使う人はものすごく使う、そんな全ネジカッターも高価買取

全ねじ1

電工系の職人さん必須の全ネジカッター

 

専門の職人さんが、それぞれプロフェッショナルの技を発揮する建築現場。

建築に高度な技術が求められるにつれて、専門化も高度に進み、職人さん同士、頻繁に顔を合わせるものの、それぞれが何をやっているのかがわからない。
そんなことも現場では、ごく普通になりました。

技術が高度化すると電動工具も高度化するもの。

電気工事、設備の職人さんがもっぱら使い、他の職人さんたちにとっては、その用途がわからない、そんな電動工具もあるものです。

代表は全ネジカッター。

 

全ねじ3

 

頭部以外すべてネジが切ってある長い金属の棒である全ネジボルトを好きな長さに切断するのに使うものです。

全ネジボルトの中で、主に天井から吊り下げる用途に使われるものは吊ボルト。とりわけこの切断で大活躍するのが、全ネジカッターなのです。

形状が似ているので間違いがちなのが、鉄筋を切るためのボルトカッター。

両者が最も異なるのは刃先の構造、ボルトカッターは鉄筋に垂直に刃が噛み合う。
一方で、全ネジカッターは全ネジのネジ山に沿って切断するようになっています。

だからネジ山がつぶれることなく、ナットをスムーズにしめることができる切り口となるのです。

 

刃先の工夫とトルクの強さが、全ネジカッターのすべて

全ネジカッターの真価を決定付けるのは、切れ味。

ですから、刃自体の工夫と、締め付けるトルクの強さで、全ネジカッターの評価が決まります。

多くの電動工具メーカーが手がけている中で、評価がとりわけ高いのがパナソニック。
刃先に独自に工夫を凝らすことで、切り口にバリが出にくいのがポイントです。

他に、現場でよく見かけるのがマキタや日立工機のもの。

全ねじ4

これらの愛用者は、他の電動工具もマキタや日立工機で揃えたので、全ネジカッターも……という動機が多い様子。

これは、メーカーに対する信頼感が高いからという以外にも、同じ充電池を使いまわせるという理由があります。

充電をしている時間がなかったり、充電をできる環境になかったり。こんな場合に同じメーカーでそろえているメリットが発揮されるのです。

全ねじ5

 

全ねじ2

替えパーツも含めてプラス査定!!

全ネジカッターは入荷すればすぐ売れる、買取大歓迎の商品です。

高価買取のポイントは、状態が良いことはもちろんなのですが、付属するパーツが揃っていること。

替刃やバッテリーの予備も一緒に査定させてもらえるならば、その分はもちろんアップの対象となってきます。

加えて箱や取説が揃っていると、より高価買取が可能になるのですが、揃っていなくても買取不可ということは絶対にありません。

使わなくなった全ネジカッターのことなら、お気軽にお問合せくださいね。

プロ用・DIY用の両刀で勝負する、リョービの電動工具

リョービ2

プロ用でもDIY用でも、高い人気のリョービ

広島県府中市に本拠地を持つリョービは、ダイカスト製品のトップ企業、世界的でも有数のシェアを誇っています。
一番有名なのは自動車のパーツ。そしてノウハウを活かして、様々なジャンルの製品を手がけているのですが、電動工具もその一つです。

リョービが、木工の分野で強みを持っていた東和電気という会社を傘下に収めたのが1970年初め。
以来、電動工具の分野でも、高い知名度を得るようになりました。

ですから、特に評判が高いのが木工用の電動工具。
とりわけ手で持って使用する、電子丸のこは取り回しの良さで、職人さんたちに人気なのです。

加えてリョービの電動工具で忘れてはならないのが、レシプロソー。
特に、重量が軽くパワーもあるコード付きのタイプが人気で、リョービ以外は選ばないとの声もあるぐらいです。

また、DIY用途の電動工具で圧倒的な強さを発揮するのも、リョービの特徴。
ホームセンターの棚に並んでいるような、比較的安価なものはリョービの独壇場となっています。
これは何よりも、多くのDIYユーザーからコストパフォーマンスの高さを評価されてのことでしょう。

 

リョービ1

販路も価格もカラーも全く違うのです

 

プロ用とDIY用それぞれのジャンルで強さを持つ。
そんなリョービの電動工具、両者ははっきりと区別されているもの。

まず、販路。
前者はもっぱら専門店、後者はホームセンターがメインです。

また、価格も全く違う。
リョービの同じ用途の電動工具でも、倍以上値段が違うというのも、珍しいことではありません。

そして、ボディカラーも変えてあります。
プロ用でよく用いられるのがグリーン系、DIYユーザー向けのものは赤やブルーが良く用いられているのです。

さてプロ用とDIY用、どちらが良いのか?という問題なのですが、用途が全く違うために、一概にどちらが良いとは言い切れません。

両方の分野にそれぞれ合った、優れた電動工具を製造しているメーカーがリョービなのです。

 

