お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

竹鶴というウイスキーの歴史や種類。どのようにして飲めばより一層美味しく飲む事ができるか?

竹鶴のウイスキーの種類

竹鶴のウイスキーの種類はいくつかあり、それぞれ通常のピュアモルトと12年、17年、21年、25年、35年があります。年数を経た竹鶴のウイスキーほどより重厚な味わいが楽しめるというのがあります。

そしてこれらの竹鶴のウイスキーには共通点も多くフルーティ―な味わいがそれぞれ楽しめます。ただ標準のボトルよりも35年のボトルの方が明らかに味に深みがあり、同じフルーツの甘みでも35年ものの方が複雑な甘みがあり、より深みのあるウイスキーを楽しみたい時におすすめです。

どの竹鶴も素晴らしいですが味わい深さを楽しむならより成熟した35年がおすすめです。

竹鶴のウイスキーの歴史

日本のウイスキーブランドとして有名なニッカウヰスキーは、かつて日本には日本独自のウイスキーがなかった事からニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝がスコッチウイスキーの学び日本に持ち帰った事で生まれた、という歴史があります。その竹鶴政孝が作ったニッカウヰスキーの精神を受け継いで製造されたのが竹鶴でした。

そんな竹鶴政孝の精神を受け継ぎながらも、さらに洗練された味を目指していくというコンセプトで始まったという経緯があり、竹鶴が生み出された事でさら芳醇な味を実現させました。

竹鶴が世に出てから数々の世界的な賞を受賞してきたのがその証拠です。竹鶴政孝が亡くなった後にさらに美味しいウイスキーを目指した結果生まれたのが竹鶴です。

竹鶴 21年

竹鶴というウイスキーをより一層美味しく飲むにはどうすれば良いか

何か特別な飲み方をしなくても十分ウイスキーとしての美味しさを楽しめる竹鶴ですが、せっかく飲むならもっと美味しく飲める方法で飲むに越した事はないです。

竹鶴のウイスキーの楽しみ方は色々ありますがより竹鶴というウイスキーの味をしっかり楽しみたいなら何もせずにストレートで飲むのがおすすめです。

またウイスキーの飲み方としてオンザロックもおすすめです。
これが良いのは竹鶴というウイスキーの味わいだけでなく、大きな氷がカラカラグラスの中で鳴る状態で飲む事で自分が美味しいウイスキーを飲んでいるという気分を味わえます。また、氷がゆっくりと溶け出すことで、後味も変わってくる点もおすすめです。

The following two tabs change content below.

genki-heiwado

最新記事 by genki-heiwado (全て見る)

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×