お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

ボンベ入りとガス管使用、違いはこれだけではない


ガスには「LPガス」と「都市ガス(LNG)」の2種類があることは、皆さんご存知だと思います。しかし、意外と知られていないのが両者には大きな違いがあること。「ガスボンベで家庭に届けられるのがLPガス、ガス管を通って届けられるのが都市ガス、輸送方法が違うだけじゃないの?」と思われがちですが、そもそも両者は全くの別物なのです。

LPガスの主成分はプロパンやブタン、家庭用のLPガスはプロパンが主成分となっていますので「プロパンガス」とも呼ばれるのですが、一方で都市ガスの主成分はメタン、両者とも天然由来の物質である点は同じですが主成分が異なるのです。だから、両者は似ているようで全く違う。例えばLPガスは空気より重い性質を持っていますから、ガス漏れ警報器は床に近い位置に設置しないと意味がありません。一方で都市ガスは空気より軽い性質を持っていますから、ガス漏れ警報器は天井に取り付けるのです。


単に高額なだけではない、LPガスのメリット


また、LPガスは高い!という特徴もあり、その価格は都市ガスと比較すると2倍弱となっているのですが、これはガス屋さんが価格を釣り上げているからというのが理由ではありません。そもそも精製に手間がかかるのがLPガス、だから価格が高いのです。

そして、LPガスは単に高いだけではありません。いくつかの良い点もあるのですが、まずは火力が高いこと。中華料理などを手がけるプロの料理人になると、都市ガスの低い火力では仕事にならないとか。料理好きの奥様方も高い火力を求めて、都市ガスの物件は避けるという話もありますね。またボンベで供給されるLPガスは、災害時に復旧が早いという良い点もあります。都市ガスはガス管がダメージを受けてしまうと、復旧までに長時間かかりますが、LPガスについてはそんなことはありません。


ガスのタイプ違いで、レンジが使えなくなったなら!


以上がLPガスと都市ガス(LNG)の違い、そもそも両者は別物という話でした。ですから、ガスコンロやガス給湯器にもLPガス用と都市ガス用の2種類があり、LPガス用のコンロを都市ガスで使ったり、都市ガス用の給湯器をLPガスで使ったりすることはできません。そんな訳でよく起こるのが、引越し先に持ってきたガスコンロが使えないというケース。当店ではガスの種類を問わずコンロなどガス用品の買取をおこなっていますから、ぜひ一度ご相談ください。

もし自分の持っているガス用品が、LPガス用が都市ガス用がわからなくなった場合は、ガス用品に貼られているラベルには「○○ガス用」と必ず書かれているもの。ラベルが剥がれてしまっていたり、読めないケースでも品番をチェックすると「○○○○○○ LP」など末尾の文字で判断できますから、これらを必ずよく確認した上での使用してください。もし誤って使用してしまうと、火災や一酸化炭素中毒の危険性もありますので、くれぐれもご注意を。

また同様にご注意といえば、当店へのガスコンロなど買取依頼について。型式があまりにも古かったり、状態が悪いものについては買取をお断りするケースがあります。ですから査定前には電話などで品番を伝えていただき、買取可能かの確認をしていただいたほうが良いでしょう。その場合は、本体に貼られているラベルに品番の記載がありますからご参照ください。

LPガス

LPガス

都市ガス

都市ガス


店頭・持込買取に関してはこちら

出張買取に関してはこちら


査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×