リョービ3

それぞれの用途で、買取価格も大きく違うもの

 

リョービの電動工具に限らずなのですが、リサイクルの世界にあるのは、高いお金を払ったものは高く買ってもらえるという原則。

これは、ごく一部の例外を除いてほぼ絶対となっているのです。

ですから高価なプロ用の電動工具は高く買取させてもらいますし、DIYユーザー用のものは安くしか買取できません。

ただし、どちらも需要が高いのがリョービの特徴。
買った値段の割には高く買取りすることができますので、その点はご期待ください。

そして、これも他のメーカーにも当てはまるのですが、未使用に近いほど高く買取ることができるもの。

リョービならばプロ用とDIYユーザー用では使う頻度も大きく違うはず。
プロ用は日ごろの扱いに、DIY用は保存前のメンテナンスに、特に気を使いたいものです。

 

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。

 

3月28日(火)みっけ各店 短縮営業となります 営業時間変更のお知らせ

お客様へのお知らせ

いつもご利用ありがとうございます。

誠に勝手ながら、明日3月28日(火)は、社員研修のため、各店の営業時間が変更となりますので予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

【3月28日(火)の閉店時間】

●リサイクルモールみっけ    閉店時間:18:00

●おもちゃリサイクルみっけ   閉店時間:18:00

●板橋店  閉店時間:16:00

●世田谷店  お休みになります。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

株式会社ゲンキの平和堂

リサイクルモールみっけ
〒277-0837 千葉県柏市大山台1-17
0120-06-4147

多種多様な丸のこの種類と、高価買取のポイントとは?

 

makita 充電式マルノコ 165mm HS630D 本体 バッテリー 中古品

★丸のこの色々、多数の種類があるのです

現場での作業を圧倒的に軽くした電動工具、そして3大アイテムの1つである丸のこ。
登場以来、便利さを求めて丸のこのバリエーションは拡大。
現在では用途に応じて、様々な種類が出ています。

単純なカットだけならば通常の丸のこ、作業ペースの向上に大きな力を発揮します。
精度が要求される場合のカットには「造作」丸のこ。
金属製のアングルが付いており、正確な切り出しが可能、仕上げ材など目に触れる場所の加工に欠かせません。
さらに正確さが求められる場合には、据え付け式の「卓上」丸のこ。
直線の制度を追求したいなら「スライド卓上」丸のこ。
……こんな具合に、現在では機能も価格も様々な丸のこが登場しています。

そんな丸のこ、最も基本的な区別として「電気」丸のこと「電子」丸のこの2種類があることはご存知でしょうか?
昔は「電気」というだけで、ありがたがられたのですが、そのうちに節など硬い部分の切断の際に、刃の回転数が落ちるという問題点が出てきました。
そこで開発されたのが「電子」丸のこ、これは硬い材質などの切断の際に、刃にトルクがかかると、回転数が上がるという回路を組み込んだスグレモノなのです。

ですから、電気より電子丸のこの方が高機能と考えることができるのですが……職人さんの中には、あえて電気丸のこを選ぶという人もいるのです。

 

マキタ 165mm充電式マルノコ HS630DRTX 白 5.0Ah 欠品有 中古

 

★丸のこには、メーカーごとに固定ファンがいる

さて、丸のこの代表的なメーカーとして、日立工機を別の項目であげましたが、それ以外のメーカーなら、近年リョービが評判を上げています。
軽量なばかりでなく、形状も非常に工夫されており取り回し良いというのがその理由。

ただし、丸のこにバリエーションが豊富なことでもわかる通り、要求されている性能は仕事によっても違います。
日立工機やリョービ以外はダメということでは全くありません。

トップブランドのマキタはもちろんパナソニックや、輸入品のボッシュなど各メーカーの丸のこも高い評価を得ていますので、用途や使う人との相性が大きいのかもしれません。

 

マキタ 165mm電子マルノコ 5735CspB チップソー付 未使用品

 

 

★付属品をなくさない、手入れはおこたらない

丸のこなしの現場は考えられませんし、DIYの作業を大きく効率化するのにも役立ちます。ですから、電動工具の中でも非常に高い需要があり、高価買取が可能なアイテムなのですが、価格を左右するのは付属品や状態。

付属品なら、例えば造作丸のこのアングル部や、卓上丸のこのテーブル部。
ここには数多くの着脱可能なネジが付いていますので、これらを紛失してしまうと大きく査定がダウンしてしまうもの。

手入れについては、特に飛び散る木くずや粉じんを集める機能が付いた「集(防)じん」丸ノコの集じん部。
可動部の手入れはもちろん、掃除は念入りにやっておいてください。
査定担当者の心証もグッとアップしますから、高価買取の欠かせないポイントとなっているのです。

