買取実績詳細

2017/12/06

【富士電線】 VVFケーブル 2X1.6 未使用品

買取金額 ¥2,000

【2017/12/06(水)更新分】

※買取金額は、お品物の状態や、相場、在庫状況によって常に変動しています。
買取実績の金額は過去の実績となります。
買取保証金額ではありません。
詳しくはお電話かお見積もりフォームからお問合せください!

※公団用はお取扱いしておりません。
※水濡れ、汚れがあるもの、使いかけのものはお買取いたしておりませんのであらかじめご了承くださいませ。

※電線は店頭持込のみの買取対応となります。予めご了承ください。


何種類もあるVVFケーブルのバリエーション

住宅を建てる際、電気工事の職人さんが最も多く使う電材といえばVVFケーブル。 家中の電気配線はVVFケーブルでおこなわれているといっていいほどです。 しかし、一口にVVFケーブルといっても何種類もあるもの。 例えば、VVFケーブルはシースと呼ばれる厚い皮膜に覆われており、中に複数のケーブルが収められているのですが、この収められている本数も様々。この本数は「芯」で表されるのですが、これも2~4芯までバリエーションがあるのです。 また、単なる芯と区別して扱われるアース線もシース内に収められていたりします。 また、VVFケーブルは太さも色々。現在主に製造されているのは、1.6mm、2.0mm、2.6mmの3種類。これは中に収められているケーブルの太さで変わってくるもの。より高い電流を扱う配線には、より太いVVFケーブルを使うのです。

クーラー配線に使われるVVFケーブルの種類とは?

それでは、一般の住宅で使われているクーラー配線に用いるVVFケーブルには、どの種類を使うのが適当なのか? これについては、2.0mm・3芯のものを使うように指定しているメーカーがほとんどです。 2.0mmのVVFケーブルの許容電流は20A、大抵の住宅で用いられている様なエアコンならば、最大消費電力は1,500Wを越えることは考えられませんから、15A以上の電流が流れることもまずないのです。 ならばクーラー配線に、許容電流が15Aである1.6mmのVVFケーブルを用いてもよさそうなもの。しかし、メーカーが2.0mmのVVFケーブルを指定してきているのは、万が一のことを考えてのこと。そんな場合は、指定にしたがうべきということなのです。 住宅内に張り巡らされる配線でも、先に接続されるであろう家電製品の最大消費電力を考慮してVVFケーブルの太さは決められるもの。 クーラーなど、消費電力が大きな家電用のコンセントへの配線には2.0mmの太さのVVFケーブル。 照明などが消費電力が小さな家電が接続されるコンセントへの配線には1.6mmの太さのVVFケーブルが使われています。

需要の高いVVFケーブルほど、高価買取が可能!!

この様に住宅用の配線で用いられるVVFケーブルは、1.6mmと2.0mmの太さのものがほとんど。芯の数は2本もしくは3本がほとんどなのです。 ですから買取の場合でも1.6mmもしくは2.6mmの太さで、2芯もしくは3芯のVVFケーブルを高く買取ることができるのです。 需要の高さは買取り額の高さ……ではあるのですが、まあ一度VVFケーブルの買取を検討しているならば太さや芯の数に関わらず、一度、当店までお問合せください。 きっと、お役に立てることでしょう。

——————-

電動工具買取専門店みっけ

【柏店】 〒277-0837 千葉県柏市大山台1-17  /営業時間10:00~20:00

04-7137-7112 フリーダイヤル0120-06-4147

 

【板橋店】 〒173-0023 東京都板橋区大山町24-15アーク大山ビル1F /営業時間10:00~19:00 不定休

03-6909-5670 

無料査定・お見積・お問い合わせはこちら

0120-06-4147

営業時間 AM10:00~PM8:00 ※年中無休

インターネットでのお問い合わせ