お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

ウイスキーの銘酒として有名な「宮城峡」についてご紹介。ウイスキーの特徴やおいしい飲み方を初心者にわかりやすく解説

ウイスキー「宮城峡」にはどんな種類があるか

ウイスキー「宮城峡」にはいくつかのバリエーションがあります。ラインナップは以下の通りです。シングルモルト 宮城峡、シングルモルト 宮城峡(10年もの・12年もの・15年もの)、カフェモルト、シングルモルト宮城峡 1988、宮城峡 モスカテルウッドフィニッシュ、シングルモルト宮城峡 マンサニーリャウッドフィニッシュ、宮城峡 リミテッドエディション2019などがあります。

熟成年数や蒸溜方式によってたくさんのバリエーションが用意されていますが、一番オーソドックスなウイスキーは「シングルモルト 宮城峡」となります。初心者でも飲みやすい味わいのウイスキーなのでおススメです。


宮城峡 12年

ウイスキー「宮城峡」が生み出されるまでの歴史

1960年代から70年代にかけて、ウイスキーの貿易が自由化されたことや、国内が経済的に豊かになってきたことなどから、ウイスキーの需要が拡大してゆきました。このような情勢の中、ニッカウヰスキーは宮城県仙台市の郊外に宮城峡蒸溜所を建設しました。

1969年以降は精力的に宮城峡ウイスキーの製造を続け、その評判を確かなものとしてゆきます。自然環境への配慮も重視しており、ヤマメの稚魚の放流や工場敷地内の緑を保護する取り組みも行ってきました。2001年にはアサヒビールの完全子会社となります。その後も、連続テレビ小説に取り上げられるなど宮城峡や宮城峡蒸溜所は注目を浴び続けています。

ウイスキー「宮城峡」のおいしい飲み方をご紹介

ここでは宮城峡の中でも一番オーソドックスな「シングルモルトウイスキー」について、おいしい飲み方をご紹介します。宮城峡は水割りにして飲むのが一般的で、ミネラルウォーターとロックアイスを使用すると良いでしょう。フルーティーな味わいや甘い口当たり、程よい辛味が特徴となっており国産ウイスキーとして大変味わい深いことが魅力です。

そしてせっかくウイスキーを飲むからには、おつまみにもこだわりたいところ。宮城峡に合うおつまみは、やや甘さを抑えたチョコレートが良いでしょう。また、蒸留所のおみやげとしても販売されている「スナックモルト」もおすすめです。

The following two tabs change content below.

genki-heiwado

最新記事 by genki-heiwado (全て見る)

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×