お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン
高額買取ランク

不動國行とは

日本の有名刃物メーカーの最上級に掲載されている、本焼き包丁を打てる第一人者 鍛冶師の玄海正国(不動国行)向米雄氏の手掛ける和包丁です。
日本において、水焼き本焼の超高級品を始めて研究開発し、最高峰の切れ味と最大の長切れをする包丁です。
佐賀県唐津市呼子の「呼子かじや玄海正国作 向刃物製作所」にて工房を構え水焼本焼(みずやきほんやき)料理包丁を造っています。
販売は工房対面販売のみです。

 

 

水焼本焼きとは

一般的な包丁(霞包丁)は軟鉄と鋼を張り合わせたりしているのですが、本焼き包丁は硬度を高め切れ味を良くする為に鋼のみで造られた包丁で、和食の料理人は、本焼を使いこなせるようになれば一人前と言われたそうです。
また本焼きの製法として、水本焼と油本焼があります。

鋼を硬くする焼き入れ工程時に水を使うか油を使うかの違いです。水本焼は焼入時に水を使うことで一気に冷却するので鋼に高い硬度を持たせる工程でより繊細な切れ味になると言われています。熟練の鍛冶職人でも極めて高度な技術と言われています。
水焼本焼を打てる腕利きの鍛冶は全国でもごく限られているという事です。

油焼は焼き入れ工程で油で冷却するため、水冷ほどの一気冷却ではなく、水本焼きよりは製造が易しい。
硬度は水焼きより軟らかいのですが、十分な硬度はあり切れ味の鋭さと長切れの度合いは、霞の包丁よりは、かなり優れていおります。

 

 

不動國行包丁 買取実績

不動國行 白水本焼 黒檀両輪銀二本巻柄 柳刺身包丁 刃渡330mm 本刃 鏡面刃付け済

不動國行 本焼 水牛黒檀八角柄 柳刃包丁刃渡330mm 白鞘付

不動國行 本焼 黒檀八角柄 蛸引包丁 刃渡350mm 鏡面

オンライン査定はこちら

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×