで、幅広い品揃えがなされているのですが、現場で重宝されるのは、やはり高出力タイプでしょう。

一方で、水田の給排水などパワーを重視される現場で用いられる、FW式やスタンダード式も人気を集めているのです。
様々な現場で活躍する、ヤマハの発電機。
ヤマハ・ブランドの名に恥じない高性能性を誇っているのです。

 

 

近年高まる、発電機需要に応えて高価買取中

ヤマハの発電機の幅広いラインナップの中でも近年人気なのが、カセットボンベを利用する「EF900iSGB」。
レジャーでも用いることができる一方で、非常時の電源としての活躍が期待できることから、一家一台という勢いで売れているとか。

もちろん、他のプロユースにふさわしい高出力タイプの発電機。
これも、以前では考えられなかったことなのですが、ホームユースとして買っていくお客さんが増えています。
アウトドア志向、DIYのブーム、そして非常時の備えとしてでしょう。

このようにエンジン発電機の需要増に応えて、当店でもヤマハの製品を高価買取中。
入荷しても、すぐに売れていきますから、攻めの姿勢での買取が可能となっているのです。
出力が低すぎて使えない、そんなヤマハの発電機が眠っていませんか? 眠らせておくぐらいならば、ぜひ当店で査定だけでもお任せ下さい。もちろん、査定は無料となっております。

 

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。

配管のジャンルに特化、ワンアンドオンリーのレッキス

mickemicke2012-img600x450-1484025970k62z3a10235

配管の世界で欠くべからざるメーカー

知られざる業界でトップシェアを持つ、そんな隠れた企業が数多く見つかる。こんな話を聞く度に、日本のモノ作りは捨てたものではないと思ったりしますし、特定の業界を支え続けるという姿勢に感動を覚えたりするのです。

「レッキス(REX)」のブランドで知られるレッキス工業は、そんなモノ作りをおこなっている企業の1つ。中でもパイプマシンの国内シェアはトップという優良企業なのです。
パイプマシン、水道管やガス管などの接合に必要な様々な工程を1台でこなす、この工具。
登場は配管現場に革命をもたらしました。

その黎明期には、レッキス以外にも様々なメーカーが手がけていたのですが順次撤退。現在ではパイプマシンといえばレッキスと呼ばれるまでの地位となったのは、現場を支える確かな品質他なりません。

近年では配管用の工具や機械以外にも、配管を検査する光ファイバーを用いたカメラなどを製造。
ますます、配管の世界に欠くことのできない存在となっているのです。

 

大掛かりなチューブマシンから、小さなチューブカッターまで

ステンレス、銅、ポリエチレン、一口にパイプといっても素材も用途も様々なもの。
例えばステンレスは衛生さを重視する浄水場や食品・飲料工場などの給水配管に用いられるなど、専門性が増しています。
そんな場合に用いるのがステンレス管加工用のバイスやダイヘッドなど。
レッキスはそんな専門性が高まる現場にマッチした様々な電動工具を開発・製造し高い評価を得ているのです。

また配管は、大抵地中に埋設されているもの。メンテナンスには厚いアスファルトやコンクリートをはがさなくてはなりません。
こんな時に必要となるのが道路などを切り裂くエンジン駆動のダイヤモンドカッター。
電動工具ではありませんが、レッキスはこれらも手がけているのです。

加えてレッキスが手がけているのは大掛かりなパイプマシンやダイヤモンドカッターばかりではありません。作業台や手動のチューブカッター、そして替刃などの様々な消耗品といった、非常に小さなものまで幅広く手がけているのです。
正に配管業を全面で支援してくれる企業なのですね。

 

 

配管業界の方々も、当店のお客様です

大掛かりなエンジン駆動の工具から電動工具、そして手動のハンドツールまで、幅広く手がけるレッキスなのですが、その配管業界に特化したブランド力は非常に強いもの。
ですから、当店ではレッキスの製品はどんなものでも大歓迎となっているのです。

その理由はもちろん、当店の強い販売力。配管業界のお客さんが、レッキスの製品の入荷を待ち望んでいます。不要となった電動工具などがありましたら査定だけでもご依頼下さい。
ダイヤモンドカッタなど、持ち運びが難しいものも大歓迎、ぜひご一報を。

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。

新体制となった今、なおも続く伝統の老舗ブランド・新ダイワ

f191828272.1

現在もブランドとして残る、名門・新ダイワ

ある業界ではビッグネームですが、いったん離れた途端にマイナーになる。
こういった存在を、最近はマイナーメジャーと呼んだりするようなのですが、プロツールや電動工具の世界には、そんなブランドは多いもの。
「新ダイワ」は、そんなマイナーメジャーの代名詞的存在です。

