飛び散る火花は男の証!!鋼をあやつる溶接機!

mickemicke2012-img600x450-1485155464kqxs1q11176

★鋼を用いる現場に、必ずあるのが溶接機

溶接と聞くと連想するのは、自動車や船舶などの製造現場。

数多くの産業用ロボットや職人さんが、火花を散らしてスポット溶接をおこなっている様を思い浮かべるものです。
そして、もちろん建築現場でも、溶接機は大活躍。

鉄筋コンクリート製の高層ビルや、鉄骨つワイヤで組み上げられた巨大な橋など、ダイナミックな建設現場。

それ以外でも鋼を用いる現場ならどこでも、溶接機を使いこなす職人さんは、なくてはならない存在なのです。

 

そんな現場で最も広く用いられているのが半自動溶接機。

mickemicke2012-img600x450-14845347481c9wo19186
溶接材に自動で送られてくるワイヤを用いるタイプなので、取扱いが比較的やさしい上に強度が高い溶接をおこなうことができます。
一方でワイヤではなく溶接棒を用いる溶接機は、取扱いに熟練を要する代わりに、溶接機本体やランニングコストが安く済むというメリットがあるのです。

比較的小規模な作業ですむ現場では半自動溶接機、巨大な鉄骨を扱うような現場では溶接棒を使う溶接機、そんな使い分けが現場ではおこなわれています。

 

★代表的なメーカーは、デンヨーそして新ダイワ

t461498639.1

溶接機のメーカーで、最もメジャーな存在といえば、やっぱりデンヨーでしょう。

mickemicke2012-img600x450-1485155464e8m2t111176

何といっても旧社名が「日本電気熔接機材」というぐらいのパイオニアで、電気溶接機ばかりでなく、他の電動工具を稼動させるのに欠かせない発電機でも大きなシェアを持っています。

 

また溶接棒を用いる溶接機なら、ガソリンやディーゼルの発電機やバッテリーと一体型になったタイプが一般的。

デンヨーと並んで、新ダイワの製品を愛用している職人さんも多いもの。

中でも近年人気なのが、軽量さを重視したバッテリー一体型。今まで複数の人員が必要だった溶接現場を一人で身軽にこなすことができると評判です。

 

 

★人気の半自動溶接機以外に、発電機だけでも歓迎!!

l270655349.1

木工もハンダ付けも、ある程度こなせるようになった。

そんなDIY中級者が次に狙うのは金工。

また、バイクや自動車の改造や整備をしている人の、自作パーツの製造に欠かせないのも溶接機。

バチバチと火花が飛び散る溶接作業は、男心をくすぐるもの。

プロの現場はもちろん、意外とDIYユースでも需要は高いものなのです。

しかし溶接機の価格がネックになって踏み切れない……

そんな人のためにあるのが中古の溶接機。

入荷するとすぐに売れていく商品だけに、当店では買取を強化中。

中でも人気は半自動溶接機ですから、より高値での買取が可能となっています。

また、溶接機本体だけでなく稼動に必要な発電機、こちらも全力で買取り中。

 

デンヨーや新ダイワ製以外でも、ホンダやスバルといった発電機のブランドは人気ですので、ぜひ一度お問合せください。

 

 

kougukaitori

新体制となった今、なおも続く伝統の老舗ブランド・新ダイワ

f191828272.1

現在もブランドとして残る、名門・新ダイワ

ある業界ではビッグネームですが、いったん離れた途端にマイナーになる。
こういった存在を、最近はマイナーメジャーと呼んだりするようなのですが、プロツールや電動工具の世界には、そんなブランドは多いもの。
「新ダイワ」は、そんなマイナーメジャーの代名詞的存在です。

新ダイワ工業が誕生したのは1952年のこと。自社開発の小型エンジンに強みを持っており、芝刈り機やチェーンソーなど、農林業の分野ではなくてならない存在となりました。
次に進出したのが、同じく小型エンジンを利用した発電機のジャンル。それに関連して溶接機や投光器も新ダイワの主力製品として成長していきます。

しかし、日本の農林業の衰退と共に業績も低迷、同ジャンルのライバル的存在であった株式会社共立と経営統合。現在では「株式会社やまびこ」のブランドとして、その名を残しているのです。

なぜ、やまびこ傘下のブランドとして新ダイワが残っているのか? それは創業以来築いてきた、自社開発小型エンジンへの高いブランド力他なりません。

日本を代表するマイナーメジャー・新ダイワは、同じくやまびこのブランドの一つとなった共立と共に、これからも農林業を支える存在であり続けるのです。

p462616249.3

そのブランド力は、エンジンの性能から

新ダイワといえば、自社製エンジン。
創業当時からタフさや軽量性・高出力では定評があったのですが、現代に求められる環境性能の高さにもいち早くキャッチアップ、高評価を得ているのです。

ですから「shindaiwa」のロゴが輝く数々の製品は高性能の証。
荒い扱いが常になりがちな農林業の現場や、屋外の工事現場などで大活躍。
長い歴史を持つ新ダイワそのままの日本全国に広がるサービス網も、高性能の裏づけとなっているのです。

h209749559.3

 

新しい製品はもちろん、多少古ぼけていたとしても

さて、長い歴史を持つブランド・新ダイワだけに、納屋や農作業小屋を取り壊したりといった場面で、年代物のチェーンソーや芝刈り機と遭遇するケースもあるでしょう。
「こんな古いチェーンソーどうしよう?」そんな風になりがちですが、そこは信頼の新ダイワ製、メンテナンスさえしてやればエンジンが復活、しっかり動作したりもするのです。

古ぼけた農林業用の器械、本体に新ダイワのロゴを見つけたら決して捨てたり処分したりせずに、一度お問合せください。

新ダイワ製の製品が大歓迎なのは、もちろん古ぼけたものだけではありません。
最近まで使用されていたような、完動・美品はなおさら大歓迎。一層の高価買取をご期待いただけます。
そして新ダイワ同様、やまびこのブランド・共立も同じく大歓迎なのです。

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。