お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

定番ナイフ モーラナイフの選び方

ナイフはアウトドアにおいて非常に汎用性の高い能力を発揮しますが、中でも注目を集めているのが、スウェーデン発祥のモーラナイフ(Morakniv)です。

今回はそんなモーラナイフが通常のナイフとどう違うのかや、その強みなどについてご紹介していきます。

モーラナイフの特徴

モーラナイフの特徴は、何と言ってもラバー製のグリップとコンパクトな刃渡りにあるでしょう。

公式サイト:http://morakniv.jp/

★2019年新商品 モーラ・ナイフ コンパニオン スパークブラック
https://www.uneplage.net/?pid=143794916

グリップ部分が木などの場合、確かに味わい深いナイフの趣はあるものの、慣れない人が使うと手を滑らせてしまったり、どうも力が入りにくく、うまくナイフを使って作業を行えないということも珍しくありません。

モーラナイフは実用性を追求したラバーグリップを採用しており、初心者から上級者まで、あらゆる状況でも安定した使い心地を実現してくれています。

また、刃渡りは多くのモデルが10センチ程度に留まっているため、どのモデルを選んでも、使用感に大きな差がないことも特徴です。

使いやすく丈夫で、その上価格もお手頃というコストパフォーマンスの高さが、モーラナイフの強みと言えるでしょう。

モーラナイフの使い方

モーラナイフの活躍の幅は広く、アウトドア活動の際には常に手元に置いておきたい一品です。

食材の調理から木材の切り出し、さらには薪割りまで行える頑強さを備えているため、現場では頼りになること請け合いです。

モーラナイフの選び方

モーラナイフにはいくつかのモデルが存在し、主にナイフ部分の素材の違いで選ぶことができます。

例えばカーボンスチールを採用しているヘビーデューティーモデルやブッシュクラフトは、サビ防止の手入れが必要な一方、非常に分厚いため、剛性においては無類の強さを発揮します。

一方のステンレスナイフを採用しているコンパニオンシリーズの多くは、手入れの必要があまりなく、適当な扱い方でも安定したパフォーマンスを発揮してくれるため、初心者でも扱いやすい一品です。

真剣にアウトドアを楽しむならカーボンスチール、カジュアルなアウトドアならステンレスのモーラナイフを選ぶと良いでしょう。


Amazon | モーラ・ナイフ Mora knife Companion MG (ステンレス)
コンパニオンシリーズ ステンレス製で扱いやすいモーラナイフ

おわりに

ナイフはアウトドアには欠かせない一品ですが、モーラナイフは手ごろな価格で手に入りやすく、その上高いパフォーマンスを発揮してくれるナイフです。
ナイフ初心者にこそ、モーラナイフの使い勝手の良さは存分に発揮されるでしょう。

The following two tabs change content below.
COO、酒部部長、みけキャン副部長 「中古品、二次流通品、損害品、残置品を買取し、最適な市場に戻していく事で、社会的課題を解決する。」をテーマにリユース事業をやってるのと、レコード収集、キャンプ、映画鑑賞がライフワーク。世界一好きな映画は、トビー・フーパーの『スポンティニアス・コンバッション』。

最新記事 by 辻村 康 (全て見る)

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×