お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

キャンプで大人気のソロ用焚火台、ピコグリルをレビューしてみた

ピコグリルはスイス発のキャンプ用焚火台。キャンプ芸人として人気のヒロシさんが愛用していることでも知られています。
ここでは、最も人気が高いと言われているピコグリル398をレビューしてみたいと思います。

ピコグリル398 – https://wanderlust-equipment.com/products/picogrill-398/

魅力の一つは、何と言っても軽量な点。スピットを含めても500g程度しかありません。
サイズ感も素晴らしく、大きさ、厚さ共に、学校で使うノートとほぼ同じ。持ち運びが非常に便利です。バックパックに入るのでソロキャンプに最適です。
組み立て方はとても簡単です。まずはフレームを開いて、底板をはめれば出来上がり。わずか数秒で組み立てることが可能な作りになっています。
スピットは、フレームの上に乗せると五徳になります。そこにフライパンや鍋を乗せることも可能。食料をスピットに刺して、あぶることも可能です。
また、普通の大きさの薪なら、切らずにそのまま入れることができます。小型の焚火台だと枝しか入らないことが多いですが、ピコグリルなら大きな薪でも問題ありません。また、サイドに壁がない焚火台なので、調理中でも薪の補充が簡単です。


以上がキャンプ用焚火台・ピコグリル398のメリットになりますが、キャンプ場で使ってみて気になった点も書きたいと思います。
使い始めた当初は、底板からフレームを外しにくいなと思いました。がっちりとはまっているので、コツを掴むのに少し時間が掛かります。しかも底板は薄く、力を入れると変に曲がってしまいそうだったので、最初は板から外すのに少し苦労しました。
「がっちりとはまっている」ため、普通の薪ならある程度積んでも問題ありませんが、あまりにも積み過ぎると板が外れる場合があります。普通に使う分には問題ありませんが、キャンプ用品をラフに使いたい人には向いていない焚火台かも知れません。
また、灰や炭を受け止める皿はピコグリルには付属していません。そのため底板のスキマから火の粉や灰が落ちてしまうので、下に不燃布などを敷いた方が良いでしょう。
さらに網も付属していないため、網は別途購入する必要があります。

ですが、そうした細かい点が気にならないくらい、使い勝手は良好です。間口が広いので薪をくべやすく、空気を遮る物がないのでよく燃えてくれます。
ピコグリル398を使ってみた印象としては、燃焼効率が非常に良く、様々な料理に使うことができる焚火台です。

The following two tabs change content below.

mickemicke2012

最新記事 by mickemicke2012 (全て見る)

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×