お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン
高額買取ランク

天童木工について

合板といえばベニヤ板、安価な木材というイメージがありますが、その強度と自由度に一早く目を付け、家具製造に活かしたのが「天童木工」。山形県天童市に本社と工場が置かれています。特徴は社外の有名デザイナーや建築家を起用した家具の取扱いが多いことで、それらの優れたデザインや斬新さは不変、数々のロングセラーを生み続けているのです。

天童木工の数ある名作の中でも代表的なものは、日本のインダストリアルデザインの草分け、柳宗理が手掛けた「バタフライチェア」や代表的な家具デザイナー、剣持勇による「柏戸イス」、同じく家具デザイナー、松村勝男による「安楽椅子」など。また現在も数々の製品を生み出し続けており「ギャラリー(Gallary)」や「セントロ(Centro)」といったシリーズ家具は人気商品。時代に流されない普遍的なデザインを手がけるのが天童木工ですから、長く愛されること間違いなしの家具たちなのです。

国産高級自動車の内装材に使われていたり、公共施設の家具を手がけていたりと、デザインだけでなく、強度や信頼性も高いのが天童木工。近年では、強度に難があるとされていた国産スギを用いた合板家具「ロールプレスウッド」シリーズを発表、「ものづくり日本大賞」で内閣総理大臣賞に輝き話題にもなりました。

 

 

天童木工の歴史

軍需品を主に手がけていた木工業者の組合が、天童木工製作所となったのが1942年。1947年には、国外で注目を集めていた高周波振動装置をいち早く導入し、形成合板による家具作りに取り組みました。1950年代になると高い技術力が評価され、公共施設向けの家具を大量に納品し始めるのですが、並行しておこなったのが有名デザイナーとの協業による家具の製造。1956年に手掛けた柳宗理のバタフライチェアを皮切りに、数々の名品を手がけるようになりました。

その後も新しい工場をオープンさせたり、技術を導入したりして、天童木工の事業は順調に成長していくのですが、現在も主力部門となっている自動車の内装を手がけ始めたのが1989年。21世紀に入ってから天童木工の名声は、国内だけでなく海外でも高まり、日本を代表するものづくり企業となっています。

 

 

天童木工を査定に出す前の注意点

丈夫さ、使い心地、デザイン、天童木工の製品は全てが高く評価されています。それだけに当店では、古いものでも大歓迎で買取中なのですが、査定時前におこなっていただきたいのがお手入れ。木部分は固くしぼった雑巾で拭き掃除、レザー部分は専用のクリーナーで汚れを落とすなどしていただくだけで、査定時の印象を大きく良くすることが可能。買取価格のアップも見込めるのです。

また大歓迎なのはリビングの家具一式を天童木工でそろえているというケース。出張買取にて対応いたしますから、お気軽にお問い合わせください。

また天童家具の製品なら一点でも、大きくて持っていけないというならば出張買取で対応。こちらもご相談いただければと思います

 

 

オンライン査定はこちら

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×