お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

日本代表ありがとう!熱い試合だった!

 

 

この吉田選手のツイートに共感しています。

 

 

昨日の試合見ましたか?白んでいく空を見上げながらマジで涙を流しました。

 

 

 

 

本当に手が届きそうなところにベスト8がちらついた。

 

 

でも甘くなかった。ベルギー本気になって、必死になってた。

 

 

 

3点目が入ってしまった瞬間のあの気持ち。安易に感情を言葉にできない時間がしばらく続きました。気が付くともう朝。

でも凄い、代表の選手の皆様、監督スタッフの皆様、心からありがとうございました!マジで感動しました。日本代表を誇りに思います。

 

 

 

こんにちは。千葉県柏市のゲンキの平和堂でリユース事業を行っているリユースの僕こと辻村康です。つじむらこうです。やすしではなく、こうです。

日本中が湧き、涙した夜と言うか朝でしたね。こんなすごい試合が繰り広げられた背景には間違いなくポーランド戦をどう戦うか、西野監督の選択があったからこそ実現したこと。結果論ですが、事実です。

 

 

ポーランド戦の西野監督の判断について

 

ほんとに賛否両論ありましたが、これってその人のゴールがどこにあるのかによると思うのですが、西野監督は間違いなく全責任を一人で背負う覚悟で、時間をかけてボール回すっていう選択をしてると思うのです。どうするかを決めるのは監督なので。あれで万が一負けたら、外国の人たちだけじゃなく、日本のサポーターからも絶対に批判を浴びること間違いなしなんですよね。その覚悟ありで選択している。

西野監督は絶対に決勝トーナメントに行く=結果を出す。ってことをあの試合のゴールにしてる。だからその達成のためにあの選択があった。自分がどんな批判を浴びるかってことなんかこれっぽっちも考えてない。自分に対する注意がなくなっている。だから凄いんだよね。外国の人たちがブーブーいうのはわかりますが日本人がつまらん試合だ!とか言ってたけど、ちょ、待ちなよ!決勝トーナメント応援しようよ!って、僕らは仲間でしょ?ってこのことにおいて仲間でしょ?って思う。

結果を出すってそういうことだし、きれいごとじゃすまない。泥臭かったり、地味だったり、めちゃくちゃかっこ悪かったりするケースもある。でもルールを破ってるわけじゃないし、それも含めて戦略、戦術だと思うから。そして昨日のあの試合に繋がっているわけで。リスクを取って攻撃攻めたから昨日の試合が実現したということも出来る。

だから我々も仕事において、結果を出すとか、ゴールとか言ってるそれっていうのは、実際何のことを言ってるのか、その先に何があるのか、今一度言葉で伝えあいたいなと思いながら、ベルギービールを吟味しながら考えましたとさ。(笑)

 

 

The following two tabs change content below.
COO、酒部部長、みけキャン副部長 「中古品、二次流通品、損害品、残置品を買取し、最適な市場に戻していく事で、社会的課題を解決する。」をテーマにリユース事業をやってるのと、レコード収集、キャンプ、映画鑑賞がライフワーク。世界一好きな映画は、トビー・フーパーの『スポンティニアス・コンバッション』。

最新記事 by 辻村 康 (全て見る)

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×