お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

ウイスキーのワイルドターキーはどんなお酒なのかを種類と歴史と飲み方の3つのセクションに分けてそれぞれ紹介

ウイスキーのワイルドターキーのさまざまな種類について

ウイスキーのワイルドターキーには、いくつかの種類があります。飲み口がやわらかくアルコールの度数が40度のワイルドターキースタンダード、アルコール度数が50度のワイルドターキー8年、原酒をブレンドしたワイルドターキー レアブリードなどがあります。

また他にも味わい深さが魅力のワイルドターキー ケンタッキースピリットや、ストレートライウイスキーのワイルドターキーライなどもあります。


ワイルドターキー ケンタッキースピリット

ウイスキー好きなら、ワイルドターキーのさまざまな種類を飲みたくなるのも不思議ではありません。ワイルドターキーは多くのウイスキー好きにとても愛されている銘柄です。

ウイスキーのワイルドターキーの歴史について

ウイスキーのワイルドターキーの始まりは、リピー蒸留所だといわれています。このリピー蒸留所がワイルドターキーの蒸留所となました。

そしてこのリピー蒸留所は、19年代半ばにオースティン・ニコルズ社に買収されました。買収されからは、オースティン・ニコルズ社がすべての作業工程を管理するようになったといわれています。

またウイスキーのワイルドターキーのブランド名の由来は、名前からわかる通り七面鳥からきているようです。名づけの由来には、オースティン・ニコルズの社長が関わったといわれています。

ウイスキー好きなら誰もが親しんでいるであろうワイルドターキーは、このような歴史をたどってきました。


ワイルドターキー12年 旧ボトル

ウイスキーのワイルドターキーの美味しい飲み方

ウイスキーのワイルドターキーを美味しく飲む方法ですが、ワイルドターキーそのものの味や香りを存分に堪能したいのであれば、やはりストレートで飲むのもありです。刺激的な香りと甘さのある味わいは、ワイルドターキーを飲む醍醐味といえるかもしれません。

ただアルコール度数が高いワイルドターキーですから、もう少しマイルドさを求めるのであれば水割りだとバランスがとれます。ウイスキーをそれほど飲み慣れているわけではないなら、オーソドックスな水割りでワイルドターキーを楽しむのもありです。

また味をさらに楽しむなら、ソーダ割にするのも美味しいです。これらの方法が、ウイスキーのワイルドターキーの飲み方でおすすめです。

The following two tabs change content below.

genki-heiwado

最新記事 by genki-heiwado (全て見る)

関連記事

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×