お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

オリス(Oris )について

オリスはスイスの腕時計メーカーで、日常生活での使用を想定した比較的手に入り安い価格帯の機械式時計を中心に製造しています。同社ホームページには「4,000スイスフラン(約45万円)までの価格帯のスイス機械式時計の分野では他の追随を許さない」「デイリーユースを目的として製造した最高基準」と記載されています。
安価な時計作りを目指しているとは言え、同社は高い精度を持つ時計を作り出しています。
同社の時計は一時、ETA社製のムーブメントを加工して使用していましが、2014年からは自社製のムーブメントの製造を再開し商品化しています。

 

 

オリスの歴史

オリスは1904年、スイスのヘルシュタインでオリス時計工場として創業されました。社名は創業地の近くを流れるオリス川に由来します。比較的安価で実用的な腕時計を専門に開発、製造をする中で同社を代表するモデル「ポインターデート」や大型のリューズ(龍頭)が特徴的な「ビッククラウン」を開発し、空軍パイロットなどの人気を集めました。
一時は自社でのムーブメント開発を中断していましが、近年は自社製ムーブメントの開発、製造を再開し再び注目を集めております。

 

 

オリスの高価買取モデル

オリスは比較的安価な腕時計が多くありますが、中には限定モデルや生産が終了しプレミアがついているモデルもあります。そういったモデルは比較的高額の査定となる可能性があるので、一部紹介したします。

プレミアモデルとしては、「チタンダイバーモルディブ限定モデル(Oris Divers Maldives Limited)」があります。こちらは世界限定2,000本となっており希少性が高いモデルです。生産終了した、オリス ビッグクラウン ポインターデイト(Oris Big Crown Pointer Date)もオリスを代表する人気のモデルで生産終了のため希少価値があります。

 

 

買取商品トップに戻る

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×