お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

藤原照康刃物について

藤原照康刃物は明治3年の創業以来「日本刀」を製作してきました。そして今日では日本刀は芸術品となり、多くの人には刃物としての切れ味が伝わりにくくなったため、その伝統の技法を込めて実用的な包丁作りを開始しました。
現在の4代目藤原照康刃物が鍛え上げる「総手造り包丁」は、ただ切れるだけではない「いつまでも使い続けたい切れ味」を持つ包丁として作られています。

 

 

藤原照康刃物の歴史

明治3年に創業、初代・渡辺平左衛門がスキ、鍬、鎌などの製造を始めました。明治39年になり二代目渡辺森蔵が刀剣造りの修行を開始したことによります。関東大震災により当時の工房は全壊しましたが、鍛造所を新たに設立し、昭和42年には茨城県に第二鍛造所を設立しました。
四代目藤原照康になり、これまでの刀造りから実用的な包丁造りを開始しております。
 

藤原照康刃物の買取について

藤原照康刃物の包丁は一本一本手造りされております。この包丁はプロの料理人だけでなく一般ユーザーにとっても使いやすいお品物が揃っております。新品、中古を問わず買取対象になっておりますので、是非お問合せください。

 

 

オンライン査定はこちら

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×