【マキタ】人気のマキタのインパクトドライバは、用途に合わせてパワーを選ぼう【TD161DRGX】

こんにちは!

電動工具買取みっけの初山です!

IMG_1058

皆様お元気ですか?千葉県は昨日の夜から、また真冬に逆戻りしたような寒さになり、私はより一層朝起きられなくなりました。

だから今日も寝坊。

 

いや~、いかんな~いかんな~とは思ってるのですがね。日曜日はなんだか一層起きる気にならんのですよ。う~ん、なんか新しい趣味とかチャレンジしようかしら。

 

てことで、電動工具のバイヤーですし!

IMG_1060

「DIY始めよう!!」

そんな風に思い立ったら、まず手に入れたくなるのがインパクトドライバ。

SONY DSC

私はデザイン的にマキタが好きです。うふ。

 

まずは、インパクトを買いにホームセンターへ
おととしからじわじわとDIY女子というワードも浸透し始めてますし、

まずはホームセンターに行けば完璧!
しかし、品揃えがいいには越したことがないのですが、多すぎると迷ってしまうもの。
例えば人気メーカーのマキタのインパクトドライバだけでも、売場には10種類近くあったりしますから、本当に困ってしまうのです。

SONY DSC

そんな数多い品揃えの中からどうやってピッタリの1台を選べばいいのかしら?
まずはパワーに着目してください。

 

マキタに限らずインパクトドライバのパワーは「トルク N.m(ニュートンメートル)」で表されるのですが、この数字が大きければ大きいほどパワーがあるということ。

IMG_1061

DIYで作ろうと思ってるものにもよりますが
とりあえずパワーがあるものを選んでおけば間違いがないでしょう。

 

 

ちなみにマキタのインパクトドライバの場合、DIY用だと90から155N.m、

makita マキタ 充電式インパクトドライバ TD090D 白

プロ用だと110から175N.mといった具合にラインナップされています。

SONY DSC

 

 

ではDIY用の155N.mとプロ用の175N.m、両者にどれほどの違いがあるかというと、

まあ正直DIYクラスの使用ならば、それほど大きな差を感じることがないでしょう。
両者の差を実感するのはやはり、プロの現場です。

SONY DSC

 

例えば、長さ50mm以上の木ネジを連続して締め付けなくてはいけないというケースならば、この20N.mというトルクの差は実感できるものとなってきます。

DIYならば納得がいくまで締め付けていればいいのですが、プロの現場となると効率が命。

 

 

1本締め付けるのに数秒の差があったとすれば、それだけで全体ではとんでもない差となってきてしまうのです。

ですからプロの現場では、パワーが高いプロ用を選ばなければならないということになります。

 

 

マキタならば18Vと14.4V、

IMG_1063

そしてペンタイプの7.2Vの3種類。

マキタペンパクト
充電式インパクトドライバはバッテリの電圧で何種類かに分けられます。

ペンタイプは20から22N.mとパワーが弱いのですが、これは通常のインパクトドライバとは用途が違うので、ここでは除外。

マキタの場合迷ってしまうのが、18Vと14.4V電圧が違うにもかかわらず165N.mとパワーが同じものが販売されているケース、こんな場合どのようにしてインパクトドライバを選べばよいのでしょうか? それには2つの方法があります。

 

まず、

他の電動工具との電圧の互換性を考慮する方法。

他にも18Vのバッテリで動作するものを使用しているならば、インパクトドライバも18Vのものを選んだほうが、バッテリ切れの場合に使いまわすことができて便利です。

 

次に

バッテリの持ちを重視する方法。

IMG_7283
高い電圧でもトルクが低いということは、その分モーターに負担がかかっていないということ。
その分、バッテリの減りが少なくてすむという利点があるのです。

ですから互換性とバッテリの持ち、どちらかを優先するかによって、選ぶインパクトドライバも変わってくるということになります。

よ~し。DIYにチャレンジしてみよう!と思ったらまずはホームセンターのマキタコーナーをチェック!パワー重視か、バッテリー互換性か、バッテリの持ちか・・・。

ひとつ言えることは、DIYにハマッてしまうと、インパクトドライバ以外の電動工具も必要になってくることでしょう。そしてよりパワーが高いものもほしくなる・・・。

「ものづくりにはまり込んだら・・・」てことを考えたら、そういったこともひとつの選択肢として選ぶのも楽しいですよ!

