電動工具 マルチツールについて先行のボッシュ、それを追う日本勢!!

こんにちは。

電動工具みっけ初山です。

 

IMG_8871

今日は、電動工具マルチツールについてお話します!

マルチツールの登場は、目からうろこ!! 

HITACHI 日立工機 コードレスマルチツール CV14DBL 14.4V 3.0Ah 中古品1

プロの現場は使うツールが多いもの。
愛用のものを腰袋に入れるも、便利さを求めると段々と重くなっていく……

まあ、レンチ1本とかならば全然、ガマンできるでしょう。
しかし、これが電動工具となると話は違います。

コードレスの場合、電池の重さは結構な物。

IMG_1564

これを何種類も腰袋に入れるとなると重いわ、動きにくいわで作業効率が大幅に落ちる。

腰袋といわず、工具箱でも同じことなのですが。

 

 

そんな悩みを一気に解決してくれる電動工具といえば、

マルチツール。

数年前、ボッシュ社から発売になった際には、その便利さに目からウロコが落ちましたね!

GMF250CE

今まで、切断・剥離・研磨とそれぞれの電動工具をとっかえひっかえ使ったり、手で対応したりしていたところが、1台のマルチツールで済んでしまうのですから画期的でした。

 

完璧とはいえないのがマルチツールの泣き所

国内メーカーも負けてはいません。
日立工機は「CV18DBL」、マキタは「TM51DRG」などをすぐに発売し、ボッシュの後に続きます。

HITACHI 日立工機 コードレスマルチツール CV14DBL 14.4V 3.0Ah 中古品2

tm51drg-1

 

これでマルチツールは一気に普及、切断・剥離・研磨の作業が多い造作大工さんなどはこぞって購入したものです。

 

CV18DBLに用意されている先端工具は37種類、TM51DRGでは42種類。

 

これだけ見ると、マキタのTM51DRGの方が使い勝手が良さそうに見えるのですが、まあ日立電工のCV18DBLでもできることはほとんど変わらないもの。
どちらもコードレスで18V、専用工具を使うことなく先端を交換できますから作業効率もそう変わらない。
まあ後は日立工機とマキタ、手持ちの他の電動工具やメーカーの好みで選ぶぐらいでした。

そんな便利なマルチツールなのですが、共通した欠点があります。
それは多機能な分、専用の電動工具と比較すると作業効率が落ちる点。

特にパワー勝負の切断作業となると明らかでした。
加えて、レシプロソーのブレードが用意されていない。

砥石が入り込めない箇所を切断する際には、やはり別にレシプロソーを使うしかなかったのです。

 

やはり、先駆者・ボッシュは強みを発揮中

 

こんな不満にいち早く対応したのが、マルチツールの先駆けのメーカー・ボッシュ。

GMF18V_ECH-2-L
新製品では、鉄筋切断もできるぐらいにパワーアップ。

今までのマルチツールでは釘やネジを1本切断するのにも時間がかかっていましたが、GMF 18Vでは圧倒的スピードで切断可能に。

 

さらに、GMF 18Vではセーバーソーのような窓抜き作業などに適しております!

 

ここまで読んで、ボッシュのマルチツールを使ってみようかな?

と思った、CV18DBLやTM51DRGのユーザーの皆さん。

マキタや日立工機のマルチツールを使わなくなったなら、

ぜひ当店にご相談ください。

電動工具は日進月歩、次々と新しく使いやすい製品が登場するものです。
使わなくなったマルチツール、大歓迎!!

先端工具も含めて高価買取いたします。

 

kougu_bnr300×250

 

長い歴史を持つドイツ・ブランド、ボッシュが大活躍中!!

アメリカで「ボッシュ」と呼ばれる電動工具とは?

セーバーソーでは間に合わないような、木工などの切り抜き加工。
こんな場合に大活躍する電動工具はジグソー、糸ノコ状のブレードが上下することで、細い曲線切りも可能にしています。
こんなジグソー、アメリカではボッシュ(BOSCH)と呼ばれているというから驚きますが、それもそのはず。20世紀半ばにジグソーを開発したスイスの会社を参加に収めて以来、しばらくジグソーはボッシュの独壇場。
今でもジグソーの刃の耐久性では、ボッシュが一番という人も多いのです。

◎BOSCH ボッシュ 不陸レーザーレベル GSL2 新品未開封品 B

 

さて、そんなボッシュがドイツに誕生したのは19世紀、日本に上陸したのは20世紀初頭と非常に長い歴史を持つ会社。当初は自動車パーツの製造をおこなっていましたが次第に業務領域を広げて、電動工具も手がけるようになりました。
その知名度は長い歴史もあって、世界的に高いもの。赤文字の「BOSCH」というロゴは、誰もが幾度ともなく目にし、親しみがあるものとなっています。

 

ですから、日本の現場でもボッシュの電動工具を見かけることはよくあります。
長い歴史に加えて、ドイツのブランドというイメージの高さから来る信頼性。そして、海外ブランドだからといって特別高価なわけでもないという価格戦略が人気の秘密でしょう。

 

◎ボッシュ ハンマードリル GBH2-26RE 未使用 未開封品

 

パワーが必要な場面も、ボッシュにおまかせ

ジグソーの別名はボッシュ、そんな細い作業が得意なボッシュの電動工具なのですが、その一方でコンクリートを主に扱うような、パワーを必要とする現場でも大活躍をしています。

 

例えば、コンクリートにハツリを同時におこなうことで、素早い穴あけを可能としたハンマードリル。これらのジャンルでも強みを持つのがボッシュです。
特長は、パワーと軽量さ、そして耐久性を持ち合わせている点。特に大きなパワーを必要とするメカニズムが現行モデルでは大きく向上、従来よりも大幅な作業効率アップを実現しました。

 

従来のモデルの評判の高さはもちろんなのですが、現行モデルの好評ぶりはボッシュの名声を更に高める結果となっているのです。

 

◎ボッシュ レーザー距離計 GLM80 建設機械 BOSCH 未使用品

価格が下がる!! その前に買取の検討を

日本のメーカー同様にボッシュの製品は、プロモデルとDIYモデルの2つのラインを持っており、ボディーカラーはそれぞれブルー系とグリーン系。特に買取価格が高く付くのがブルー系なのですが、グリーン系のDIYモデルの需要にも高いものがありますから、購入価格から考えると悪くない結果になるでしょう。

 

さて、ボッシュで特に注意しなくてはいけないのは旧モデルの買取について。現行モデルの評判が非常に高いのでカタログ落ちしたモデルの買取依頼が次第に増えつつあるのです。

◎BOSCH ラクボーラー GBM13-RBS 100V 電気ドリル ボッシュ 

「壊れたら買い換えようかな?」そんなことを考えているなら、壊れる前にぜひ買取の検討を。壊れてしまった後になると、場合によっては買取ができないケースもありますし、中古の在庫が増えると買取価格が下がってしまうのです。

 

現行モデルに魅力を感じたら、なるべく早くの買取をご検討下さい。

 

 

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。