お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

セイコー(SEIKO)について

国産腕時計といえばセイコー(SEIKO)と言っても過言ではありません。日本で初めて腕時計を、世界で初めてクォーツウォッチを製品化した企業として、数多くの時計を生産、販売し続けています。またオリンピックなど世界大会でも公式スポンサー、オフィシャルタイマーとして参加しています。

セイコーは様々な自社ブランド(グランドセイコー、クレドール、プレサージュ等)を展開しています。その中でも高級腕時計ブランドとして注目度が高いのはやはり「グランドセイコー(Grand Seiko: GS )でしょう。元々国内でも高い人気がありますが、近年では海外でも評価が高まっています。また、セイコーといえば「クォーツ時計」が有名ですが、機械式時計でも高い技術力を有し世界で高く評価されています。

グランドセイコーは全ての部品の製造を日本国内で行い、専門の時計技術者集団によって組立が行われています。
世界各地に数多くの時計メーカーがありますが、セイコーは全ての部品を一貫して製造、組立まで自社で行うことができる「完全マニュファクチュール」という世界でも非常に珍しい時計メーカーです。

 

 

セイコーの歴史

日本の時計メーカーとして誰もが知っているセイコーは、1881年(明治14年)に服部金太郎氏が中古時計の修繕販売を行う事業として服部時計店を創業したことから始まります。その後、自社工場の精工舎を設立し時計メーカーとして数多くの時計を世に送り出してきました。

現在の時計の主流は「クォーツ式時計」ですが、これを世界中に普及させたのがセイコーです。1969年に世界初のアナログクォーツウォッチ「アストロン 35SQ」を販売しました。これは時計史に残る革命的な出来事でした。

近年では高級機械式時計にも注力し、グランドセイコーやクレドール等の機械式時計ラインナップも充実され、高い技術力により世界中の時計ファンから注目を集め続けています。

 

 

グランドセイコー(Grand Seiko)の高額買取ポイント

海外高級腕時計に比べ買取価格が控え目と言われてきたグランドセイコーですが、近年では海外での人気が高まっており、需要はどんどん高まってきています。流行の左右されにくい堅実なデザインは、製造から年数が経つモデルでも中古市場では高い人気があります。
お手持ちのグランドセイコーも”思った以上の価格”がつくかもしれません!

※査定には時計の状態(キズ、動作)やメンテナンスの有無などもポイントになりますので、
お気軽にお問合せください!

 

 

オンライン査定はこちら

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×