【HONDAの発電機】ポピュラーなものだけでも4種類?! 現場で活躍、発電機の種類【買取します】

こんにちは!

電動工具買取専門みっけ初山です。

初山 雪

え~・・・。ただ今雪降ってます!!!

予報通り。

初山 雪2

11時の時点で結構大粒の雪が降ってきたので、そわそわしちゃいました。

 

あ~いやだいやだ!!

冬の何が嫌かって、寒いこと!

寒いからエアコンとか暖房点けるでしょ?

電気代がかさむ~~~!今月の請求はいつもの2倍かかってました・・・。

IMG_4796

しかし、電気ってほんとに大事。ないと生きていけないですもの。そう考えるといつ何が起きても電力が確保できるように発電機って必要不可欠かとおもうのです!

だからこそ、今のうちにいろいろ発電機リサーチしておきませんか?

IMG_4798
代表的な発電機メーカーであるホンダのカタログを見ていても非常に品数は豊富。

大きく分けて4種類に分類されており、どれを選べばよいのかわからなくなってしまうものです。
そこで、今回は発電機の種類について見ていきましょう!

IMG_3698

 

まず、持ち運べるような発電機となると「インバーター」式

EU9i

ホンダ インバーター 発電機 HONDA EU9i 未使用品65000

と「サイクロコンバーター」式

EB23

ホンダ EB23

 

その2択となるのですが、発電した直流の電気を交流に変換するタイプがインバーター。

直接、交流の電気を発電するタイプがサイクロコンバーター。

 

インバーターは家庭用などのコンセントから取るのと変わらない、キレイな波形の電源を確保できるのが特徴なのですが、サイクロコンバーターはキレイな波形の電源を取ることができません。

ですから、パソコンや精密機器を動かすのに向いているのがインバーター発電機となるのです。

 

その代わり価格が安いのが、サイクロコンバーターのメリット。

電動工具を動かす際には、どちらの発電機でも支障はありません。ただ、スマホの充電となってくるとインバーター発電機が必要になるもの。

災害時の備えとして家庭用発電機を購入するならば、インバーター式が良いということになります。

IMG_5587
次にプロの現場ならでは!! というイメージがあるのが「スタンダード」

 

EBR2300CX

EBR2300CX

と呼ばれるタイプの発電機。こちらの発電機を選ぶメリットは何といっても価格が安いということ。
インバーターより価格が安い、サイクロコンバーターよりもさらに価格が安くなるのが最大のメリットです。

 

一方でデメリットは周波数の切り替えができないこと。

インバーターやサイクロコンバーターならば50Hz・60Hzの切り替えが可能なのですが、スタンダードタイプになると切り替えはできません。また、コンパクトさに欠けるのもデメリットとなります。

 

最後に大型の電動工具を動かすのに欠かせないのが「三相」発電機。

EXT4000

三相発電機 EXT4000

200Vの電源が必要なケースでは三相タイプ以外に選択肢はないもの。

出力も非常に高く設計されていると同時に価格も非常に高くなってしまいます。

 

★非常用電源用途ならば、インバータ・タイプの発電機
さてホンダ同様、発電機で定評があるヤマハのラインナップ。
こちらでは「インバーター」と「スタンダード」しか用意されていないのですが、特徴的なのはスタンダード発電機の型番に「FW」が付くこと。

EF900FW

これはヤマハ独自の安定した波形を生み出す技術。

とはいえ電動工具の動作が安定する程度の話で、電子機器の利用には適さないもの。

家庭での非常用電源として考えるならば、ホンダでもヤマハでもインバーター式。

それもコンパクトで持ち運び可能なものを選ぶのが良さそうです!

 

それでは!また。

 

 

雪よ~!止んでくれ!

初山 雪1

kougukaitori

製造業の雄、多角化の鬼、マルチ企業・ヤマハが手がける発電機

v361870297.1

発電機を手がけるのも、多角化の成果

明治時代、オルガンの修理をきっかけに楽器製造を開始、そこで積み上げた木工の技術を元に航空機のプロペラを開発、プロペラの実験用にエンジンを開発……まるで、将棋倒しのように連鎖的に様々なものの製造に手を出して、ことごとく事業化してしまう。
そんな驚くべき多角化を得意とする企業がヤマハ、そして「ヤマハ発動機」です。

そんなヤマハ発動機ですからエンジンを開発しておいて、それで終わりにするわけもなく、そこから始めたのがエンジン発電機の製造。
一見、工事現場には似つかわしくない「YAMAHA」のロゴなのですが……ヤマハ、ヤマハ発動機の成り立ちを考えれば、当然のことなのですね。

 

 

インバータ式も他の方式も、あらゆる現場で活躍中

現在、ヤマハの発電機はインバータ式とFW式、そしてスタンダード式の3種類に大別できますが、主力製品となっているのが「EF」から始まる品番を持つインバータ式。
パソコンなどの精密機器も安心して動かせるキレイな電気を作れる点、安定した動作、定燃費、低騒音、軽量などなど優れた特性がセールスポイントです。

そんなヤマハのインバータ式発電機・EFシリーズは、10品目にわたるラインナップが魅力。
5,500Wという最大出力を誇るプロユースタイプから、カセットコンロ用のボンベを燃料とする手軽
なタイプまで、幅広い品揃えがなされているのですが、現場で重宝されるのは、やはり高出力タイプでしょう。

一方で、水田の給排水などパワーを重視される現場で用いられる、FW式やスタンダード式も人気を集めているのです。
様々な現場で活躍する、ヤマハの発電機。
ヤマハ・ブランドの名に恥じない高性能性を誇っているのです。

 

 

近年高まる、発電機需要に応えて高価買取中

ヤマハの発電機の幅広いラインナップの中でも近年人気なのが、カセットボンベを利用する「EF900iSGB」。
レジャーでも用いることができる一方で、非常時の電源としての活躍が期待できることから、一家一台という勢いで売れているとか。

もちろん、他のプロユースにふさわしい高出力タイプの発電機。
これも、以前では考えられなかったことなのですが、ホームユースとして買っていくお客さんが増えています。
アウトドア志向、DIYのブーム、そして非常時の備えとしてでしょう。

このようにエンジン発電機の需要増に応えて、当店でもヤマハの製品を高価買取中。
入荷しても、すぐに売れていきますから、攻めの姿勢での買取が可能となっているのです。
出力が低すぎて使えない、そんなヤマハの発電機が眠っていませんか? 眠らせておくぐらいならば、ぜひ当店で査定だけでもお任せ下さい。もちろん、査定は無料となっております。

 

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。