買取実績詳細

2017/02/10

マキタ 9533BL 100mmディスクグラインダー 未使用

買取金額 ¥5,000

マキタ  9533BL 100mmディスクグラインダー 未使用

【2017年2月10日買取ました!】

※買取金額は、お品物の状態や、相場、在庫状況によって常に変動しています。
買取実績の金額は過去の実績となります。
買取保証金額ではありません。
詳しくはお電話かお見積もりフォームからお問合せください!

 

メーカー仕様 説明

電動機:直巻整流子電動機

電圧:単相交流 100V

電流:7.4A

周波数:50-60Hz

消費電力:720W

回転数:9,000min-1(回転 / 分)

砥石寸法:外径 100mm ×厚さ 4mm ×内径 15mm
(取り付け可能砥石厚さ 3 ~ 6mm)

全長:262mm

質量: 1.5kg コード:2.5m

・細径ボディ! 低速高トルク!

・二重絶縁タイプ

・高耐久&ハイパワーモータを搭載

・握りやすい細径ボディ(胴径56mm)でしっかりと握ることができる


ディスクグラインダー、使い勝手の良さの秘密

円盤状の砥石を高速で回転させて、切ったり、削ったり、磨いたり。そんなディスクグラインダーは非常に使い勝手がよい電動工具。
先端の砥石次第で、プラスチックや木材はもちろん、金属やコンクリートなどなど幅広い素材に使うことができますから、様々なジャンルの職人さんにとってなくてはならない電動工具の一つです。

ですから、様々な現場や工場で使われているのですが、主な用途としてはまず切断。よほど分厚く硬い鋼板を除けば、大抵のものはこれ1本で用は足りてしまいます。

次にディスクグラインダーが使い勝手がいいのは研磨での使用。サンドペーパーを使用したサンディングディスクを用いれば木材のカドを丸めたり、くぼみをつけたりする加工もカンタン。ワイヤーを使えばしつこいサビもカンタンに落ちますし、ツヤを出したい場合にはフェルトバフに交換すればいいのです。

こんな便利なディスクがラインダーを、ますます使い勝手のいいものとしているのが、そのサイズ。片手で片手でも取り回しやすい大きさですから、どこでも使えるのが大きなメリットとなっています。

 

ディスクグラインダーの取り扱いに注意!

切断、研磨など幅広い用途に使えるほか、軽量で取り回しが良い上に構造もカンタン。
非常に使い勝手が良い電動工具といえば、ディスクグラインダでしょう。

用途が広いだけではないのも、ディスクグラインダの優秀なところ。

しかし、このディスクグラインダ、カンタンに使えてしまえるためか、雑な使い方をした結果、事故につながるケースが相次いでいます。

例えば、切断砥石を用いて研磨していたところ、ディスクが破損したというケース。

切断砥石は、切断に用いるディスクのエッジの部分には硬度があるものの、それ以外の部分は意外ともろいもの。研磨用途でエッジ以外の部分に力を加えているうちに、ディスクが破損したというのです。

そして、切断作業中に切れ味が悪くなったので、砥石を交換して作業を継続したところディスクが破損して、作業者が大怪我をしたというケース。

ディスクの強度を超えて力がかかったので、破損してしまったというのです。

両方の事故とも切断砥石の破片で、作業者が重症を負ってしまったといいますから深刻です。

 

切断砥石をつけるなど言語道断!!

ディスクグラインダは研磨にも使用できますから、研磨専用の電動工具であるサンダーとよく混同されるもの。
例えばマキタのディスクサンダーなどはグラインダと非常に見た目も似ているのです。
しかし、ディスクサンダーにはディスクカバーは付いていませんし、代わりに集塵機能がついていたりするのです。

飽くまで研磨専用なのがサンダーですから、これに切断砥石を取付けて……などという作業には絶対に用いてはなりません。

現場作業に慣れてくると効率化を求めるあまり、ついついメーカーが禁止しているような使い方をしてしまうもの。しかし、それが重大な事故につながってしまうということを忘れてはならないのです。

条件で絞り込む

フリーワード検索
カテゴリー検索
月別検索

無料査定・お見積・お問い合わせはこちら

0120-06-4147

営業時間 AM10:00~PM8:00 ※年中無休

インターネットでのお問い合わせ