買取実績詳細

2017/12/27

ニコン トータルステーション 自動視準 Nikkon トリンブル Trimble S6 未使用品

買取金額 ¥450,000

【2017/12/27買取価格】

※買取金額は、お品物の状態や、相場、在庫状況によって常に変動しています。
買取実績の金額は過去の実績となります。
買取保証金額ではありません。
詳しくはお電話かお見積もりフォームからお問合せください!

 


ニコン 測量器の使用用途や活用シーン

1947年に民生用の測量器を発売したニコンは、今や2003年には、米国の測量機器メーカーTrimble社と株式会社ニコン・トリンブルを設立し、小型軽量・Windowsベースのタッチパネル採用で直感的で機動性に富んだトータルステーション「Nivo」シリーズや3D計測を可能とした「TX8」をリリースするに至りました。これらのシリーズは、軽量化や操作の簡易化による取り回しの良さを生かし、土木や建築分野における現場での調査・測量はもちろんのこと、精密農業や地理空間情報分野においても使用できるなど、幅広い使用用途が自慢です。また、これら現場における一連の測量プロセス結果を、Connected Siteでトータルにカバーすることができます。オフィスに転送することにより、設計や維持管理までの一連の建設プロセスで活用でき、大量の測量店データのスピーディで正確な処理を実現します。
 

ニコン 測量器の人気メーカー・モデル

人気のあるモデルは、ニコン・トリンブルが開発した「Nivo」シリーズのトータルステーションです。現場での取り扱いを容易にしたコンパクトかつ軽量なボディに、高精度で快適な計測を実現する機能を充実させており、また業界でもトップクラスの防じん・防水性能が実現されています。また、1日の作業に必要十分なダブルポケットバッテリーが、現場環境や作業時間に左右されない計測ができるのも特徴のひとつです。このNivoには、現在二つのタイプがリリースされており、土木施行支援ソフト「RANDRiV」を標準装備し、Windows CE 6.0搭載のタッチパネル形式で分かりやすい操作性を実現させた「Hシリーズ」と、シンプルさと使いやすさを追求し、現場で好評を得ている、長年ニコンで培われてきたユーザインターフェースを採用した「Sシリーズ」があります。
 

ニコン 測量器の買取事前準備と注意点

測量器の査定については、校正・検査を受けている場合は、有効期限内の校正・検査証が付属されていることが高査定のポイントです。
本体外観の使用感はさほど査定には影響しませんが、計測に影響のある部品、例えばレンズなどに損傷がある場合、査定に響きます。
また、動作は問題無いと聞いていたが、レンズに曇りがある場合や、付属品のピンポールがかなり曲がっていた等のケースもよく見られます。これらは査定のマイナス要因になります。査定で高い評価を得るためには、査定前の清掃が必要です。頑固な汚れは布で拭きとりましょう。
操作パネルのスイッチ・各ダイヤルは、汚れていない歯ブラシや綿棒等で掃除し、液晶パネルや付属レンズを含めた各レンズは、柔らかな布で乾拭きしてください。間違っても水を付けて掃除しないように。コネクタ端子は、綿棒等で端子を傷つけないように注意して掃除をしましょう。専用のケースがありましたら、外側を布で拭取り、内側のゴミ等を取り除いてきれいにしてください。測量器は精密機械なので、無理な掃除はせずに丁寧に掃除し、高額査定に結び付けましょう。

条件で絞り込む

フリーワード検索
カテゴリー検索
月別検索

無料査定・お見積・お問い合わせはこちら

0120-06-4147

営業時間 AM10:00~PM8:00 ※年中無休

インターネットでのお問い合わせ