お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

アウトドアで学べること。

キャンプの必需品といえば、テント。
テントを使ってキャンプをすることで学べることは、モノに縛られない生活です。キャンプに多くの物はいらなくて、必要最低限の装備とテントさえ用意出来れば、日常の生活では、決して気づくことの出来ない、「モノがない」ことのありがたみを知ることが知ることができます。

キャンプをすることで、創造力の育て方も学ぶことができます。目の前にあるものを手にし、肌で感じて考えて、自然の中で遊びながら、大きくなっていく「創造」の姿形を捉えていくことで、そこにある何かに気づいて、探して、考えて、大きくしていくことができます。

他にも自力で生活する大切さを学ぶことができます。キャンプでは朝寝坊をするのは自由だけど、誰も朝食は用意してくれません。環境が変わることでそれまでの自分の甘さに気付くこともできます。このようにキャンプでいろいろなことを学ぶことができます。


キャンプをすると、悩み事がなくなります。ありとあらゆるシチュエーションで、マイナスイオンをたっぷり全身に感じることで、流れる水を眺めたり星空をただ見つめているだけで、心のモヤモヤなんて消えてしまいます。

他にもキャンプではスマホがなくても何も変わらない生活ということに気づくことができます。キャンプの場にもWi-Fiや電波があり、どこまでもソーシャルな環境が揃っています。でも、キャンプは非日常体験の場でもあります。

さらにアウトドアでは「食」に詰まっている知識・文化の面白さを知ることができます。釣った魚をさばいて調理するにも、捌き方から調理の仕方まで、大昔から引き継がれてきた「アウトドア・フード」の歴史が詰まっていたりもします。アウトドアをすることで様々な経験をすることができます。

みなさんも都心の雑踏から少し離れ、ゆったりとした時間の流れるキャンプやアウトドアでリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

genki-heiwado

最新記事 by genki-heiwado (全て見る)

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×