買取実績詳細

2017/11/27

未使用品 makita 180mm 充電式ディスクグラインダ GA700DPG2

買取金額 ¥27,000

未使用品 makita 180mm 充電式ディスクグラインダ GA700DPG2

【2017/11/27 現在買取価格!】

※買取金額は、お品物の状態や、相場、在庫状況によって常に変動しています。
買取実績の金額は過去の実績となります。
買取保証金額ではありません。
詳しくはお電話かお見積もりフォームからお問合せください!

 


グラインダとはなに?その活用シーン

グラインダとは、研削砥石を使用してその回転運動によって、加工物の表面の研削や切断を行うための電動工具のことをいいます。グラインダの中で砥石が円盤状のディスクになっているものを、ディスクグラインダとも呼びます。また、木材の研磨に特化しているものをサンダーと呼びます。加工物は、おもに木材や石材、鉄にアルミ、ステンレスといった金属などですが、多岐に渡っています。グラインダの大きさは、資材を手にもって使用する大型のものから、手にグラインダをもって使用するハンディタイプのものまであります。活躍シーンとしては、建築現場や鉄工所、自動車整備工場などといったプロの現場が主流でしたが、近年ではDIYや日曜大工が流行ってきたこともあり、一般の人々も幅広く使用しています。また、使用に際しては保護メガネと保護手袋が必要です。これを着用していなければ操作ミスにより手を傷つけたり、粉塵が目に入り大事故につながるといった問題が生じます。

 

グラインダの人気製造メーカーと選び方

グラインダは広い用途を持った電動工具なので、切断したり研削したりする対象物によって数多くの種類のグラインダが販売されています。人気の製造メーカーは、国内から国外までさまざまあり、電動工具を数多く製造している日立工機やマキタ、ボッシュ、リュービなどの人気メーカーの名前が挙げられます。これらのメーカーでも得意のグラインダがあり、マキタやリュービ、日立工機は自由研削盤が、岡本工作では平面研削盤が有名となっています。グラインダの選び方は、ディスクサイズが異なるものもありますが、おおよその場合共用でディスクが使えるように設計されているので、サイズによって左右されることはありません。基準として、まずはディスクのサイズで決めることです。大きすぎれば使用しにくく、小さければ作業時間がかかることもあります。また、回転速度で選ぶこともできますが、最も重要なのは快適な操作性と耐久性です。

 

グラインダを売りに出す際の注意点

グラインダは、いまやプロだけでなくDIYでも使用されるので、買取人気は十分にあります。しかし、DIY用のグラインダは、型番が古くなったりモデルチェンジした場合は買取価格が大幅に低くなるので、買取に出すと決めたならばできるだけ早く出すことが必要です。また、電動工具なので動かないものは買取価格はほとんどの場合つきません。そして、新品や未使用のものが最も買取価格が高くなりますが、中古であっても使用でき、かつメンテナンスが行き届いていれば高価な買取価格がつく可能性があるので、整備をしっかりとする必要があります。グラインダのメンテナンス法としては、カーボンブラシが摩耗していないか定期的に確認し、電源コードに亀裂が入らないようにする、そして使用後には乾いた布や石けん水のついた布で拭き取りをすることです。

無料査定・お見積・お問い合わせはこちら

0120-06-4147

営業時間 AM10:00~PM8:00 ※年中無休

インターネットでのお問い合わせ