IMG_1062

キランッ★

 

 

ではまた!

 

 

 

 

マキタの最新型インパクトドライバ、堂々の登場!! TD171DRGX【買取強化中!】

こんにちは!

電動工具買取専門店みっけ初山です!

SONY DSC

前回のブログで、マキタ最新のインパクトドライバ登場!ってことで買取記事を更新しましたが、

ありがたいことにたくさん、TD171DRGXのお問い合わせと買取依頼いただきました~!

ありがたや、ありがたや。

 

「King of Impact」……

「King of CLOSER」といえば昨年、圧倒的な強さを見せて日本一に輝いた、福岡ソフトバンクホークスの絶対的守護神・サファテ投手ですが……

ソフトバンク D.サファテ投手・早い仕上がりが物語る守護神の思い

参考記事:https://news.goo.ne.jp/picture/sports/baseballonline-015-20170327-02.html

 

 

 

マキタのインパクトドライバ「TD171DRGX」の公式パンフレットには、誇らしげにと冒頭の文字が踊っています。

「インパクトドライバの王」もしくは「衝撃の王」、えらい自信なのです!!

 

では、TD171DRGXのどんなところが王なのか?
電動工具で世界を冠するマキタの最新型フラッグシップ・インパクトドライバは、どんなところが画期的なのか、少し見ていきましょう。

「キング・オブ・インパクト」の実力はいかに!!

SONY DSC

 

まず、特筆したいのが「ビットブレ」が大幅に軽減された点。
ビットを取付ける軸受け部分のベアリングが、ダブルで採用されました。
これにより、長いビットを装着しても、先端が安定しているのでネジ締めの効率が飛躍的にアップしたのです。

 

確かに、マックスなど他社からもビットブレを軽減させたという製品が出ていますが、ダブルベアリングを採用しているというマキタの方が説得力が高い!!
安定して操作できそうですね。

TD171DRGX
TD170DRGXB

 

 

TD171DRGXビット
TD171DRGX

 

次に、「楽らく4」なる4つのモードを搭載している点。
4つのモードとは「木材」「ボルト」「テクス薄」「テクス厚」、例えば「木材」モードだと、最初はゆっくりと締め付けをはじめネジが倒れたりするのを防いでくれる、そして最後はトルク全開、スピーディに締め付けてくれる。

SONY DSC
左TD170DRGXB   右TD171DRGX

従来ならば、操作する側がトリガの引き具合を調節しなければならなかった操作を「楽らく4」を使えば、インパクト側が勝手にやってくれる。誰でもすぐに、インパクトドライバの玄人並みの操作が可能です。

TD171DRGX
TD171DRGX

また、従来のマキタのインパクトにも付いていた、4段階に打撃を調節するモード。
これを、TD171DRGXでは手元のボタンで切り替えることができるようになった。

TD171DRGX手元操作
TD171DRGX手元操作

そして、TD171DRGXに新搭載された「メモリーモード」を使えば、「楽らく4」と4段階のインパクトのうちから、それぞれ1つずつを記憶させ、手元のボタン一つで呼び出せるようにんなった。

これは、作業の効率がアップしそうですね。

付属品も細かい部分が使用変更となってました。

 

プラスチックケースもサイズはTD170DRGXのものと一緒ですが、外側の小物入れ収納の仕切りが増えております。

左がTD170DRXB 右TD171DRGX
左TD170DRXB  右TD171DRGX

 

ケースの蓋の取り付け部分も

ここが、割れてなくなってしまうこと結構あったんですよね。

SONY DSC
TD170DRGXBプラスチックケース

 

こんな風に。

n184830835.1

現場作業で持ち歩くものですから仕方ないとはおもいますが、やっぱりマキタのロゴがないケースを持ち歩くのはちょっと・・・ね。

それが

TD171DRGX
TD171DRGXプラスチックケース
TD171DRGX プラスチックケース蓋ロック
TD171DRGX プラスチックケース蓋ロック

蓋部分ロックがしっかりかかるようになったので、もちあげた瞬間収納してたビットやネジがザラザラ~~ッ!!なんて失態もなくなりますね!