新ダイワ工業が誕生したのは1952年のこと。自社開発の小型エンジンに強みを持っており、芝刈り機やチェーンソーなど、農林業の分野ではなくてならない存在となりました。
次に進出したのが、同じく小型エンジンを利用した発電機のジャンル。それに関連して溶接機や投光器も新ダイワの主力製品として成長していきます。

しかし、日本の農林業の衰退と共に業績も低迷、同ジャンルのライバル的存在であった株式会社共立と経営統合。現在では「株式会社やまびこ」のブランドとして、その名を残しているのです。

なぜ、やまびこ傘下のブランドとして新ダイワが残っているのか? それは創業以来築いてきた、自社開発小型エンジンへの高いブランド力他なりません。

日本を代表するマイナーメジャー・新ダイワは、同じくやまびこのブランドの一つとなった共立と共に、これからも農林業を支える存在であり続けるのです。

p462616249.3

そのブランド力は、エンジンの性能から

新ダイワといえば、自社製エンジン。
創業当時からタフさや軽量性・高出力では定評があったのですが、現代に求められる環境性能の高さにもいち早くキャッチアップ、高評価を得ているのです。

ですから「shindaiwa」のロゴが輝く数々の製品は高性能の証。
荒い扱いが常になりがちな農林業の現場や、屋外の工事現場などで大活躍。
長い歴史を持つ新ダイワそのままの日本全国に広がるサービス網も、高性能の裏づけとなっているのです。

h209749559.3

 

新しい製品はもちろん、多少古ぼけていたとしても

さて、長い歴史を持つブランド・新ダイワだけに、納屋や農作業小屋を取り壊したりといった場面で、年代物のチェーンソーや芝刈り機と遭遇するケースもあるでしょう。
「こんな古いチェーンソーどうしよう?」そんな風になりがちですが、そこは信頼の新ダイワ製、メンテナンスさえしてやればエンジンが復活、しっかり動作したりもするのです。

古ぼけた農林業用の器械、本体に新ダイワのロゴを見つけたら決して捨てたり処分したりせずに、一度お問合せください。

新ダイワ製の製品が大歓迎なのは、もちろん古ぼけたものだけではありません。
最近まで使用されていたような、完動・美品はなおさら大歓迎。一層の高価買取をご期待いただけます。
そして新ダイワ同様、やまびこのブランド・共立も同じく大歓迎なのです。

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。

スチールはエンジンだけでなく、電動工具でも大注目

 p388869895.1

エンジンもバッテリーも、スチールにおまかせ

 

チェーンソーを製造しているメーカーは、国内外に多々あり様々な現場で活躍しているのを目撃するのですが、タフな現場ほど海外ブランドの愛用者が多い。そんな傾向があるようです。
中でも、特に目立つのがオレンジのボディの「スチール(STIHL)」。
100年以上の長い歴史、日本上陸・半世紀、世界販売台数第1位、信頼のドイツ製……スチールを表現するためのフレーズは多々ありますが、そのどれもがスチールが現場での高い信頼をあらわすのに相応しいものばかり。国産のブランドを上回るのもうなずけるのです。

もちろん、スチールが手がけているのは、主力製品のエンジンチェーンソーだけではありません。
芝刈り機、植込みなどの剪定に最適なトリマ、後片付けに欠かせないブロワなど、林業に必要なアイテムは一通りそろっているのです。

加えて、エンジン駆動のタイプ同様、電動のシリーズも充実しているというのもスチールならでは。
プロが活躍する現場はもちろん、これらのバッテリータイプは庭木の手入れなど、ホームユースでの愛用者が多いの特長です。

 

ホームユースならば断然、電動駆動式

プロ用のエンジンチェーンソーでスチールが高い評判を集めているのは当然として、近年注目を集めているのは、スチールのバッテリー駆動シリーズ。
裏山や庭木の手入れなどなど、バッテリーチェーンソーが活躍する場面は意外と多いものです。
利点は、エンジン駆動タイプよりも安価だったり、メンテナンスが不要だったりと、とにかく手軽。
芝刈り機や、トリマー、ブロワなどもバッテリータイプは音が静かで、とりわけパーソナルユース向きで人気も上昇しているのです。

遠赤外線の暖かさ、自然志向の高まり、場合によっては燃料代がタダ、こんな理由で薪ストーブが人気になってます。
こんな場合に欠かせないのがチェーンソー、薪材を切る程度の利用ならば、多少パワーが気になるとはいえバッテリータイプのチェーンソーは最適なのです。

 

チェーンソーはマニアック? とんでもありません!!

