ハイテクムード満点の計測工具、レーザー墨出し器

タジマ GEEZA GT3G-I グリーンレーザー 三脚付 受光器付 新品

 

★建築現場での正確さと、効率アップのために

住宅や巨大なビルディング、そしてライブのステージセットなどなど。これらを造る上での基本は、地面と水平もしくは垂直なこと。
水平や垂直が狂っていては、まともな建造物ができる訳がありません。
以前は同じ基準面から複数個所で高さを測り、点を取る。そして、それらをつなぐことで地面と平行なラインをとっていたのですが、これは効率的ではありませんでした。

トプコン ローテーティングレーザー RL-H3CL 中古品

しかし、ハイテク計測工具の一種、レーザー墨出し器が開発されて以来、効率は大幅アップ。

短時間で水平・垂直のラインを正確にとれる様になったのです。

使い方は基準点にレーザー墨出し機を置き、壁などにレーザーを照射する。それだけで正確なラインを取ることができるという仕組み。
現在レーザーの色は緑と赤の二種類があり、明るい現場でもはっきりとラインを照射できる緑色の方が高価で販売されているもの。
こんなレーザー墨出し器、メーカーによってはレーザーラインという呼び方もします。

タジマ レーザー墨出し器 NAVI ゼロ KJY 受光器・三脚セット

 

★表示するラインの多さが、高性能の証

このレーザー墨出し機、価格が変わってくるのはレーザーの色だけではありません。
どれだけの面に、ラインを取ることができるかでも値段が大きく変わってくるのです。

 

山真 ヤマシン レーザーマスター プレミアム PM-4-J レーザー墨出し器 受光器セット レッド 中古品

最もスタンダードなタイプは、垂直1方向、水平1方向にラインをマークするもの。例えば棚を壁に取付けたい、こんな場合に取付けラインをカンタンにレーザーで示してくれます。
逆に、最も高価かつ高性能なものは、5ラインと呼ばれるタイプ。

縦に4方向、横1方向、360度にわたって水平・垂直のラインをレーザーでマーク。レーザー墨出し器を中心にぐるりとレーザーのラインが投射される様子は、ある意味壮観といえるでしょう。

 

しっかりした現場を支えるのは計測工具、これにハイテクな技術を加えたレーザー墨出し器は、性格な計測と効率アップを求める建築現場で、欠かせないものとなっているのです。

 

★幅広い現場で必要とされている、レーザー墨出し器(レベル)だから

安価なものなら数1,000円、高価な5ラインタイプの物で高精度なものとなると数10万円。

mickemicke2012-img600x450-1484277604evodtt9514

 

レーザー墨出し器は、この様に幅広い価格帯で製品が販売されており、それぞれに高い需要があるもの。どんなタイプのレーザー墨出し器の買取も当店では大歓迎です。

 

また、計測工具のトップブランド・タジマ以外にも山真、フクダ、ブラック・アンド・デッカーなどなど様々なメーカーがレーザー墨出し器(STSなどのメーカーは、レーザーレベルと呼びますが)をリリースしています。
こちらも、どんなメーカーでも大歓迎、それだけ現場では欠かせないのがレーザー墨出し器なのです。

 

 

 

kougukaitori

コンべからオートレーザーまで、計測工具のトップブランド タジマ

今ひとつマイナーだけれど、現場で大活躍するタジマの製品

タジマ GEEZA GT3G-I グリーンレーザー

DIYに強いリョービや、プロ用ツールで高いシェアを誇るマキタなど、世の中には数々の電動工具メーカーがあり多くの人々に広く認知をされています。

その一方で、非常に優れた製品を送り出しており、現場の職人さんの間ではバツグンの知名度を持つ一方で、一般では今ひとつ認知されていないメーカーやブランドもあるもの。

その代表格とも言えるのが、タジマ。
「コンベ」と呼ばれたりするメジャーを初めとして、レーザー墨出し器、LEDライトなど現場では欠かせないハンドツールを幅広く手がけ、多くのジャンルでトップシェアを誇るブランド、とりわけ様々な測量工具では厚い信頼を職人さんたちから得ています。

