電動工具 インパクトドライバ Ah アンペア と V ボルト について

 

 

こんにちは!みっけバイヤー初山です。

さて皆様、

いざ、MYインパクトドライバを購入しようっと思ってお店に行ってみたら・・・

「14.4V」「18V」や、「3.0Ah」、「4.0Ah」など・・・

初心者の方は、まず初めに悩む方が多いでしょう。

037

業務用から日曜大工まで幅広く利用でき、初心者や女性の方でも簡単に利用できる充電式インパクトドライバーは大変便利ですが、電動工具を初めて購入したり充電する際に覚えておきたい注意点があります。

 

044

電動工具の充電式インパクトドライバーには電圧を示す「V ボルト」、電流を示す「Ah アンペア」があり、

各メーカーから販売されている充電式のインパクトドライバーにもそのパワーは違いがありますので覚えておいて下さいね!

 

作業効率に大きく影響するボルト、アンペア

ここで、ボルトとアンペアについて取り上げていますが、

実際、インパクトドライバーを購入するときに「パワー」に着目するときには

ねじりの強さの「トルク値」のN.m(ニュートンメートル)の数字単位が重要なのです。

こちらの記事もチェック!人気のマキタのインパクトドライバは、用途に合わせてパワーを選ぼう

 

 

Vボルトとは

一般的にボルトとは電圧のことを言います。電圧とは漢字のとおり、電気を押し出す(圧)力の大きさの単位です。

流通しているプロ用の充電式インパクトドライバーの電圧は18V・14.4Vが基本となり、建設現場の職人さんでも満足できるボルト数となっています。

椅子や家具などのビスが緩んだため、締めなおす程度ではボルトの数値をそこまで意識する必要はありません。

しかし、建設現場で作業する時などには連続して使用することから、

長時間作業出来うるAhアンペアと奥までしっかりねじ込める安定したVボルト(パワーを出す力)電圧が求められることになります。

市販されている電動工具の充電式インパクトドライバーは、7.2V~36Vまであります。

インパクトドライバのスペックで軽さ、コンパクトさを重視するDIYユーザーは7.2V~10.8Vでも十分な性能を誇ります。

というのも、高用量バッテリーはその分重くなり、例えばマキタバッテリーで

18V6.0Ahで670g

14.4V6.0Ahで534g

と、136gも差があるのです。

インパクトドライバを長時間作業するときに本体はできるだけ軽い方が、取り回しも良くなりますし、疲労もより軽減できます。

 

 

 

アンペアとは

次に電動工具の充電式インパクトドライバーのアンペア数ですが、こちらはスマホでいうバッテリーと同じでアンペア数が高いほど長時間の作業をこなすことができます。

充電式インパクトドライバーのアンペア数には3.0Ah~6.0Ahまで違いがありアンペア数が高いほど充電時間も長くなりますので、充電切れを心配することなく使用可能となります。

購入するアンペア数の目安としては一般的な充電式インパクトドライバーは1.5Ah~6.0Ahの範囲内で販売されていますので、家庭での簡単な使用なら3.0Ahあれば十分な性能であると言えます。

またプロの職人が建設現場などで作業する際には充電回数を抑えるためにも大容量の6.0Ahを使用する事で作業の効率化を計る事ができます。

 

電動工具の充電式インパクトドライバーを購入する際のおさえておきたいポイントは18Vの6.0Ahや、14.4Vの6.0Ahはプロ仕様、14.4Vでも1.5Ah~3.0Ahは家庭用と覚えておくと心配ないでしょう。

ドライバーの回転数をもっと上げたい、なるべく充電する回数を抑えたいなど高性能な充電式インパクトドライバーをお求めでしたら、プロ仕様でもある18V、6.0Ahが高性能な威力を発揮してくれることになります。

作業用途や作業時間を考慮し的確なボルト数、アンペア数の充電式インパクトドライバーを購入する事を心掛けてあなたのMY インパクトドライバーを購入しましょう♪

 

 

 

併せてチェック!インパクトドライバについておススメ記事

マキタの最新型インパクトドライバ、堂々の登場!! TD171DRGX【買取強化中!】

【買取強化中!】マキタ TD171DRGX 発売! インパクトドライバの可能性を大きく広げる 先端工具

ここがすごい!! 電動工具 ソフトインパクトドライバ  マキタ TS141DRGX

 

 

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!

 

header_contact