お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

余市のウイスキーはどんなお酒?歴史や種類、おすすめの飲み方など、知らない人でも分かる余市ウイスキーについて

余市ウイスキーはどらくらいの種類があるのか?


余市ウイスキーは年代物、限定品などを含めて多数の種類が生まれて販売されています。その中でも特に人気の余市ウイスキーについて紹介したいと思います。
まずは、シングルモルト余市700ml、すべてのシングルモルト余市のベースというべきウイスキーです。そして、シングルモルト余市モスカテルウッドフィニッシュ700mlも人気ですね。若い世代でも楽しめるウイスキーなので、初めて飲むという人にぴったりです。また、シングルモルト余市10年700mlというものがあります。これは、余市蒸溜所で10年以上熟成されたシングルモルトのみを使い絶妙にブレンドしたウイスキーです。また、シングルモルト余市12年700mlもあります。2年熟成期間が違うだけで、はっきりと違いが出ています。そして、シングルモルト余市12年700ml、シングルモルト余市20年があります。

どのような経緯で余市ウイスキーが出来たのか


余市蒸溜所の創立は1934年ですが、最初はりんごジュースを主に作っていました。社名「大日本果汁」といいました。そして、余市蒸溜所がウイスキーを造り始めたのは設立から2年後の1936年です。そして、1940年に初めて「ニッカウヰスキー」「ニッカブランデー」を発売します。それから本社に東京をうつし、差様々なウイスキーリリースし続けます。シングルモルト余市がリリースされたのは、創立から55年後となる1989年、平成元年でした。創立からこれだけ長くかかったので、色々と開発していたのでしょう。その後も余市は様々なことにチャレンジし、ウイスキーを作り続けています。

余市ウイスキーはどんな飲み方がおいしい?


余市ウイスキーはどのような飲み方でもおいしく飲めます。ですが、おすすめの飲み方は水や炭酸水で割ることですね。基本的な飲み方が一番おいしく飲めます。ですが、他にもストレート、ハイボールなどもおいしく飲めるので、違う味わいも楽しんで欲しいですね。
また、ストレートで飲むと余市を味わいをしっかりと感じ取れ、余市ウイスキーの重厚で華やかな香りを堪能できるので、本来の味わいを楽しみたい方におすすめです。
味わいもまろやかで口当たりが良いウイスキーなので、ストレートでも水割りでもどんな飲み方でもおすすめです。自分の好きな飲み方を試してみてくださいね。

The following two tabs change content below.

genki-heiwado

最新記事 by genki-heiwado (全て見る)

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×