 

他にも、最大トルクがアップしたとか、先端に付けられたLEDライトが2つになったので影ができづらくなったとか、

 

重量バランスを改善して、より使いやすくなったとか……さすがTD171DRGX、「King of Impact」の名にふさわしい仕上がりになっています。

 

SONY DSC
左TD170DRGXB   右がTD171DRGX

 

TD171DRGXはボディカラーで全5種類、バッテリ2本と充電器、プラスチックケースがセットになっているのです。

ちなみに充電器なしのシリーズはTD171DZとなっています。

そして!! 最新型のTD171DRGXだけに、現在当店でも高価買取を実施中。

使ってみて今一つだったとか、「楽らく4」とか「メモリーモード」とか、ベテランの俺っちには必要ねえ!!

とか、そんな皆さんは、ぜひ当店にお問い合わせを!

TD171DRGX を2月末まで

新品なら1台、35,000円で買取中!

 

kougubnr728×90

 

ぜひぜひよろしくお願いします!

 

では、また~

kougukaitori

【買取強化中!】マキタ TD171DRGX 発売!インパクトドライバの可能性を大きく広げる 先端工具

こんにちは!

みっけ初山です。

初山写真

皆様~!

2018年1月23日

ついにマキタから

最新充電式インパクトドライバ「TD171DRGX」発売されましたね!

TD170DRGXから新型が発売されるまで約2年!

まってたよ~~

TD171DRGXW

 

 

ということで、もちろん

みっけは買取強化中!TD171DRGX

たくさん仕入れすぎてしまって、数が手元にあまってしまっているなどなど!

まとめてお買取させてください!

 

IMG_9176-768x576

 

 

2018年2月まで 新品 1台35,000円買取します!

 


 

そういえば、入社したての新人時代のころは、インパクトドライバの用途さえも知らなかった私でした。

img_staff_09b

月田さんに何度、インパクトドライバとドリルドライバの違いがわからず叱責されたことやら・・・・。

IMG_7172

 

 

 

 

 

/ 何度も同じことを説明したことやら・・・・。 \

そういえば、同じ回転系の電動工具で形状が似ているからという理由で、インパクトドライバとインパクトレンチは同じものと思っている方が、意外なほどいらっしゃいます。

インパクトレンチ
両者は用途も違えばトルクも違います。

全く別物ですから、充分ご注意を!

 

 

 

大きな力で回転運動をするインパクトドライバの使用用途は、ご存知の通りネジ締めのドライバだけではありませんね。

回転+打撃で強力に締める。
先端に取り付ける六角軸の「ビット(=先端工具)」次第で、穴あけや研磨の用途にも使えるのがインパクトドライバなのです。

img_1959

 

最も使われるのが、ネジ締め用途。

最も使用頻度が高いのが、プラスドライバビット。

NO2-65 ドライバービットセット

両方がドライバ状になっており、それぞれ異なったサイズのネジを締めることができるのです。
組み立て式のノックダウン家具に用いるプラスドライバビットはもっぱら2番。
1番と2番が一緒になっているドライバビットがほとんどですから、太いほうで組み立てるとおぼえておくとよいでしょう。

次に使用頻度が高いのが、穴あけ用途のドリルビット。

21O3dlYuuEL
あける穴によっても太さが変わりますし、木工や鉄工、プラスチック用など用途によってビットを交換する必要があるもの。木工キリとか、鉄工キリといった呼び方もされますね。
それだけに、ビットの種類は非常に豊富ということになるのです。

919ryW0MDdL._SL1500_

 

そんなビットの中でも、より専門的なビットも数多くあるもの。
壁に大きな穴を開けてエアコン用のダクトを通す。こんなケースで用いられるビットはホールカッターと呼ばれるもの。

 

ニコテック NCC ホールソー バイメタル HBM φ15~36mm 5点セット ハイス刃 中古品
まずはインパクトドライバと通常のドリルビットでガイド穴を開けた後、それにそって円筒状のホールカッターで大きな穴を開けるのです。

 

NCC ニコテック バイメタル HBM-36 HBM-27 HBM-22 3個セット ホールソー 36mm 27mm 22mm 未開封品

 

また、様々な直径のサイズの穴が開けたければ、これに向いたビットがタケノコドリルと呼ばれるもの。
文字通り円錐状になっていますから、ビットを差し込む深さで穴の径を自由に調節することができるのです。

 

マキタ スパイラルステップドリル A-60414

木工用のビットで特殊なものといえば、ダボ穴を開けるもの。
先端がとがっていませんから、深さを調節しやすいのが特徴となっています。

他には、金属のサビや塗料を落とすのに使うワイヤブラシのビットや、バリ取りに使える砥石のビットなども、専門的な部類といえるかもしれません。

 

マキタのインパクトドライバにはプラスビット2-65が付いています。

makita プラスビット2-65

未使用品としてお持込される方でビットのみを欠品してしまっていることもありますが、完品でないと、その分買取価格は下がってしまいますのでご了承ください。

チャックに様々なビットを差し込むことで、何役にも変化するインパクトドライバ。
それだけに、先端工具=ビットが命ともいえるのです。

 

ということで、

「TD171DRGX」買取強化中~~~~!

