お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

ウイスキー好きにおすすめの、グレンモーレンジィウイスキーはどんなお酒なのか?種類や歴史、おいしい飲み方について

グレンモーレンジ ウイスキーの種類はどれがあるの?

グレンモーレンジィウイスキーはたくさんの種類があるので、ひとつずつ紹介します。まず、グレンモーレンジィ オリジナルですが、世界中のモルトファンから「完璧すぎる」と絶賛されているボトルです。そして、グレンモーレンジィ 12年もあります。これは、10年間通常の樽で熟成した原酒をさらにオロロソ・シェリーたるで24ヶ月追熟したものです。グレンモーレンジィ キンタ・ルバン12年があります。これは後熟にポルトガル産のルピーポートワイン樽を使用したボトルとなります。そして、グレンモーレンジィ ネクター・ドール12年は日本で人気のボトルになっています。さらに、グレンモーレンジィ18年、グレンモーレンジィ25年などが種類としてあります。どれもとてもおいしいウイスキーなので、お土産としてもおすすめです。ウイスキーが好きな人には是非飲んで欲しいです。


木箱入りのグレンモーレンジィ 25年 旧ボトル

グレンモーレンジィウイスキーの歴史について

グレンモーレンジィ蒸溜所は1843年に古いビール工場を改修して設立されました。ウイスキー蒸溜所としては1849年から稼動を開始します。ウイスキーを造り続けたのですが、1887年にやっと注目されるようになってきました。それまではウイスキーを発売していたのですが、これだけの時間をかけてようやく人気になったのです。そして20世紀になり、設備や増設をしながら規模を拡大していき1997年にアードベック蒸溜所を買収、2004年にはモエヘネシー社の傘下に入り、2009年には膨大な資金を投資してスチルを12基に増設、瞬く間に世界的にも有名なお酒へと成長していきます。このように、グレンモーレンジィは最初は工場から始まったグレンモーレンジィウイスキーは世界的に有名なウイスキーとなっていきました。

グレンモーレンジィウイスキーのおいしい飲み方

グレンモーレンジィウイスキーの飲み方で本来の味わいをダイレクトに味わいたい人はストレートがおすすめです。また、氷とグラスでロックで飲むのもいいですね。グラスをしっかりと冷やすことがポイントですよ。また、それ以外ならハイボールやソーダ割りなどもおすすめです。ただ、ソーダ割りは少し物足りなさを感じるかもしれませんが、初めて飲むという人にはソーダ割りはおすすめです。どんな飲み方でも基本はおいしいので好きなグレンモーレンジィウイスキーの飲み方を試して欲しいです。もし、グレンモーレンジィウイスキーの飲み方で迷ったら参考にしてくださいね。

The following two tabs change content below.

mickemicke2012

最新記事 by mickemicke2012 (全て見る)

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×