そんなタジマは、住宅機器や建材を手がける「株式会社TJMデザイン」を牽引するブランドの1つ。
現場ではおなじみのブランドなのです。

 

タジマといえば測量工具、とりわけレーザー墨出し器

◎TAJIMA タジマ レーザー墨出し器

ビルでも住宅でも、ありとあらゆる建造物の基本となっているのは水平と垂直、世の中の建物全てが水平と垂直の線で構成されています。
ですから、現場で大切になってくるのが水平や直角などの基準を示してくれる機械、これが「レーザー墨出し器」なのです。

レーザー墨出し器を手がけているメーカーは、タジマ以外にもKDSやリズムなど多くありますが、トップシェアはやっぱりタジマ。
自動追尾機能など様々な新機能の開発でも、一歩先をいっているのもやっぱりタジマだったりするのです。

近年は野外フェスティバル流行り、大規模なステージセットを組み上げたりするケースも増えているのですが、そんな現場でも必要になるのがレーザー墨出し器。オートレーザーとかラインレーザーなどと呼ばれ大活躍をしています。

 

マニアックなプロツールこそ、大歓迎いたします!!

タジマ電動工具といえばすぐにインパクトドライバーや丸ノコを思い浮かべがちなのは、職人さんも一般の人々も同じ。ですから、「電動工具の買取りといっているけれど、タジマの製品は買取ってくれるのか?」というお問合わせは数多く頂きます。

一般には馴染みもニーズもないタジマの計測工具やハンドツールですが、御存知の通り現場では高いニーズがあり、買取ってもすぐに売れていってしまうもの。
ですから買取は大歓迎、タジマの製品ならば計測工具に限らず、様々なプロツールを幅広く買い取りしています。

タジマの計測工具だけでなく、現場でよく使っていたけど最近あまり出番がなくなったなと思うようなプロツール。
買取が可能かどうかは、ぜひ一度お問い合わせ下さい。

とりわけ全く出番がなかったような、未使用美品ほど高価買取が可能ですから、型遅れになってしまう前に買取りのご検討をお願いいたします。

 

 

電動工具買取は電動工具買取専門店みっけにおまかせください!
電動工具買取専門店みっけ
http://genki-heiwado.com/kougu/
電話番号:0120-06-4147
営業時間:10:00~20:00まで

マキタ(makita)、日立工機(Hitachi Koki)、パナソニック(Panasonic)、ボッシュ(BOSCH)、ヒルティ(HILTI)、リョービ(RYOBI)、デウォルト、(DEWALT)、ヤマハ発動機(YAMAHA)、ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)、マックス(MAX)、タジマ(Tajima)、shindaiwa(やまびこ)、ケルヒャー(karcher)、シンワ測定、Leica(ライカジオシステムズ)、スチール(STIHL)、アサダ(Asada)、ユタニ(YUTANI)、タスコ(TASCO)、ソキア(SOKKIA)、空研(KUKEN)、ミツトヨ(Mitutoyo)、工進(KOSHIN)、その他メーカーの電動工具買取強化中です。

電動工具買取の種類は締め付け工具・穴あき工具としてインパクトドライバー、インパクトレンチ、振動ドリル、電動ドリル、電動ハンマ等がございます。研削工具・研磨工具としてはグラインダー、電動カンナ、ミニルーター、ポリッシャー、トリマ、サンダ、研磨機等がございます。切断工具としてはチェーンソー、ジグゾー、電動丸ノコ、レシプロソー・セイバーソー、切断機等がございます。計測工具・その他工具としてはブロワ、高圧洗浄機、レーザー計測器、レーザー墨出し器、エアコンプレッサー等がございます。お客様にご満足いただける電動工具買取りサービスをご提供いたしますので、電動工具買取りはぜひ電動工具買取専門店みっけにお任せください。