 

では、また。

 

IMG_0368

kougubnr728x90

 

kougukaitori

ここがすごい!! ソフトインパクトドライバ・マキタ TS141DRGX 【買取ます】

こんにちは!

電動工具買取専門みっけ初山です。

DSCN9958

寒いですね~!千葉県は明日雨や曇り、北西部では昼過ぎから雪になるとか!

年末の里帰りのときに山形で散々雪を体験してきたばかりなのに~。

IMG_0607

寒いの嫌い!

IMG_4796

 

え~っと、年末といえば、12月中旬頃から急にマキタのTP141DRGXをお探しに店頭にご来店いただくお客様が増えました。

 

TP141Dは2016年5月頃に発売された4モードインパクトドライバです。

TP141DRGX

TD170DRGXが2016年2月頃に発売された時に、もうこれ以上のスペックのインパクトドライバはないだろうと思った矢先に、TP141DRGXが発売。

もうあれから1年半が経とうとしてるなんて。TP141DRGX

ただ、当時うちのお店ではTD170DRGXのほうが圧倒的に人気でしたね。

TD170

 

すこしの間はありましたが、TD170Dを愛用していた方が、

ようやくTP141Dも使ってみようかな~なんて方が増えた感じなんですかね。※これは私の勝手な憶測ですが。

 

しかし実は、TP141Dとほぼ同じタイミングで発売されたインパクトドライバがあるんですよ!

それがTS141DRGX(6.0Ah)  ソフトインパクトドライバです。

TS141DRGX

 

■より静かに、より負担を軽く!! マキタの新提案

TS141D
インパクトドライバとは、回転+打撃で強力な締め付けをおこなう電動工具。

打撃を加える機能を持たないドリルドライバと形は似ていますが、よりパワーがあるので、硬いものに長いネジを締め付けたりする作業に向いています。

そんなインパクトドライバは内装作業やノックダウン家具の組立に欠かせない電動工具なのですが、インパクト=打撃が強烈すぎて音が大きいという弱点がありました。

「ウィーン」という締め付け音の後の「ガガガ!!」というアレですね。

img_1969

そこで、マキタが開発したのが「ソフト」インパクトドライバ。
これは油圧による打撃システムも搭載することで、打撃音を大幅に低減したことが最大の特徴。静音性が求められる住宅地での作業や、夜間の作業に向いています。

加えて打撃を加えたときに時に作業者へと伝わる震動も低減、低振動だから作業者も疲れにくいというのもソフトインパクトドライバを選択するメリットの一つといえるでしょう。

 

■新型バッテリ搭載のマキタ「TS141DRGX」

n191408439.1
そんなマキタの充電式ソフトインパクトドライバのラインナップ。
現在大きく分けて14.4VモデルのTS131Dシリーズと18VモデルのTS141Dシリーズの2種類が用意されていますが、よりパワーを求めるならば18VのTS141D。
搭載されているバッテリの差で、TS141D「MX」とTS141D「TX」、そしてTS141D「GX」の3種類が現在製造されています。

中でも注目は6.0Ahの新型バッテリー「BL1860B」が2コセットになった「TS141DRGX」。
5.0Ahのバッテリがセットになっている「TX」や、4.0Ahがセットになっている「MX」と比較すると長時間の作業が可能になっています。
他に、充電式ソフトインパクトドライバ・TS141DシリーズにはバッテリなしのTS141D「Z」や、品番の最後に「B」が付くブラックモデルもラインナップされています。

 

さて、マキタの充電式ソフトインパクトドライバ
中でもみっけの高価買取が可能となっているのが新型6.0Ahバッテリとセットになった「TS141DRGX」ではあるのです。

1860LB

しかし他のTS141Dシリーズと比べて、買取の価格差は販売価格の差程度。

いくら高性能とはいってもバッテリは消耗品ですから、それほど大きな差がついているわけではありません。

それよりも、大きく買取価格の差が出るのが本体の使用感。

TP141DRGX 中古
より新品に近い状態のものほど高価買取が可能となるのはソフトインパクトドライバに限らず、電動工具全般にいえること。

買取を依頼される際には、パーツクリーナなどでのお手入れはお忘れなく!