現場で大活躍のエンジンチェーンソー、パーソナルユースにも最適なバッテリーチェーンソー。
当店の複数の販路を使えば、お探しの方を見つけるのはたやすいもの。その分、高価買取が可能ですから、買取のお客様にもきっといい思いをしてもらうことが可能です。

「輸入物のチェーンソーなんて売れるのかな?」とか、「マイナーなメーカーっぽいんだけど」とか考えているぐらいなら、ぜひ一度ご連絡をお願いします。
意外とカンタンに、高価買取が可能かもしれません。

案ずるより、産むが安し……こんな風に、昔からいうものです。

 

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。

測量を今も昔も支え続けるハイテク企業、トプコン

g187335131.1

トプコン、実は由緒正しい老舗なのです

遠方の敵に標準を合わせる、そのためには高性能の光学機器が必須。
先の対戦中、海軍でこの役割を担っていたのが日本光学工業、現在はニコン、言わずと知れたカメラの世界的メーカーです。
対して陸軍でこの役割を担っていたのが東京光学機械株式会社、現在は「トプコン」。
土木や建築の現場には計測工具や測量器具、医療の現場や眼鏡店では検眼機などを手がけているのです。

このような歴史を誇るトプコンだけに、測量の現場では信頼性はバツグン、知らない人は居ないブランドとなっているのですが、どうしてもニッチな世界だからでしょうか。
2008年にライバル企業であったソキアを子会社化、「ソキア・トプコン」と社名を改め、新スタートを切ることとなりました。

現在トプコンのブランド名で製造されているのは、GNSSやトータルステーション、3Dスキャナなどなど。ソキアのブランドで同様の製品もリリースされて続けられているのが面白いところです。

これはトプコンにもソキアにも、両方のブランドに古くからのファンが付いているから。そして、ファンをひきつけるのにふさわしい製品を、長年製造し続けてきたからに違いありません。

トプコンブランドはこれからも、測量の世界を支え続けるのです。

 

 

近年はGPS関連製品が熱い!!

測量をおこなうには位置情報が重要というわけで、トプコンは早くからGPS関連機器の開発に取り組んできましたが、近年実用化し話題になったのが、スマート農業システム。
これは畑を耕すのにGPS情報を活用したもので、トラクターを自動制御し効率化とオペレータの疲労軽減に大きく寄与しているのです。

これらと同様に、従来からリリースし続けてきた測量器具もハイテク化。「位置情報+測量」というポジショニングというジャンルでは世界一のシェアを獲得するまでに至っています。

信頼性、そしてハイテク性、測量の世界を両面でリードするのがトプコンなのです。

 

g187335131.2

測量システムを構成する一部でも、買取はOK

測量の世界も随分様変わりし現在、主力で用いられているのがGNSSやトータルステーションといった測量工具。これらは複数台数のセットで用いられるケースが多いのですが、買取なら受信機1台からでも大丈夫。ターミナルやイメージステーションなど、それぞれ単品での買取りもおこなっています。

他にもトプコンの製品で、こんなの買取ってもらえるかな? と思ったら、お問合せだけでもお気軽にどうぞ。査定はもちろん無料となっております。

 

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。

ヨーロッパを代表する多国籍企業・ヒルティ、日本でも人気上昇中

 HILTI 充電式ロータリーハンマードリル TTE 6-A36-AVR 中古品

ハードなプロツールから、ホームユースまで

一人当たりGDPが世界一という、豊かなヨーロッパの小国・リヒテンシュタイン。
この国の名前を聞いて、建築業界の人たちがまず思い出すのは「ヒルティ」、そんな小国にありながらも世界120カ国以上にサービス拠点を持つという、ヨーロッパを代表する多国籍企業なのです。

そんなヒルティの製品は電動工具や鋲打機など、日本にも多数輸出されているのですが、中でも高いシェアを誇るのが、建築用鋲打機。他にもハンマードリルや破つり機など、いかにもプロ用のツールに強みを持っています。
その一方で、現在シェアを伸ばしつつあるのが充電式のインパクトドライバーやレンチ類、真っ赤なボディのカッコよさも印象的ですね。

プロ用のツールでもホームユースでもヒルティの評価が高いのは、アフターサービスの良さや、使いやすさ、疲れにくさなどユーザーを大切にする姿勢。こんな姿勢を守るために、ヒルティは株式を公開しようとしないといいますから、実に徹底されているのです。