 

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。

モーターに絶対の自信!! 日立工機の電動工具の話

  日立 コードレス振動ドライバドリル DV 14DSL(2SLCK) 未使用品

明治時代から続く、日立工機のモーターの歴史

明治時代に鉱山で使用されていたモーター……日立製作所の歴史をさかのぼっていくと、手巻きで造られていたという、高性能・強力なモーターへとたどり着きます。

今日の日立グループがあるのも、大昔のモーターのお陰。だから「今でも日立の手がけたモーターは出来が違う、電動工具もパワーが違う」そんなことをいう職人さんは多いものなのです。

その後も日立グループは様々なモーターを手がけてきました。
日立工機は、摩擦による発熱や故障の原因となっていたパーツを省いたモーターを開発しました。これはACブラシレスモーターと呼ばれるもので、電動工具の小型化や省力化に寄与し、信頼性を高めることに成功。
モーターの日立工機。そんな名声を、ますます高めることとなったのです。

日立工機の技術の高さはモーターだけではありません。
リチウムイオン電池の技術の高さも特筆物。

だから、日立工機のACブラシレスモーターとリチウムイオンには、通常のメーカーならば1年間という保証の倍の期間、2年間の保証が付いているのです。

HITACHI 日立工機 4mm高圧ねじ打機 WF4H2 ゴールド 中古品

 

★それぞれのアイテムに、熱心なファンが存在

プロの職人さんは道具にこだわるだけあって、電動工具のメーカーにもとことんこだわりを持つ。日立工機も、それ以外は一切使わないという熱心なユーザーを抱えていることで知られています。
その第一の理由は、モーターへの信頼の高さがですから電動工具全般への信頼が非常に高いのです。

 

 

木工を主に手がける職人さんは、
「パワーの違いに加えて、日立工機のものは精度が違う」、こんなことを言っていました。
電動丸のこ、それも木工用の卓上丸のこは、日々の仕事で手放せないとのこと。
これは、大勢いる日立工機のファンのごくごく一部の声。

トータルで1,000種類を超えるという日立工機の電動工具、全てのアイテムに、このようなファンがいるのです。

 

日立 インパクトドライバ WH14DKL 黒 14.4V バッテリー2個 中古

日立工機の新機構は中でも、人気の製品

日立工機の製品で買取で、特に人気なのは最近開発されたトリプルハンマーを搭載したもの。
より強力な締め付けを実現するトリプルハンマー搭載のインパクト系電動工具は、買取ショップがぜひ欲しいのです。

さらに高価買取を狙うには、買取前にちょっと念入りに手入れすることが大切。

パーツクリーナーなどで目立つ汚れをふき取る、駆動系に注油する。
卓上丸のこなどの木工用の電動工具は、買取に出す前に木クズを払っておく。
これだけで、高価買取にプラスアルファが期待できるもの。

日ごろ行っている手入れよりも、買取に出す前に少しだけ念入りに手入れをする。
買取を依頼する前には、ぜひ忘れないようにして下さい。

 

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

 

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。

 

伝道工具の代名詞? インパクトドライバーとは何か

92375585

現場を劇的に変えた、インパクトドライバーの登場

 

インパクトドライバーがなくて、単なるドリルドライバーしかなかった時代、大きなトルクが必要な木ネジのネジ締めは非常に難しいものだったとか。
無理に回転を加えると、ネジ頭をなめてしまい、抜き差しならなくなってしまうのです。

ですから、トルクが不足すると打撃を加えることで、ネジ頭にダメージを残さずに強くネジ締めができる。
こんなインパクトドライバーの登場はその名の通り、大きなインパクトを持っていました。

このインパクトドライバーを、日本で最初に開発したのは日立工機、これで熟練した職人でなくても、取扱いの難しい木ネジのネジ締めを任せられると、現場では大歓迎、

以降、他のメーカーも追従することで、インパクトドライバーはあっという間に普及。
今では電動工具の代名詞、職人さんだけでなく、DIYファンにとっても必須のアイテムになっています。

ただ、インパクトドライバーはその仕組みから、木ネジなどの下穴あけには向かないということには、注意しなくてはなりません。

 

初山写真

 

 

インパクトドライバーを手がける3台メーカー?!