 

また、業者の方で仕入間違いなどで過剰在庫があって困った方も、まずはみっけにご相談ください!

新品の電動工具であれば大量買取ご依頼、大歓迎です!

IMG_9176-768x576

1481168734111  043

 

MAXリバータイア

 

TD170DRGX大量

 

 

新品買取目安表も随時更新しておりますのでチェックチェック!

kougubnr728×90

 

 

それでは、また!

 

新年のご挨拶 買取 今年もよろしくおねがいします!マキタインパクト買い取ります!

新年、あけまして

おめでとうございます!

IMG_0368

お正月、おもちを食べまくって

顔が丸々と大きくなった、初山です。

IMG_0366

マキタのインパクトドライバを鏡餅とみた立てて積んでみました。

 

早速新年から、宅配買取、店頭買取をありがとうございます!

ありがたや、ありがたや・・・。

IMG_0369

昨年中はたくさんのお客様とのご縁と絆に支えられた一年でした!

日頃のご縁に感謝いたしますとともに、ご期待に応えられる一年にしたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

新品の電動工具の買取価格は毎週更新中!

kougubnr728×90

 

 

kougukaitori

電動工具界の革命となるか?! 日立工機マルチボルトシリーズ

こんにちは!

電動工具買取専門店みっけ浦上です!

DSCN7844

 

皆様は、インパクトドライバーを購入するときに

どんな性能を重視して選んでますか?

パワー?

電池の持ち?

取り回しのよさ?

価格?

もちろん使用用途によりプロ用かDIY用かいろいろ選ぶポイントはあることでしょう!

 

プロ用インパクトドライバー界の中でも有名なのは

キングオブザマキタと謡われ、圧倒的な支持を持つ

「TD170DRGX 18V 6.0Ah」

 

TD170DRGX マキタ 充電式インパクトの性能について

TD170D

2016年2月に発売されてから現在までも、

当社でも一番売れてるインパクトドライバです。

 

 

しかし、黙ってませんよ日立工機!!!

僕、好きなんです、日立工機。でへ。

DSCN7842

 

2017年8月に日立工機

WH36DA (2XP) 36V 新バッテリー

コードレスインパクトドライバ発売!

WH36DA(2XP)

★従来品でも使用可能な36Vリチウムイオン電池

コードレスの電動工具を使っていて困るのが、ACのコード付き電動工具と比較すると、どうしてもパワーが不足する点。
それを補うには、どうするか? 例えば電圧を上げてやればいい。

現在の電動工具は、10.8Vとか14.4Vとか18Vとかが主流ですから、高電圧タイプの製品は待ち望まれていました。
しかし、高電圧タイプの電動工具を購入したとして、実は困ることがあります。
それは、手持ちのリチウムイオン電池の種類が増える点。
電池の互換性がなくなりますから、その分、数多くの電池を持ち歩かなければなりません。
加えて、充電器もその分必要。
モバイル環境に対応する度に所持品が増えていくという、IT器機と同じ様な悩みを抱えることになるのです。

そう、その悩みをぶち破ったのが日立工機「マルチボルト」シリーズ。

DSCN7999
このシリーズに使われているのは、36Vリチウムイオン電池。

日立工機を含めて従来の電動工具を大きく上回る36Vで駆動!! パワーと動作時間が違います。

DSCN8001

そして、新開発の36Vリチウムイオン電池、これの優れている点は日立工機製の18Vの多くの電動工具でも使用可能なこと。

 

18Vで使用する際には勝手に電圧が切り替わる仕組み、だから「マルチボルト」なんですね。
加えて18Vに電池に使用してきた充電器がも使用可能というのも、見逃せない点です。

DSCN8002

残量メモリもしっかりついています!

 

 

★飛躍的に性能がアップ!! というわけでもない「WH36DA(2XP)」

 

さて、日立工機の36Vマルチボルトシリーズ、現時点で発売されている電動工具は丸のこやディスクグラインダ、ドライバドリルなど6種類なのですが、なかでも「WH36DA」。ンパクトドライバは注目をあびました。

WH36DA(2XP) 2

多くの現場で一番使用頻度が高い、電動工具ですから気になりますよね。

DSCN8004

 

36Vマルチボルトとなったインパクトドライバ・WH36DAは従来の18Vタイプと比較して、どのようなパワーアップを果たしているのか? 

