木材の接合の効率が飛躍的に向上、エアネイラ

 

マキタ AT450H 高圧フロアタッカ ステーブル 4MA線 25-50mm 中古29800

★釘の使用に革命を起こしたエアネイラ

木の接合ならば、いうまでもなく釘が一番。

世界最古の木造建築・法隆寺の金堂からは、今から千数100年前の釘が発見されているといいますから、我々と釘の付き合いも大変長い歴史を持っているもの。

 

現代でも木造建築ならば内外装、鉄筋コンクリート造でも内装に無数の釘が使われているのです。

そんな長い釘の歴史に革命を起こしたのがエアネイラ。

日本での使用開始時期は高度成長期の建築ラッシュとちょうど重なります。

mickekasiwa2_1-240001027037_2

 

 

引き金を引くだけで、正確に深く釘が打てるエアネイラは、建築現場での効率アップに大きく寄与。

一般的な木造住宅で使われる釘の数は5万とも6万ともいわれています。

そして、それらの作業を大幅に軽減しているのです。
高度成長期の建築ラッシュばかりでなく、現在の建築現場をエアネイラが支えているといっても過言ではないでしょう。

 

 

★用途に合わせて、タイプも様々

家具などの木製パーツの接合から住宅の建築まで、エアネイラは幅広い現場で活用されており、固定タイプから手持ちタイプまで様々なものが存在します。

CN-565S(FP)

しかし基本的な原理は同じ、高圧空気を利用して釘を打ち込む。

ですから、空気を圧縮するコンプレッサやそれを作動させるための電源はエアネイラを使用する現場では不可欠となります。

エアネイラには、ホチキス針状の物を打ち出すタイプ、ベルト状にセットされた釘を打ち出すタイプなど様々なものがありますがトップブランドはやっぱりマックス

マックス 高圧コイルネイラ スーパーネイラ HN-90 エア釘打機18000
日立工機など他の電動工具メーカーも手がけてはいるのですが、何といってもマックスは手がけている歴史が違うもの

 

文句なしのシェア・ナンバーワンとなっています。

エアネイラを使う上で欠かせないコンプレッサもやはりマックスが強いのですが、こちらはマキタリョービなど他のエア工具を手がけているメーカーも存在感があるのです。

AC461XG

 

引き金を引くと、空気が排出される音と同時に釘が打ち込まれる独特の音がするもの。

 

遠くからでも、エアネイラを使用していることに、すぐ気付きますね。

月田隆行

 

★マックス製はもちろん、周辺の工具も大歓迎!!

不要となったエアネイラ、しまっておくのではなく他の方に使ってもらうのはいかがですか?

木材の接合に欠かせないエアネイラは、常に探している方がいらっしゃるもの。不要になった方と必要とされている方、その橋渡しをするのが私たち、ぜひ一度ご相談下さい。

また、エアネイラを使うのに欠かせないコンプレッサや予備タンク、そして発電機なども同様に買取強化中。
期待に添える様、買取価格を提示いたしますので、査定・見積りだけでも、お気軽にご利用下さい。

 

———————–

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!

電動工具買取専門店みっけ柏店

kougukaitori

得意のホチキスやタッカーから、活躍の場を広げるマックス

  bungu-l14

日本でホチキスといえば、もちろんマックス

 

「バンドエイドとか宅急便は商標だから、NHKでは使えないんだぜ」なんて話は聞いたことがあるかと思いますが、あまりにも商標が一般化してしまい、普通名詞化してしまった例も数多くあるもの。

エスカレーターや魔法瓶がそれらの例ですが、最も有名なのはステープラーいや「ホチキス」でしょう。

これは元々、日本に輸入した第1号のステープラーがホチキス社製だったからことから来るもの。
以来、ホチキスという呼称は広がり、NHKですら近年ではステープラーと呼ばずにホチキスと呼ぶようになりました。

このホチキス、日本に登場以来しばらくは輸入品ばかり使われていたのですが、国産第一号を製造したメーカーが「マックス」社。
机の上にあるホチキスは大抵マックス製であることでもわかる通り、日本では圧倒的なシェアを持つトップメーカーです。

そして木工などの工房にある電動の大きなホチキス……タッカーと呼ばれていたりするのですが、これらを手がけているのも大抵マックス。

加えて、よく似た仕組みの釘打機、ネイルガン、ネイラーでも大きなシェアを持っているのがマックスなのです。

 

max2

エア工具だけでなく、電動工具もマックス製

マックスが強みを見せるのは、タッカーや釘打機だけではありません。
エアコンプレッサを使うエア工具、ネジ打機やインパクトドライバーでも強みを見せる一方で、近年では充電式の工具にも進出。

得意のタッカやネイラも充電式、インパクトドライバーやインパクトレンチ、丸ノコなどなど電動工具全般でも一定のシェアを保っているのです。

マックスの特長とは、タッカーや釘打機など打撃系の工具が得意なことでもわかる通りタフな点。
このことは、充電式ハンマードリルや鉄筋カッターなど、いかにもハードな現場で活躍する類の電動工具でも高い評価を受けていることからも明らかです。
マックスのエア工具や電動工具は、タフなツールでタフな現場を支えているのです。

max3

 

お気軽におたずね下さい!!

さて、マックスのエア工具や電動工具、もちろん大歓迎で買取なのですが、皆さん迷われるのがコンプレッサーの買取について。ひょっとして断られるかも? まさか!! 大きくて、重いものでも大丈夫です。(地域によっては難しい場合がございます!申し訳ありません!)

マックスに限らず、エア工具の必需品コンプレッサーもなるべく高価で買取中。
周辺機器のエアタンクやホースドラム、そしてエアホース、喜んで買取りさせていただきます。

改めて見てみるとタッカーだけでなく、マックスは数多くの製品を手がけているもの。

マックスの製品が現場の信頼も高いのは御存知の通り、人気商品となっていますから高価買取、新しく状態がいいものほど、ますます高価買取となりますから、お気軽におたずねください。

もちろん、査定は無料となっています!!

 

max1

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!

電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。