買取メーカー 空研 KUKEN

空研 とは

 

空気動工具(エアーツール)を専門に作り続けているのが、株式会社空研です。

 

空研は、自動車メーカーやタイヤメーカーとの取引が多く、製品の製造や整備のプロセスをオリジナルの技術でサポートしてきました。

 

 

 

より小さく使いやすい製品を開発するなど、現場での使い勝手を重視した商品を提供しているのが最近の傾向となっています。

 

振動や騒音を抑えた製品が多く、技術的にも楽に作業が行えるような工夫を凝らしています。

空研は大阪府羽曳野市の本社を中心に名古屋や東京、札幌などの各拠点で営業活動を行っている会社です。昨今は省エネ対策にも力を入れており、環境への負荷を軽減するような製品づくりをスタートしています。

 

 

新しい製品開発に積極的にトライをし、次々とニューモデルが生み出されている状況です。

 

 

 

 

 

空研の注力製品

空研が特に力を入れている製品としては、インパクトレンチが挙げられるでしょう。空研では、様々なタイプのインパクトレンチを取り扱っています。

5ミリ前後の小さなボルトの取り付けに役立つ小型のタイプから、大型、超大型のタイプまでそろうのが空研のインパクトレンチです。

現在の所、6タイプのクラッチ構造を取り入れた製品が用意されており、用途に合わせて選ぶことが可能です。起用されるクラッチの構造によって、振動などが若干違ってきます。

空気の力を利用した空研のインパクトレンチは、火花が発生しないというメリットがあります。

デリケートな作業を必要とする場合にも重宝するため、使用シーンを選ばないのが利点と言えます。ガソリンスタンドや自動車整備店などでも使用がしやすく、買取された中古品の使い道も幅広いのです。

 

 

 

 

 

空研の買取ポイントと注意点

空研は、インパクトレンチにかけては定評のあるメーカーです。

 

ですので、電動工具に詳しいお店に持ち込めば、メーカー品として高く評価される可能性があります。

 

他の有名メーカーの製品と同様に、通の間でニーズが高いのが空研の製品です。

有名メーカーの良質な電動工具は、中古品でも問題なく使用出来るケースが多いため、未使用や長く使用していない製品があれば査定を受けてみましょう。

 

また、普段からインパクトレンチの手入れをすることも査定額に影響します。

現場で使用することが多いエアー工具は、汚れや傷などがつきます。査定前にしっかりと油汚れなどを拭き取ることが大事です。

 

 

また、いくら状態が良くても故障して完全に作動しなければ買取対象外となります。事前にエアーコンプレッサーに繋ぎ、引き金を引いて不具合がないかしっかり確認しましょう。

 

 

 

お持ちの空研エアツール「いくらになるかな?」という方はこちらから!

 

電動工具買取の無料査定・お見積・お問い合わせはこちら

0120-06-4147

営業時間 AM10:00~PM8:00 ※年中無休

超簡単!電動工具買取の買取価格見積フォーム