 

メーカーによると、従来品のWH18DDL2との比較では約10%のネジ締め性能がアップしているとか。

DSCN8005
充電が切れてくると、ネジ締めのスピードは落ちていくもの。ところが、36Vマルチボルトのお陰でWH36DAは粘りが違うのです。

 

 

「日立工機のWH36DA、マルチボルトといっても飛躍的に性能アップはしていないのね」

こんな声が聞こえてきそうなのですが……

36Vマルチボルトシリーズの丸のこやディスクグラインダとなると、16Vの製品と比較して切断スピードがそれぞれ約2倍、1.6倍と大幅にアップしているのです。

インパクトドライバ・WH36DAの場合、トルクがイタズラに上がってもネジの頭をナメるだけですから、36Vマルチボルトの恩恵をそれほど大きく受けていない製品。
しかし、一方でトルク勝負の丸のこやディスクグラインダでは、作業効率が大幅にアップ!!
36Vマルチボルトの本命は、これらの製品ということができそうです。

download

 

 

 

「日立工機のWH36DA、36Vという割には今一つなんだよな」
「新商品だから、とりあえず、購入してみたけれど納得がいっていない。」

こんな場合にはぜひ、当店にご相談を。まだまだ、話題性の高い新しい製品、高価買取をお約束します。
もちろん、マルチボルトシリーズの購入で、使わなくなった今までの電動工具も買取可能。
36Vマルチボルトのリチウムイオン電池のみの買取も、もちろん大丈夫ですので一度ご相談ください。

 

では!kougukaitori

 

 

伝道工具の代名詞? インパクトドライバーとは何か

92375585

現場を劇的に変えた、インパクトドライバーの登場

 

インパクトドライバーがなくて、単なるドリルドライバーしかなかった時代、大きなトルクが必要な木ネジのネジ締めは非常に難しいものだったとか。
無理に回転を加えると、ネジ頭をなめてしまい、抜き差しならなくなってしまうのです。

ですから、トルクが不足すると打撃を加えることで、ネジ頭にダメージを残さずに強くネジ締めができる。
こんなインパクトドライバーの登場はその名の通り、大きなインパクトを持っていました。

このインパクトドライバーを、日本で最初に開発したのは日立工機、これで熟練した職人でなくても、取扱いの難しい木ネジのネジ締めを任せられると、現場では大歓迎、

以降、他のメーカーも追従することで、インパクトドライバーはあっという間に普及。
今では電動工具の代名詞、職人さんだけでなく、DIYファンにとっても必須のアイテムになっています。

ただ、インパクトドライバーはその仕組みから、木ネジなどの下穴あけには向かないということには、注意しなくてはなりません。

 

初山写真

 

 

インパクトドライバーを手がける3台メーカー?!

 

インパクトドライバーを手がける代表的なメーカー。
まず、最初に名前をあげなくてはならないのは、やはり元祖の日立工機でしょうか。
元々、モーターを製造していたメーカーなので、電圧の割にはトルクがあるというが日立工機の電動工具全般の評判。このことはインパクトドライバーにも当てはまります。

また、やはり日本一の電動工具メーカー、マキタも忘れてはなりません。
こちらは、性能に加えてアフターサービスの良さが、セールスポイント。
プロの職人さんから厚い信頼を得ていますね。

ここに、ドイツ製のボッシュを加えると、インパクトドライバーを手がけるメーカーの3強が出揃います。
リチウムイオン電池を採用した充電式の電動工具といえば、日本ではマキタが思い浮かびますが、世界的にはボッシュが最初。
ドイツ製という響きのよさもあって、こちらも人気となっているのです。

 

 

item_415789

 

やはり買取で強いのが、プロユースのインパクトドライバー

日立工機はグリーン、マキタとボッシュは青。
さて、先ほどあげたインパクトドライバーの3強メーカーですが、それぞれプロ用はカラーが決まっているもの。
やはり同じぐらいの使用感ならば、耐久性と信頼性の高さから、プロ用の方が高く買取ることが可能。未使用のものならば、驚くほどの高価買取も期待できるのです。

加えて、パナソニックやアメリカのデウォルトなどインパクトドライバーを手がけているメーカーは多いもの。プロ用ならば特に大歓迎で買取中なのです。

また、DIYでも非常に人気なのが、先端を差し替えて下穴あけにも使えるドリルドライバー。
インパクトドライバーのような本格的なものは要らないけれど、汎用性が高いドリルドライバーならば1本持っていても。こんな風に思う人は多いもの。
ですから、リョービなどDIY用のものでも、使用感がないものは特に高価買取となります。

 

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

 

 

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。

インパクトドライバーの有名メーカー 比較!

