お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

そろそろブッシュクラフトを始めよう

アウトドアをかじっていると、時折耳にするのが「ブッシュクラフト」という単語です。

ブッシュクラフトは、山奥のような自然環境豊かな土地で生活する知恵や技術の総称で、サバイバル技術にとどまらず、屋外生活をもっと楽しむためのアクティビティとして親しまれています。

アウトドアとブッシュクラフトの違い

アウトドアとブッシュクラフトの違いとして大きいのは、ブッシュクラフトに勤しむ人は必要最低限の装備で自然に身を投じるという姿勢です。

アウトドアの場合、テントや調理器具など、様々なキャンプ用品を持ち込むのが一般的ですが、ブッシュクラフターはナイフと火打ち石のみで山に向かってしまうこともあるほどです。

ここまで極端な生活にシフトすることは初心者には難しいだけでなく、遭難などの危険もあるため真似をする必要はありませんが、可能な限り現地調達で済ませてしまう姿勢はブッシュクラフターの第一歩を歩む上で大切です。

ブッシュクラフトに必要なもの

ブッシュクラフトに必要なものは人によって異なりますが、一般的なのはナイフと火打ち石、で賄い、必要やスキルに応じて調理器具などを持ち込むというケースです。

ナイフがあればお箸やカップは作れますし、明かりもランプがなくとも薪などを集めて代用します。寝床も風除けなどを自分で作り、そこで一夜を過ごしてしまうのがブッシュクラフターです。

サバイバルの技術を学び、楽しめるブッシュクラフト

お分かりのように、ブッシュクラフトは単なるアウトドアに比べて非常にサバイバル精神に富んだ生活を追求する姿勢が特徴です。

どこからどこまでがブッシュクラフトなのかという定義はありませんが、クラフトスキルを磨き、自然環境で暮らす知恵を駆使して生き抜く姿勢が、その人をブッシュクラフターたらしめるともいえるでしょう。

基本的なアイテムを揃えれば、あとは本人のスキル次第ということで、余計にお金を使わなくて良いのもブッシュクラフトの醍醐味とも言えます。

おわりに

アウトドア用品は数あれど、あえて便利なものから距離を置くのがブッシュクラフトです。せっかくの自然をもっと満喫したいという人は、一度チャレンジしてみるのがオススメです。

The following two tabs change content below.

genki-heiwado

最新記事 by genki-heiwado (全て見る)

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×