お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン

有次(アリツグ)について

有次(ありつぐ)は京都の伝統工芸品の包丁分野で代表的なブランドです。創業から450年余、現在でも「一本一本職人の技と心根を込めて」製作されています。包丁では「三徳牛刀」をはじめ「出刃包丁」「ペティナイフ」「薄切り包丁」「刺身包丁」を基本に、各種オーダーメイドにも応じています。また、包丁以外にも鍋やフライパンなどの料理道具や小物も扱っています。海外での評価も高く、今では客の2割が外国人となるほどの人気です。

 

 

有次の歴史

有次は戦国時代の刀鍛冶が発祥であり1560年に京都で生まれました。名前の由来である藤原有次は御用鍛冶として御所にも出入りを許されていました。そして江戸時代に入ると武器としての刀の需要が減少したため、料理包丁や小刀などを扱うようになりました。
1949年に「京の台所」と呼ばれる錦市場のそばに営業拠点を設け、その後は百貨店にも出店をしています。
尚、東京の築地にも有次のお店がありますが、こちらは大正時代に京都の本店から独立したお店となります。

 

 

有次の高額査定商品

有次の包丁は伝統の技と丁寧な仕事によって作られており、まさに”一生ものの道具”としてプロの料理人から一般の方まで広く愛されております。

中古のものでも人気があり高額査定となるものも多くあります。
有次の包丁には「有次」と刻印が入っております。

●牛刀(三徳)
いわゆる万能包丁と呼ばれるものです。ご家庭では最も使用頻度が高い包丁ではないでしょうか。

●ぺティナイフ
果物の皮をむいたり、小さいものを切ったりするのに一本あると大変便利な包丁です。

●出刃包丁
片刃で厚く丈夫な包丁です。主に魚をさばくのに便利な包丁です。

 

 

オンライン査定はこちら

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×