 

電動工具でも有名で、多くの方が利用されているのが「インパクトドライバー」です。

 

電動工具の国内有名メーカーとして、マキタと日立工機が知られていますが、スタッフ内ではよく「makitaとHITACHIどっちが好きか」という題で、話が盛り上がるときがあります(笑)

 

41wcmooihwl-_sx200_

 

日立工機は主に工具に関わるものを製造販売しているメーカーで、その種類は多くなっています。

 
マキタはインパクトドライバーでも多くの製品を作っていることで知られ、比較的持ちやすさとパワーの両方を持っているメーカーです。

比較的バッテリーがもたせやすいことがいいことで、長期間の利用でも使いやすいところがいいとされています。

 

 

一方で日立工機は、電動工具の種類が多いことでも知られています。

img_1233

このブランドはコストパフォーマンスが良く、プロ用はグリーンをベースとしたものに統一されています。

6.0Ahのリチウムイオン電池を「電池2年保証」と謳っており、お日立買い上げ日から2年間または充電回数1,500回以内の電池を保証してくれるのがメーカーの強味です。

 
このように2つの有名メーカーが揃っており、電動工具を主体に作っているメーカーから、更にいいものが販売されているのです。

しかもインパクトドライバーについては、昔と違ってかなり進歩しているところもありますから、大きな変化によってより使いやすさがアップしたり、しっかりとドライバーがネジを締めてくれる、どのような素材でも対応できるようになっています。

その中でもマキタから

充電式4モードインパクトドライバの最新機種からは
TP141DRGX (6.0Ah)

TP141DRTX (5.0Ah)

TP141DRMX (4.0Ah)

TP141DRFX (3.0Ah)

インパクト、振動ドリル、ドリルモード、ネジ締
の4つの作業に特科しているシリーズも発売されております。

mickemicke2012-img600x450-14810799048xa5d016610

 

まさしく、主婦が飛びつきそうな謳い文句で、

「コレ1個で何でも出来ちゃうっ!」

 

 

 

 
マキタと日立工機、この2つのメーカーは知っておいて損はありませんし、

工具としての良さも非常によく、信頼性の高さを持っています。

 

インパクトドライバーを扱いたいと思っている人にとって、電動工具を中心に販売しているメーカーはありがたいもので、技術力の高さによって個人でも利用できるものが多数販売されています。

メーカーに悩んだ時は、紹介した2つのメーカーを中心に考えて、青とグリーンの2つがベースとされている工具を知っておくことが大切ですね~

 

 

——————

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。

シャンパンタワーよりも重くてイカツイ電動工具の壁

はいっなんと!

 

 

 

 

インパクト♪ インパクト♪
インパクトタワー入ってきましたっと~

 

買って~、買って~♪

 

 

img_9176-768x576

 

 

どーーーーーーーん!!

 

 

 

 

 

キャ~~~~ステキ♥♥♥♥♥♥♥♥♥

 

 

 

img_9158-768x576

 

 

 

 

TP141DRGX (6.0Ah)充電式4モードインパクトドライバ

50台買取ました!

 

 

 

 

シャンパンタワーのごとく、積み上げてみました!

 

 

92375585

TP141DRGX (6.0Ah)

 

 

  • 電子クラッチ&ブラシレスモータ採用で、大幅な小型・軽量化を実現
  • クラッチ1~9段+高速・低速で18段階のトルク設定
  • 高性能ブラシレスモータ搭載で高耐久&パワフル
  • トルク低下お知らせ機能付で、電池残量の低下により設定トルクと
  • 約20%のトルク差が生じたらLEDライトが点滅してお知らせ

質量 1.7kg
本機寸法 171x79x250mm
標準付属品 18V-6.0Ahバッテリ(BL1860B)x2個、充電器(DC18RC)、ケース、+ビット2-65、フック

 

 

おまとめ買取大歓迎!

