買取実績詳細

2017/02/17

新興製作所 ディスクグラインダー 電動工具 研磨機 SDG-100G 中古品

買取金額 ¥500

新興製作所 ディスクグラインダー 電動工具 研磨機 SDG-100G 中古品

【2017/2/17買取ました!】

※買取金額は、お品物の状態や、相場、在庫状況によって常に変動しています。
買取実績の金額は過去の実績となります。
買取保証金額ではありません。
詳しくはお電話かお見積もりフォームからお問合せください!


グラインダーの使用用途や活用シーン

グラインダーとは、円盤状のディスクを高速回転させながら研磨、切削する電動工具のことを指し、別名ディスクグラインダーと呼ばれます。用途に応じてディスクを使い分けることで、様々な素材の加工が可能です。木材を研磨したい場合はペーパー素材ディスクを用います。

木材の表面仕上げや、角を滑らかにしたりへこませたりすることが可能なため、家具の製作に向いています。塗装を落としたい場合にはカップブラシが有効です。

金属の艶出し加工や鏡面仕上げ加工には、フェルトディスクを使います。自転車やステンレス製品を研磨したい場合に活用できます。金属や石材を切断したい場合は切断砥石ディスクを用います。

ただし、切断時に多量の火の粉が飛び散るため、安全性確保のために切断砥石専用カバーを取り付けることが多いです。

 

グラインダーの人気メーカー・モデル

グラインダーは多くのメーカーでディスクを共用して使える設計になっていることから、工具本体の人気の特徴として、操作性が良いことや耐久性に優れていること、低振動性であることが挙げられます。

口コミサイトによる人気モデルランキングによると、2017年6月現在でリョービ製の「RSE-1250」、マキタ製の「GAシリーズ」、ボッシュ製の「GSSシリーズ」が人気です。

リョービ製は、他のメーカに比べて握りの部分が細く、ホールド力が高まるため安定感が増しています。また、多くの方が手に取りやすい低価格路線で差別化を図っています。

マキタ製は、販売網とサポート体制が他のメーカーに比べて強固なため、すぐに修理対応ができるなど使い勝手が良いのが特徴です。ボッシュ製は、低振動性や低騒音性といった作業性に優れた特徴があります。

 

グラインダーの高価買取のポイントと注意点

グラインダーは、新モデルが発売されると旧モデルの買取価格が変動します。電動工具の相場は、型落ち品の買取価格が下落する傾向にあります。高価買取のポイントは、グラインダーの使い道がなくなったことが分かった時点ですぐに査定に出すことです。

査定の時期が早いほど、買取査定額が高くなるので覚えておきましょう。さらに高価を目指すには、購入した付属品を全を付けた状態で査定に出します。逆に付属品がないと、査定額が下がることがありますので無くさないように保管しておきましょう

。買取査定の注意点として、汚れを落としてできる限りきれいな状態にしておきましょう。汚れが目立つと印象が悪くなり査定額が下がってしまいます。旧モデルに限らず、新モデルでも汚れがあると同様の結果になるため注意しましょう。

条件で絞り込む

フリーワード検索
カテゴリー検索
月別検索

電動工具買取の無料査定・お見積・お問い合わせはこちら

0120-06-4147

営業時間 AM10:00~PM8:00 ※年中無休

超簡単!電動工具買取の買取価格見積フォーム