お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

高鳳正國について

日本でも数人しか職人がいないといわれる水焼き本焼き包丁の最高峰ともいわれるのが高鳳正國の包丁です。
水焼き本焼きの技法を受け継ぐ玄海正國氏と日本一の刃付け職人である源伯鳳氏の研ぎと研磨によって完成される逸品です。世界中の料理職人からの羨望の的でもあり、現在では一般には入手が非常に困難な包丁となっております。

 

 

高鳳正國の作り手

玄海正國氏は、日本において水焼き本焼の技法を研究開発し、最高峰の切れ味と最大の長切れをする包丁を製品化した稀代の名人で当時の文化庁登録刀匠の仙水國行(故人)平安城沖芝正國の唯一の弟子です。水焼本焼の日本一の名人と言われております。玄海正國氏は自身が製作した包丁には、その証として水焼本焼の刻印を刻みます。

 

 

高鳳正國の買取について

高鳳正國の包丁は職人の手によって一品一品手作業で製作されており、非常に手に入れることが困難なお品物となっております。それ故に探している方も世界中に多くいらっしゃいます。当店では未使用品に限らず、使い込まれた包丁でも買取の対象といたしておりますので、まずはご相談ください。
 

 

オンライン査定はこちら

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×