お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

久しぶりのソロキャンプ(後半戦)

そんなわけで、久しぶりのソロキャンプ後半戦でございます。

 

前半戦はこちら。

久しぶりのソロキャンプ(前半戦)

 

ステーキが想像以上に上手に焼けましたので、大満足。しばらくビールを飲みながら余韻に浸りました。薪もいい感じで燃えています。

そんなに明るいledを持っていないのでランタンフックには、スノピのほおずきを。薄暗いです。なんといっても目が悪いので、もう少し明るくないといろんなものが見えないってことをあらためて痛感した今回。もう少し明るいLEDが必要だなーって感じです。

本日のメインディッシュ(鍋)

はい、今日はきりたんぽと燻りがっこで日本酒を飲むというめちゃめちゃ記憶無くしそうな献立です。がもう誰も止められない。比内地鶏のスープで秋田のソウルフードをホットテントで食べる。なんて贅沢なんじゃー!ってことでこんな風に鍋に具材を並べていきます。もう美味しそう。きりたんぽで欠かせないのが、セリとごぼう。これが重要です。あと本当はマイタケも。買うのをすっかり忘れてしまいました。。残念!

 

こちらも薪ストの直火でグツグツと煮込みます。これがうまくないわけがないルックスに仕上げました。やばくないすか?これ。はやくはやく呑みたい。

ほい、完成!テンマクのぐい呑みで剣菱をあおりながらのきりたんぽ。最高。身も心も温まる。

これらを食べ終えて、日本酒も飲み終えたので、ディナーは終了。そのままウイスキータイムになだれ込み、火を見て、22時頃就寝しました。(常時一酸化炭素チェッカーを使用しています。)

 

シュラフはケチってはいけない。

はい、冬キャンプにいく時にもっとも不安になるのが。眠れるかなぁ。寒くて凍えないかな?ということだと思います。いくら薪ストを入れていても、2時間くらいで燃え尽きるので、そこから一気に気温が下がって氷点下の世界になつて行きます。なので、寝床は大事だと思います。写真撮るの忘れましたが、NANGAのオーロラ750とインフレーターマットをコットに敷いて桐灰のマグマカイロを何個か貼って寝ましたが、マジで全く寒さを感じないまま6時までぐっすり眠ることが出来ました。めっちゃ爽快に目覚めました。幕内も-7度まだ下がっていて、LEDライトも寒さで消えていました。なので早速薪ストに火を入れます。

 

20分くらいで、外気温-5度に対して10度近くまで上がってきました。このくらいになると身体が動けるようになってきます。元気がでます。やっぱり薪ストすげー。ただ、薪はちゃんとホルダーとかに入れてしけったりしないようにしないと広葉樹は特につきが悪くなりますので注意です。

朝はメスティンでご飯を炊きました。わりとうまく炊けた!美味しい。

 

そして朝ご飯は、短パンカレー!福神漬けの代わりに昨日の燻りがっこを。これがめちゃめちゃ美味しかった。

そんな感じで食べてばかりのソロキャンプはお天気に恵まれて無事に完了しました。撤収もスムーズに進みました。次回はフロントフラップ側に薪ストをレイアウトして、もう少し広くスペースを作ってみたいかなと思います。来月も行きたい!!!

 

そんな2021年最初のソロキャンプでした!

 

The following two tabs change content below.
COO、酒部部長、みけキャン副部長 「中古品、二次流通品、損害品、残置品を買取し、最適な市場に戻していく事で、社会的課題を解決する。」をテーマにリユース事業をやってるのと、レコード収集、キャンプ、映画鑑賞がライフワーク。世界一好きな映画は、トビー・フーパーの『スポンティニアス・コンバッション』。

最新記事 by 辻村 康 (全て見る)

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×