お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

インターンシップ2019

毎年、流山北高校のインターンシップの生徒さんが何名かいらっしゃる季節になりました。

先生から連絡があると、ああ、今年ももうそんな時期かと思うのですが、今年はなんと10名。結構多い人数。嬉しいことです。

 

毎年毎年ムードの違う生徒さんがやってきますので、今年はどんな感じかな?とけっこう楽しみにしているのですが、今年のみんなは、とても素直で柔らかい印象の子たち。
最初は緊張してたけど、星野さんとか浦上くん、そして私の様子を見て、ああ、どうやらここはわけわかんないおじさんが仮面ライダーのコスプレしたりしてふざけてるところだから大丈夫じゃね?と思ったかどうかは別として、楽しく出来てよかったーって言ってくれて嬉しかった。

 

仕事に対するパラダイムシフトを体験してほしい

今回3日間来てくれて、おもちゃ専門店と総合店とでいろんな作業をやってくれたりして、どうやら自分達が想像してた『仕事のイメージ』が変わったみたいで、そこはとても嬉しかった。毎年、仕事はつらいもの、やらなきゃならないもの、と判で押したようにおんなじイメージを抱いてやってくるからね。しかも働き方改革とかなんか『仕事』にに対するネガティブキャンペーンをやってたりするので、そりゃ仕事をバリバリやってGIVEしまくって成長しまくって、かっこいい大人であふれる日本になればいいんじゃね?って思ってる私としては、このインターンシップで高校生に感じてもらえたらと思ってることは、なんかこの人たち楽しそう。こんな風に毎日楽しくやっていきたいと思ってもらうこと。楽しくなさそうな大人になりたい人なんていないでしょ。。

 

責任感を持ってインターンシップに臨みます

そんな生徒さんの中でこんなことを言った子がいました。『責任感をもって、ミスのないようにがんばります。』そうだよね、確かにミスしないように間違えないように教えられるもんなー。でもミスするのは責任感が無いからじゃないぞー、間違えていいんよ、間違えてよし、ミスしてよし、楽しくガンガン好きにやって生きろ!ま、急にそんなこと言われてもすぐには出来んかもしれんが(笑)責任を自分に向けない。責任は未来に向けて、未来に違いを作ること。それが責任を果たすことです。などなど、そんな会話をしてみたりして。間違えちゃいけないっていうのはほんとに良くない。間違えてたらナイスチャレンジです。上手くいかなかったら、どうしてうまくいってないかを自分で考えて、別の手を試す、トライ&エラーをして、出来るようになる。最初から出来ることあります?ないでしょ。出来ないから色々やるんであって。間違えちゃいけないっていったら何もするなと同義です。

 


 

僕ここでバイトしたいです(笑)

3日目の最終日に一人の男の子が、『僕ここでバイトしたいですw』と言い出しました。なぜ?と聞いたら、『みんな丁寧で働きやすいと感じたから』と嬉しいことを言ってくれました。ありがとう。いつでも履歴書持ってきなよー!って電話番号とか伝えました。来るか来ないかわからないけど、そんな風に話してくれた子は初めてで、おじさんとっても嬉しかったし、びっくりましたー。

 

ということでパワーもらったな。ありがとう!なんらかのきっかけになれば嬉しいぜー。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
COO、酒部部長、みけキャン副部長 「中古品、二次流通品、損害品、残置品を買取し、最適な市場に戻していく事で、社会的課題を解決する。」をテーマにリユース事業をやってるのと、レコード収集、キャンプ、映画鑑賞がライフワーク。世界一好きな映画は、トビー・フーパーの『スポンティニアス・コンバッション』。

最新記事 by 辻村 康 (全て見る)

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×