倉庫の在庫をなんとかしたい、発注ミスで返品がきかない電動道具を少しでも高く売りたい!などのご相談は、ご相談ください。買取価格をお見積もりさせていただきます。

——————

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。

最近増えてきたスティックインパクトドライバーの性能比較!

皆さん、初めましてこんにちは!

 

種田です!初めてのブログ更新です!

009

月田さんとは、ツー と カーの仲です。 ワラ

 

 

 

えー今回は、僕が最近気になっている、スティックインパクトドライバーについて、記事をまとめてみちゃいましたっ!

 

 

実は僕が最初、スティックインパクトドライバーを見たときはコレがインパクトドライバとは、全然ピンときませんでした。ワラ

 

まあ、調べてみたら、多くの電動工具メーカーがスティックインパクトドライバーを販売していいて、現場の方などはマイインパクトドライバの2台目として購入することも多いみたいですね~~。

 

最大手のマキタなどは「ペンパクト」という名前で販売していますし、日立やパナソニックなども販売していますので、それぞれの性能について比較してみたいと思います。
まず、マキタのペンパクト

TD022DSHX

makita-td022dshx-300x221

リチウムイオンバッテリー7.2V-1.5Ahで、締め付けトルクは25N.mでバッテリーの充電時間は約30分です。

重さはバッテリーを含めて0.55kgです。

そしてこのペンパクトは白、黒、緑のボディカラーです。

 

 

次にパナソニックのスティックインパクトドライバー

EZ7521LA1S

ez7521la1s-r_01

マキタと同じくバッテリーはリチウムイオンバッテリー7.2V-1.5Ahで締め付けトルクは25N.mで同じです。

重さも同じ0.55kgです。

バッテリーの充電時間は約55分と少し長くなっています。

ボディカラーは黒、グレー、赤が用意されています。

パナソニックにもマキタにもLEDライトがついていますので、暗い場所では操作しやすそうですね!

163745-td022d-1-1

 

 

 

 
そして日立も同じようにスティックインパクトドライバーを販売しています。

WH7DL(2LCSK)

sim

日立もスペックはマキタやパナソニックと全く同じで、リチウムイオンバッテリー7.2V-1.5Ahで締め付けトルクは25M.mです。

またバッテリーの充電時間は約30分となっています。

ボディカラーは緑となっています。

 

 

さらに日立で、こんなコンパクトタイプもございました。

WH10DCL(LCSK)コードレスコーナーインパクトドライバ

imgres

 

これはあれですね。似てますね。

↓↓↓↓↓↓

lgf01a201310141300

コレにそっくり。 ワラ

 

きゃー。

 

こちらもバッテリーはリチウムイオンバッテリー10.8V-1.5Ahで締め付けトルクは30 N.mです。

重さ1.0kgです。

 
スティックインパクトドライバーの気になる価格ですが、マキタのペンパクトは定価で21000円、バッテリーを除いた本体のみで11000円となっています。

 

そしてパナソニックは29000円、本体のみで21000円です。また日立は19500円となっています。
アマゾンでそれぞれの価格を見てみるとマキタで約12000円、パナソニックで約18500円、日立で約10700円となっています。

 

パナソニックのスティックインパクトドライバーEZ7521は最も高価ですが、性能的には優れているのが特徴です。LEDが2つ付いており、屋根裏部屋など暗い場所で作業するときには明かりとして使うこともできます。

個人的にはコレお勧め!

天井裏、床板などEZ7521が使われるであろう状況をも考えた設計になっていると感じます。充電工具ビック3(パナソニック、マキタ、日立工機)において一番最後に発売されたペン型インパクトだけあって、各メーカーのいいとこ取り&独自の機能を備えた完成度の高いモデルです!

panasonic-ez7521la1s-2

 

 
またマキタは業務用の製品をたくさん製造しているメーカーですので技術力には定評がありますので、スティック型は家庭用ですが、性能に困ることはないと思います。

 

そして日立は3社の中では最も価格は安いですが、基本的な性能はほぼ同じですので、日常的な使い方で全く困ることはないと思います。

 

調べれば調べるほどドンドン出てきますね!

 

インパクトドライバーを購入しようと思ってるけど、安く済ませたい方には比較的安価なスティックタイプなんていかが?

 

 

 

 

では!たねぴょんでした~~

 

——————

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。