お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

本当に条件のせいですか?

こんにちは。千葉県柏市のゲンキの平和堂でリユース事業を行っているリユースの僕こと辻村康です。つじむらこうです。やすしではなく、こうです。

先日、前々から行ってみたいと思っていたThe Noodles & Saloon Kiriyaというラーメン屋さんに仕事終わりに星野、初山と3人で行って来ました。

 

 

金曜の21時です。初石の住宅街。周りはほんとに住宅街。対面には林が広がっています。おせじにも好立地とは言えないと思います。が、到着した我々はその待ってる人の多さに驚いたのです。到着したらすぐ人数と名前を順番表に書きます。20組くらい待っております。

今日はここに行くのが決まっていたので、みんな出来るだけお腹を空かせて行こうと(笑)お昼を食べたい人とかいたのですが、超絶な人気っぷりに面食らって、いや、麺喰らってしまいました。(実際に麺を喰らうまでかなり待ちましたが)土日は朝9時~の営業で、開店前に並ぶって言うんですから、朝からラーメンを食べる人なんかいないでしょ?っていう私の常識も木っ端みじんにぶち壊されました。

こんな感じに心静かに待ちます

 

 

落ちてる木の枝で箸を作る

お店の向かい側が林になっていて、木の枝が落っこちていたのですが、星野さんは、あまりにお腹が空いたらしく二つに折って箸に見立ててラーメンすする格好でシャドーラーメンを披露していました。

 

 

 

この住宅街に忽然と現れたような旧和菓子屋さんの14席(たしかそのくらい)のラーメン屋さんに、夜とは言え全然気温も下がらないこんな日に、こんなに大勢の人が1杯のラーメンを食べるために待っている。なんかすごいよね。だって他にもラーメン屋も居酒屋もたくさんあるじゃないですか。でもここに並んでるんですよ。金曜の夜に1時間以上。

よく、ここは立地が悪いからとか、メルカリが出来たからとか、幹線道路沿いじゃないからとか、都内じゃないからとか、そういう条件的なことを出来ない理由にしがちですが、ここにはそういう条件を超えた何かあるんですよね。何かが。この待ってる人達も、お店の人達もみんなピースフルな空気で、おおらかに楽しんでいる。忙しくてワセワセしてるはずなのに、まったく殺伐としていない。この雰囲気。ピースフルでウェルカムな雰囲気。

腹が減りすぎて、早く食べたいモードになっていたおやじ二人は少し反省。

もう少しこうすれば回転率が上がって云々、もう一人お店の人いれば片付けが回るから云々、とかそんな会話してしまってました。早く自分が食べるための方法を考えてた。
お腹空いて自分のことしか考えてなかったってことですね(笑)

ああ、そうじゃねえなと。お店の人もお客さんもみんなでこの感じを作ってんだなーって思った。自分の思い通りにいかない時にこそ、人の真価が問われるよね。その状況、その環境をいかに楽しむかっていうこと=出来事に反応的になるんじゃなく、自分も周りも楽しくいられるために創作出来るか?それが自分の価値を高めることだよねって思う。

そして着丼

 

 

あああああああああああああああああ、、、、うめぇええええええ!

 

 

絶対に再来したいラーメン屋がここにある。


というわけで、あんまり混んでほしくないんですが、ぜひ食べてほしいお店です。今のところ金土日の営業です。詳しくはツイッターをチェックです。

The Noodles & Saloon Kiriya
千葉県流山市西初石4-475-1

[金]

18:00~22:00

[土]

9:00~15:00

[日]

9:00~材料切れ終了

いろんな発見がある1日でした!

僕らもこんなピースフルでウェルカムな空気感でやらなダメやで、ほんとに。そう思いました。

本日お伝えしたいことは以上です!

 

The following two tabs change content below.
COO、酒部部長、みけキャン副部長 「中古品、二次流通品、損害品、残置品を買取し、最適な市場に戻していく事で、社会的課題を解決する。」をテーマにリユース事業をやってるのと、レコード収集、キャンプ、映画鑑賞がライフワーク。世界一好きな映画は、トビー・フーパーの『スポンティニアス・コンバッション』。

最新記事 by 辻村 康 (全て見る)

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×