よい意味でのこだわりを決して捨てようとしないヒルティの製品は、ヨーロッパはもちろん遠く離れた日本の建築現場を支え続けているのです。

 

HILTI ヒルティ コード式ハンマードリル TE 7-C SDS 中古品

ヒルティのモットーは高価格ゆえの高付加価値

「あえて、低価格帯では勝負をしない。そのかわり、価格に見合った製品をとどける」
これは、ヒルティの製品全てから感じること。そして、ヒルティの製品が高い支持を集めている理由です。

「ヒルティ、高いからなあ」という先入観を持っている人も、一度使えば必ず納得できるという品質は、ヨーロッパでナンバーワンのシェアは伊達ではないと、必ず納得いただけるはずなのです。

リヒテンシュタインの主要輸出物の一つは精密機械、こんな風になっているのもヒルティがあるから。2万人超という従業員を抱えているのにも理由があるのですね。

 

高いものは高く売れる、そんな法則があるからこそ

電動工具の評判を色々な職種の方々に聞いていると、よく耳にするブランドがヒルティ。
しかし、必ずその後に「でも、高いんだよなあ……」という言葉がついてきます。高く買ったものが、高く売れるのは中古市場の鉄則。そんな訳で、ヒルティの製品は高価買取が運命付けられているといってもいいのです。

プロユースのハードな工具、ホームユースのインパクトドライバー、ヒルティならば元々高価な上に、どちらも高い需要がありますから高価買取は期待してください。
他店との買取価格を比較するのも大歓迎、査定だけならもちろん無料となっていますから、一度お気軽にお問合せください。

 

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

 

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。

日本にも浸透、北欧生まれのハスクバーナ!

p447583089.1

日本とよく似た環境で生まれたチェーンソー

北欧と聞いて思い出すものは人それぞれ。
家具だったり、住宅だったり、ある人は村上春樹の小説のタイトルだったり。
これらに共通するのは、豊かな森林のイメージ。

北欧3国のひとつ、スウェーデンも国土の実に7割近くを森林が占めています。
そんなスウェーデンの森で生まれ、森で鍛えられたチェーンソーが「ハスクバーナ」。
バイク好きなら、もうおなじみのメーカーですよね。

そんなバイクエンジンの製造のノウハウを活かした、ハスクバーナのチェーンソーや芝刈り機は、日本でも大活躍しています。

国内では日本法人「ハスクバーナ・ジャパン」が販売およびサービスを担当。
とりわけアフターサービスは海外メーカーとは思えないほどの、手厚さと評判。
多くの林業従事者から、チェーンソーカービングのアーティストまで幅広い愛用者を生み出しているのです。

そういえば国土の森林率なのですが、スウェーデンに次ぐ17位は、ここ日本。
日本とハスクバーナの相性がいい理由は、こんな所にあるのかもしれません。

 

c549198372.1

ポピュラーなタイプの芝刈り機もハスクバーナ製?

ハスクバーナが得意とするのはチェーンソーや芝刈り機。

海外製の芝刈り機と聞くとアメリカの映画に登場するような、大型の常用タイプを思い浮かべがち。
ハスクバーナは、そんな乗用タイプの芝刈り機も製造販売しているのですが、草刈機と呼ばれ道路などのノリ面を整えるのに使用されるタイプも、数多く手がけています。

身近にある芝刈り機、ひょとするとハスクバーナ製かもしれません。

それ以外にもハスクバーナの最新のパンフレットには、近年はやりのロボット掃除機然とした全自動芝刈り機も登場。
広大なアメリカの庭よりも、日本の小規模な庭の芝の手入れに適していそうな新製品。
ハスクバーナはこれから、ますます身近な存在となっていくのかもしれません。

 

 

付属品や消耗品があれば、プラス査定!!

海外製のツールでも日本製のツールでも、基本的な使用法は同じもの。
ですから、手馴れたプロの職人さんなら、何の抵抗もなくハスクバーナの製品を購入してもらえるのです。しかし、それ以外の人に購入してもらうのに大切なのが、日本語の取扱説明書ほかの付属品。

取扱説明書がなくても、もちろん買取は大歓迎となるのですが、高価買取を狙うならば取説や付属品は必須です。

高価買取といえば芝刈り機やチェーンソーの替刃。
これらも本体と同時に買取されて頂きますし、替刃だけでももちろん大歓迎

本体にキズや汚れが付いているというケースでも、精一杯の買取価格を提示いたします。
査定は無料ですし、もちろん査定だけでも大歓迎なのです。

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。