 

インパクトドライバーを手がける代表的なメーカー。
まず、最初に名前をあげなくてはならないのは、やはり元祖の日立工機でしょうか。
元々、モーターを製造していたメーカーなので、電圧の割にはトルクがあるというが日立工機の電動工具全般の評判。このことはインパクトドライバーにも当てはまります。

また、やはり日本一の電動工具メーカー、マキタも忘れてはなりません。
こちらは、性能に加えてアフターサービスの良さが、セールスポイント。
プロの職人さんから厚い信頼を得ていますね。

ここに、ドイツ製のボッシュを加えると、インパクトドライバーを手がけるメーカーの3強が出揃います。
リチウムイオン電池を採用した充電式の電動工具といえば、日本ではマキタが思い浮かびますが、世界的にはボッシュが最初。
ドイツ製という響きのよさもあって、こちらも人気となっているのです。

 

 

item_415789

 

やはり買取で強いのが、プロユースのインパクトドライバー

日立工機はグリーン、マキタとボッシュは青。
さて、先ほどあげたインパクトドライバーの3強メーカーですが、それぞれプロ用はカラーが決まっているもの。
やはり同じぐらいの使用感ならば、耐久性と信頼性の高さから、プロ用の方が高く買取ることが可能。未使用のものならば、驚くほどの高価買取も期待できるのです。

加えて、パナソニックやアメリカのデウォルトなどインパクトドライバーを手がけているメーカーは多いもの。プロ用ならば特に大歓迎で買取中なのです。

また、DIYでも非常に人気なのが、先端を差し替えて下穴あけにも使えるドリルドライバー。
インパクトドライバーのような本格的なものは要らないけれど、汎用性が高いドリルドライバーならば1本持っていても。こんな風に思う人は多いもの。
ですから、リョービなどDIY用のものでも、使用感がないものは特に高価買取となります。

 

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

 

 

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。

あのパナソニックが手がける、電動工具、その強みとは?

  EZ9L53_01

パナソニックの強みは、リチウムイオン電池

日本の産業の柱・製造業の代表といえばパナソニック。
総合家電、そして住宅まで手がけるパナソニックは堅実・誠実なイメージで広く知られています。

そんなパナソニックが近年強みとしているのは、トヨタ・プリウスPHVにも採用されているリチウムイオン電池。
パナソニックならではの高い技術で生産されているリチウムイオン電池は、もちろんコードレスの電動工具にも不可欠なもの。軽さや薄さ、実現したハイパワーで、高い評価を得ているのです。

そんなコードレス電動工具の実用化では他社に遅れをとることになりましたが、その後は猛追。現在ではホームページに「充電工具のパイオニア」と大書するまでになったのです。

ただ営業力・サービス網の弱さが玉にキズとの声も耳にします。
ライバルメーカーを圧倒するまでに至らない理由は、ここにあるのかもしれません。

パナソニック 充電角穴カッター EZ4543LZ1S-B 電動工具 中古品

 

とりわけ高い評価を集めるパナソニックの電動工具とは?

そんなパナソニックの電動工具、一旦真価を知るや否や熱いファンになってしまうのですが、そんな人たちが多いのが電気工事という職種。

松下電工の社員が使用する工具の制作からその歴史が始まったといわれている、パナソニックの電動工具。その成り立ちを考えれば、うなずけることなのです。

中でもとりわけ評価が高いのが、全ネジカッター。
バリが出にくい独自の機構と、切れ味鋭い特殊鋼刃。連続してのカット作業の負担を大幅に減らす、オートリセット機構などパナソニックならではのノウハウが詰まった逸品なのです。

加えてパナソニックといえば、ドリルやインパクトなどのドライバー類。
本体やバッテリーに負荷がかかりやすい作業も楽々こなせるドリルドライバや、インパクトドライバの滑らかな回転など、これなしでは仕事が進まないといわれるほどの支持を集めています。

これらの電動工具の評判を支えているのはパナソニックならではの様々な工夫、そして高い技術力の結晶である、リチウムイオンバッテリーにあるに違いありません。

 

 

パナソニック マルチハンマードリル EZ7840LR2S-R 赤 中古品 A

 

パナソニックの工具は、買取の現場でも大活躍?!

上に挙げたアイテム以外でも、パナソニックは中古市場でのウケもいいもの。
中でも、過酷な現場にふさわしい防じん性や耐水性をそなえた「タフツールIP」シリーズは高評価。
こんなところは、同じような仕様のパナソニックのノートパソコン、「タフブック」の再販価格が高価なのと似ているのです。

加えて、パナソニックの電動工具に共通する、軽さや取り回しのよさも高評価の理由。ブラックにレッドの差し色もクールなボディカラーもポイントが高いところです。

パナソニックの電動工具も状態によって買取価格は大きく変わります。
重要なのは日ごろのメンテナンス、愛着を持って手入れをした電動工具は現場はもちろん、買取の場面でも、しっかりと応えてくれるはずなのです。

 

パナソニック(Panasonic) 充電マルチハンマードリル 18V 5.0Ah Z78A1LJ2G-H

パナソニック 充電ケーブルカッター EZ4544K-H 本体のみ 未使用

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。