お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン
高額買取ランク

CONTAX G2について

高級コンパクトフィルムカメラの価値が、改めて見直されつつある昨今の情勢にて、CONTAX のAFレンジファインダーカメラG2の買取価格も上昇中です。諸々の事情の末に、日本の電子機器会社京セラがCONTAX G2の販売を始めたのは、1993年のことでした。G2の前身であるG1や大ヒットシリーズT2を含め、当時の京セラはカメラ開発に積極的な姿勢を見せていましたが、時代と共に事業の縮小は進み、現在ではCONTAX にまつわる展開の一切が停止しています。

 

新品での入手が困難になったカメラを、今一度求めんとする人々が殺到したことで、中古買取市場は一段と賑わいを増しました。CONTAX G2がカメラファンの心を掴んでいる、理由の1つに機能の高さがあります。レトロモダンな雰囲気で、古き良きカメラを表現しながらも、その中身に当時の最新機能を搭載したG2は、クラシックな魅力と実用性の両方を兼ね備えます。風格あるチタン製ボディも、今では買取店に持ち込まれることも少なくなった、高級カメラの特徴です。

CONTAX G2の買取について

CONTAX G2における、買取のポイントは大きく2つあります。1つはその色です。限定販売されたブラックのCONTAX G2は、非常に希少性が高く、一般の製品よりも更に買取価格は高くなります。カメラ本体と共に、セット販売されていたレンズも添えて、買取サービスをご利用ください。ポイントの2つ目はレンズの存在です。CONTAX G2の販売当時、セットとして売られていたもの以外にも、専用に設計された交換レンズがいくつも販売されていました。超広角のレンズはレンズ単体としても一級品で、カメラの機能はレンズによってさらに向上します。レンズにとってもCONTAX G2は特別なカメラであり、今となっては他にその魅力を引き出せる製品も製造されていません。CONTAX G2をお売りいただく際には、専用の交換レンズも一緒にご用意いただけると、さらに高い買取価格をお付けできる可能性があります。心当たりをお持ちの方は、是非とも一度ご自宅のコレクションをご確認下さい。

オンライン査定はこちら

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×