お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

ザ・グレンリベット(ウイスキー)における豊富な種類、及び創設者に焦点を当てた長い歴史、おススメの飲み方紹介

スペイサイド地方を代表するシングルモルト・ウイスキー、ザ・グレンリベット。グレンフィディックに継ぎ、世界で2番目に売れているシングルモルト・ウイスキーで、「すべてのシングルモルトはここから始まった」という謳い文句でも知られています。スコッチウイスキーを飲むならまずはザ・グレンリベット、と言われるくらい、とても人気のあるウイスキーです。そんなザ・グレンリベットについてご紹介いたします。

ザ・グレンリベット(ウイスキー)における種類

ザ・グレンリベット(ウイスキー)における種類は、ファウンダーズリザーブ、12年、15年、18年、21年、25年、ナデューラ オロロソ、ナデューラ ファーストフィルセレクション、ナデューラ ピーティッド、シングルカスク2019(#96411)、シングルカスク2018(#48624)、シングルカスク アルダンフ、シングルカスク チャペラー、コード、ウィンチェスターコレクションヴィンテージ1966、ウィンチェスターコレクション50年ヴィンテージ1967等、数多く存在しています。

ザ・グレンリベット(ウイスキー)のラインナップが豊富なのは、ウイスキー愛飲家からだけでなく、ウイスキー初心者の方にも、ザ・グレンリベットの魅力となっています。

シングルモルトウイスキー | ザ・グレンリベット | The Glenlivet
https://www.theglenlivet.jp/

 

ザ・グレンリベット(ウイスキー)における歴史

ザ・グレンリベット(ウイスキー)における歴史は、1824年に、創始者であるジョージ・スミスが、スコットランドにあるザ・グレンリベット地区で、初めてのライセンス(合法的な蒸留の認可)を取得したことから始まっています。ジョージ・スミスが、1824年にドルミン高地と呼ばれる場所に、最初のグレンリベット蒸留所を開設して、ザ・グレンリベットが誕生することになったのです。

また、1850年代の半ばまでには、2つ目の蒸留所となるケアンゴーム蒸留所も完成させており、ウイスキーの製造に専念していました。当時、”グレンリベット”の名前を模倣する者も多数存在しましたが、本物の証拠である定冠詞の”THE”を付けることで、唯一無二のザ・グレンリベットがウイスキーブランドとして、世に認められるようになったのです。

美味しいザ・グレンリベット(ウイスキー)の飲み方

ザ・グレンリベット(ウイスキー)の飲み方には、ストレート、ロック、水割り、ハイボール等、様々ありますが、最もおススメなのがストレートになります。特に、代表的な種類の一つでもある12年に至っては、ザ・グレンリベット特有のマンゴーやパパイヤを連想させるような、甘いトロピカルフルーツっぽい豊潤な香りがして、嗅覚からも愉しめるため、ダイレクトにストレートがおススメです。

また、青リンゴのようなフルーティな香りが特徴のウイスキーであることから、シュワッとした炭酸感を愉しむのに、ハイボールもおススメです。癖が無く、老若男女問わず愛される味わいが、ザ・グレンリベットというウイスキーの特徴になってくるのです。

The following two tabs change content below.

酒部の 中の人

自分を酒部の一員だと信じて止まない一般社会人女性、通称 中の人です。日本酒のおいしさに目覚めて日々色々と勉強中です。お酒の歴史、味、飲み方、美味しいお店の情報などをお伝えしていきます。

最新記事 by 酒部の 中の人 (全て見る)

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×