お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

ローズバンクウイスキーとは?イギリスのスコットランドで伝統的に作られていたお酒!伝統的な3回の蒸留を大切にしている!

ウイスキー・ローズバンクの銘柄と種類について

ローズバンクというウイスキーを知っているでしょうか。かつてローランドの王と呼ばれたものであり、3回蒸留するという性質でもよく知られています。ローランドモルトの中でも最高銘柄であり、スコッチウイスキーに分類されます。シングルモルトのタイプであり、品種は大麦と酵母です。イギリスのスコットランドの地域、ローランドで作られたウイスキーで、伝統的な蒸留方法を大切にしています。ローズバンクは今も多くの人に愛されています。
ローズバンクには、ヴィンテージ、花と動物、レアモルト、ペドロヒメネス、ベリーズ・オウン・セレクション、コニーサーズチョイス、カスクストレングス、オールドモルトカスクの8種類があります。

ウイスキー・ローズバンクの歴史・由来について

ウイスキーのローズバンクというのはスコットランドのグラスゴーとエジンバラの中間あたりで作られていたお酒です。ローズバンクという名前は、その地域の運河にはバラが咲き誇っていたところからついたものだと言われています。
このウイスキーは1773年に創業され、もともとはキャメロン蒸留所と名乗っていました。そして1840年に新しい建物を建て、ローズバンク蒸留所ができたのです。1864年、有名な蒸留所に負けないような品質の高いウイスキーを生産するため、ローズバンクの立て直しが行われ、ローズバンクの需要が急増していきました。20世紀になるとウイスキーの不況に飲み込まれますが、1914年にスコティッシュモルト・ディスティラーズを作り上げます。しかし1993年、ローズバンクはその時の所有者によって閉鎖されました。
2020年現在、ローズバンク蒸留所はグレンゴインやタムデュー、ボトラーズブランド「チーフタンズ」などを有するイアン・マクロード・ディスティラーズ社が権利を買い取り、再びの稼働を目標に再建への準備が行われているとのことです。すでに公式サイトや各SNSでのアプローチが始まっており、ファンは待ちきれないことでしょう。

photo by @RosebankWhisky(https://twitter.com/RosebankWhisky/status/1233438266747162628)

Rosebank Whisky 公式サイト:https://rosebank.com/

ウイスキー・ローズバンクを美味しく飲むための方法

ウイスキーのローズバンクは口当たりが良く、飲みやすいと言われています。まず、香りがたまりやすいクラスを選び、ストレートで注いでいきます。ウイスキーのローズバンクを楽しむときに氷は必要ありません。それから香りを楽しみ、味わうようにします。花の香りやバニラ、ハーブの匂いなど、様々な香りが濃厚に感じられ、リッチな感覚が味わえます。口の中に含んだら下の上で味の変化を楽しみ、さらに喉の奥で余韻の長さを味わいましょう。その後は水を追加し、2度目を味わいます。水といってもほんの数滴入れるだけで、1対1の割合以上にしない方が良いです。水を加えることで香りや味が引き立ちます。さらにアルコール度数も落ち着きますので、香りや味が感じやすいという良さもあります。ウイスキーのローズバンクは香りが有名なので、基本的にはストレート、その次に水を加える、という飲み方を意識しましょう。

The following two tabs change content below.

genki-heiwado

最新記事 by genki-heiwado (全て見る)

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×