お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

夜のキャンプを彩るペトロマックス社のおしゃれなケロシンランタンHK500

ペトロマックスのHK500ケロシンランタンは、キャンプ好きの間でも極めて評判の高いランタンです。製造元であるペトロマックス社は、ドイツに籍を置く老舗ランタンメーカーで、圧力式の灯油ランタンを開発するなど、メーカーがキャンプ業界に与えた影響は計り知れません。ケロシンランタンHK500は、そんなペトロマックス社の総力を結集した製品です。

長く愛されるレトロなデザインが魅力

ケロシンランタンHK500の特徴として、まず真っ先に上がるのはそのレトロな美しいデザインです。創業当時から商品のデザインに大きく手を加えていない、ペトロマックス社のこだわりはランタンの繊細なフォルムに受け継がれています。200以上の細かなパーツから構成されているという、優美なケロシンランタンはキャンプの夜を情感たっぷりに彩ります。ドイツ軍が戦場で用いていたともいわれる、ペトロマックス社のランタンは細工の細かさとは裏腹にとても頑丈で、自然の中にあってもその働きを十分にこなします。1Lの灯油で8時間、400Wの光で辺りを照らし続けるランタンは実用性も十分です。

ケロシンランタンHK500の使い方

キャンプ用品メーカーペトロマックスのHK500は燃料タンクに圧力をかけ、点灯させるタイプのケロシンランタンです。キャンプで使用する際には、灯油を必ず用意しておきましょう。開封時のケロシンランタンHK500は、商品の状態を保つために保護リングがつけられているので、それをまずとってから、マントルの取り付けを行います。マントルは他のキャンプ用品メーカーが販売しているものではなく、ペトロマックス製の純正品を使用します。インナーチムニーへのマントルの取り付けが終わったら、灯油を注ぎます。量は7分目から8分目くらいでいいです。

その後はポンピングをして着火となりますが、排気バルブが空いていると圧力が上手くかかりません。ペトロマックスHK500の圧力調整スクリューが閉まっていることを確認し、グリップホイールの矢印を上向きにしてから、ポンプで圧力をかけていきます。圧力がかかったことで火が付くようになるので、空焼きとプレヒートを行い、充分にケロシンランタンの中を暖めます。暖まったら燃料バルブを開き点火です。再度ポンピングをすると炎が安定し、重要なキャンプの灯りが手に入ります。

The following two tabs change content below.

genki-heiwado

最新記事 by genki-heiwado (全て見る)

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×