お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

俺のダイバーシティ

こんにちは。辻村です。

いつも思いますが、リユースって本当に多様だなーと思います。商品もいろんなカテゴリのものがあるし、それが、あらゆる家庭やあらゆる企業から我々のところへやってきます。あらゆる状態で。とても多様です。

 

お酒もあるし、


電動工具もあるし、


時計もある

家電もある

貴金属もある

やってるやつらはこんなだし。

とまあ色々な要素が交わり合っていて、ダイバーシティ高めです。

 

 

ダイバーシティが高いといろんなことを許容できる

基本的にお客様が売りたいと思ったものを我々にお売りいただいて、それを我々が最適な市場を選択して売っていくという単純なモデル。お客様が売りたいと思うものを僕らが買えなかったらニーズがあってないし、通常小売店って自分達が売れると思ったものを売れると思った数だけ仕入れて売ると思うんだけど、そういうことじゃない商売。圧倒的にサービス業的な要素が大きくて、小売り業ってこととは違うよなってやればやるほど感じています。覚悟家庭の覚悟事情にどこまで寄り添えるか、対応できるか、そういうことが日々問われる仕事なのであーる。そしてその課題をクリアした時の満足感はデカい。

 

先日金沢に3家族11人で旅行をした時も思ったのですが、ダイバーシティの高い環境にいると、対応力や、順応する力、人を許容する力などが高まる気がする。

 

自分と違う人や、自分の好きなものじゃないもの達と数多く触れることによって、多様を許容する力が高まる気がする。自分と違うだけ。いいも悪いもなく、単に違うというだけなのだということを感じてピースオブマインドでいられる訓練が出来る仕事、リユースってそういう仕事なんじゃないかと思ったりする今日この頃。

 

さあ、今日もリユース楽しみます。

 

 

 

The following two tabs change content below.
COO、酒部部長、みけキャン副部長 「中古品、二次流通品、損害品、残置品を買取し、最適な市場に戻していく事で、社会的課題を解決する。」をテーマにリユース事業をやってるのと、レコード収集、キャンプ、映画鑑賞がライフワーク。世界一好きな映画は、トビー・フーパーの『スポンティニアス・コンバッション』。

最新記事 by 辻村 康 (全て見る)

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×