お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

ザ・ロイヤルハウスホールド(ウイスキー)における、大変長い年月の歴史、及びレアな存在とも言える代表的な種類、おススメの飲み方紹介

ザ・ロイヤルハウスホールド(ウイスキー)の種類

ザ・ロイヤルハウスホールド(ウイスキー)の代表的な種類として、「ザ・ロイヤルハウスホールド 1707 アニバーサリー ブレンド」や「ザ・ロイヤルハウスホールド 特級」が挙げられます。「ザ・ロイヤルハウスホールド 1707 アニバーサリー ブレンド」は、1707年に、イングランドとスコットランドが合併してできたグレートブリテン王国の300周年記念を祝うために、特別にブレンドされた商品(ウイスキー)になります。日本国内において、西暦と合わせて、1707本限定発売されました。「ザ・ロイヤルハウスホールド 特級」は、高級フルーツを味わっているかのような余韻に浸れる点が特徴のウイスキーになります。

ザ・ロイヤルハウスホールド 特級

ザ・ロイヤルハウスホールド(ウイスキー)の歴史

ザ・ロイヤルハウスホールド(ウイスキー)の歴史は、1世紀以上も昔の1897年まで遡るのです。ネーミングにもあるように、イギリス王室専門のウイスキーで、世界的に見ても、本国イギリス以外では、日本でしか出回っていない、大変希少なウイスキーに該当します。当時のイギリスの皇太子である、アルバートエドワードは、大のウイスキー好きとして名高く、”自分専用のマイウイスキーが飲みたい”と発言したことに、ザ・ロイヤルハウスホールドの誕生が関係しているのです。皇太子から依頼を受けたジェームス・ブキャナン社が、試行錯誤の末、1901年に見事、王室専用のウイスキーを完成させて、これがザ・ロイヤルハウスホールドの誕生のキッカケに繋がったのです。

美味しいザ・ロイヤルハウスホールド(ウイスキー)の飲み方

ザ・ロイヤルハウスホールド(ウイスキー)における、おススメの飲み方としては、ストレートが最も適しています。アルコール度数が低めな分、アルコールによる強いパンチが抑えられており、全体的にも優しさがあるため、そのままのストレートが、本来の味を損ねることなく堪能できます。また、味わいに変化を持たせたい場合には、水割りもおススメできます。リンゴや洋ナシを思わせるかのような香りが漂う中、水を加えることで、カカオ豆のようなチョコレート風味が感じられて、より贅沢な余韻を楽しめます。さらに、ロックであれば、アルコールによる刺激が弱まるため、まろやかな味わいを愉しみたい方には、おススメの飲み方です。このように、ザ・ロイヤルハウスホールドは、ウイスキーに対して求めるアルコール感の強さによって、飲み方の違いを愉しめ、全体的にはフルーティーさが際立った特徴を有しているのが、ザ・ロイヤルハウスホールドというウイスキーと言えます。

The following two tabs change content below.

酒部の 中の人

自分を酒部の一員だと信じて止まない一般社会人女性、通称 中の人です。日本酒のおいしさに目覚めて日々色々と勉強中です。お酒の歴史、味、飲み方、美味しいお店の情報などをお伝えしていきます。

最新記事 by 酒部の 中の人 (全て見る)

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×