お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

カスタマイズされた世界を創作することに価値があると信じております

こんにちは。千葉県柏市のゲンキの平和堂でリユース事業を行っているリユースの僕こと辻村康です。つじむらこうです。

今年も残すところあと2週間切った感じでヤバいですね。昨日もめっちゃレアリティの高いお品物をお売りいただいて、うれしさとありがたさと心強さを感じながらエモーショナルになっているTK(辻村康)です。

 

 

 

こんな感じです!めっちゃエモいです。みんながお客様に認めていただいて、売っていただいているわけですから。ほんとにスタッフの日夜の努力に心から感謝しかない。その気持ちを形にしたいなと思っていて。来年はそのプロジェクトに取り掛かる予定です。ここが一番頑張りたいポイントです。心理的安全性の土台で、自分たちがめっちゃ楽しむことによってお客様を楽しませていく。そして自分の成長のために再投資して、より豊かな人生を生きていくっていうそういうカルチャー。それがこれからの時代を生きるための生存戦略であり成長戦略でもあると思っていて。そのことがまず会社でやりたいことで。

 

会議もそうだけどLINEとかのコミュニケーションツール上のやり取りだって言葉は重要で、フォーカスしてることに対してフラットに議論出来たり、提案や修正が出来ないと楽しくならないからワークしなくなっちゃうんだけど、基本的にそれを難しくするのは役職者っていうか意思決定する人だったり、立場が上とされている人なんで、常に。みんな役割が違うだけで誰が偉いわけでもないっつームードを作る必要があると思うし、それが出来るのはそういう立場の人たちでないと無理だから。だからインプット重要だしインプットした情報を自分の頭で考えてカスタマイズできないと価値ない。誰かの名言や誰かの発言は誰かのものであって自分のものじゃない。そこを訓練していかないといけない時代だと思うから、その努力をしようって感じる。そういうカルチャーの中で楽しむ人は楽しめばいんじゃない?って感じ。そういう気軽さでいられるために努力が必要だってことを感じています。

 

 

そんなことをこのカスタマイズされた小さな世界を見ながら昨日は何度も何度も考えてました。

 

癒されるねぇ

どこともいえない街なんだろうけどライトアップされて人が行きかう姿はノスタルジックでピースフルです。でも不思議とこんな世界に暮らしたいとは思わなかったです。

これ、こんな世界を創ろうって強烈な意思と設計と計画とモチベーションがないとできないわけですからね。

 

汽車が走るよりワクワクします。ライトが着いて、音が出てよりリアル感が伝わってくる。

 

どういう世界を創りたいか、描いて方針を決めて、方法を決めて実行。ビジョン重要。それがないと、急にビル建ててみたり、山を壊してみたり

いびつな世界になっていったりするからな。要注意やで!ビジョン重要!

 

 

本日お伝えしたいことは以上です!

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
COO、酒部部長、みけキャン副部長 「中古品、二次流通品、損害品、残置品を買取し、最適な市場に戻していく事で、社会的課題を解決する。」をテーマにリユース事業をやってるのと、レコード収集、キャンプ、映画鑑賞がライフワーク。世界一好きな映画は、トビー・フーパーの『スポンティニアス・コンバッション』。

最新記事 by 辻村 康 (全て見る)

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×