どんな素材でも切る、削る、磨く!! 万能の電動工具、ディスクグラインダー

mickemicke2012-img600x450-1487302864ju1s5n13915

コンパクトなサイズも、使い勝手の良さの秘密

円盤状の砥石を高速で回転させて、切ったり、削ったり、磨いたり。そんなディスクグラインダーは非常に使い勝手がよい電動工具。
先端の砥石次第で、プラスチックや木材はもちろん、金属やコンクリートなどなど幅広い素材に使うことができますから、様々なジャンルの職人さんにとってなくてはならない電動工具の一つ、「サンダー」なんて呼ぶ人も多いツールです。

ですから、様々な現場や工場で使われているのですが、主な用途としてはまず切断。よほど分厚く硬い鋼板を除けば、大抵のものはこれ1本で用は足りてしまいます。

次にでぃすくグラインダーが使い勝手がいいのは研磨での使用。サンドペーパーを使用したサンディングディスクを用いれば木材のカドを丸めたり、くぼみをつけたりする加工もカンタン。ワイヤーを使えばしつこいサビもカンタンに落ちますし、ツヤを出したい場合にはフェルトバフに交換すればいいのです。

こんな便利なディスクがラインダーを、ますます使い勝手のいいものとしているのが、そのサイズ。片手で片手でも取り回しやすい大きさですから、どこでも使えるのが大きなメリットとなっています。

 

ハンディさを重要視するなら、コードレスタイプを

ディスクグラインダーの使い勝手のよさを発揮させるならば、やはりコードレス。充電式のものならば、どんな場面でもすぐに使えてしまいますから、ますます万能感が増すというもの。その上最近のものは軽量ですから、どこへでも持っていきたくなる機動性の高さがセールスポイントとなります。

トルクを必要とする場面で連続して使用するならば、心強いのがコード付き。こちらはタフさがウリの一つ。工場など電源確保がたやすいケースで選択するとならば、やはりコード付きの方が使い勝手が良いとなるでしょう。

そんなディスクグラインダーなのですが、仕組みはモーターに付いた様々なディスクを回転させているだけで、構造自体は実はカンタン。そんなこともあって、様々な電動工具メーカーが手がけているものです。
聞いたことがあるメーカーならば、間違いなく自社ブランドで発売していますから、充電式の場合なら特に手持ちの電動工具とブランドをそろえるというのもおススメです。

 

中古市場でも、もちろん高い需要があるのです

DIY用途から、タフなプロの現場まで。幅広く使われているディスクグラインダーだけに、中古市場でも非常に高い需要を常に抱えています。ですから、どんなタイプのものでも大歓迎となるのですが、特にうれしいのがプロ仕様の充電タイプ。

予備機として欲しいとの声も耳にしますし、実際に入荷する端から売れていきますので、いつでも大歓迎。使っていないディスクグラインダーなら、ぜひ当店でご相談ください。

 

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。