お知らせ 辻村康のスポコン! 酒部 みけキャン
買取対象商品 ツインビート3ターボ、トリプル美アニオン、ツインビートR、 シェイプビートコア5000、スタイリフト、キャビラジ、ヒートマット600
高額買取ランク

伊藤超短波について

キャビテーションとは、液体中に生じる圧力差で気泡が作られ、消える現象。

作られた泡が消える際に大きな力が発生するのですが、それを利用して脂肪に働きかけるのが「伊藤超音波」の「キャビラジ」。

キャビラジはラジオ波もあわせて発生させることで、温め効果も発揮、心地よくケアもしてくれます。

キャビラジは家庭用の美容機器ですが、伊藤超短波はエステサロンで用いられるようなプロ仕様の機器も手がけています。そのノウハウがそのまま活きているのが伊藤超短波の機器の特徴。家庭用EMS(低周波マシン)「スタイリフト」や「ツインビートR」、吸引とローラーのボディトリートメントマシン「ミニセル」などが、現在ラインナップされています。

伊藤超短波が手がけているのは、美容機器だけではありません。

リラクゼーション機器「ヒートマット600」や減毛器「ライトエピ」など、品揃えは非常に豊富なもの。これらも伊藤超短波が手がけている、エステサロン用の機器や医療機器に使われている技術が用いられていますから、大きな効果が期待できるもの。その証拠にユーザーさんからも、伊藤超短波へ絶賛の声が集まっているのです。

 

 

伊藤超短波の歴史

1916年に日本初の交流式レントゲンを開発した「東京医学電気(株)」が伊藤超短波の前身、創業当時から高い技術を持っており、数々の医療器具や無線機器を手がけてきました。そんな伊藤超短波が日本発の超短波医療機器を開発したのは1934年、1977年には家庭用の超小型低周波治療器を発売し、そのジャンルでも存在が知られるようになっていきます。

1981年にはレーザー治療器、1991年には骨癒合治療器など、日本ばかりか世界初となる製品を世に出し、医療分野はもちろん家庭用でも大きな存在感を持っている伊藤超短波。

2019年には、EMS美容機器を得意とするヒロセ電機の健康・医療機器部門を傘下におさめ、ますます勢いを増しています。

 

 

伊藤超短波製品を査定に出す際の注意点

ボディケアやフェイシャルケアをおこなう美容機器や、リラクゼーション機器、減毛器など幅広い製品ラインナップを持っているのが伊藤超短波。当店は伊藤超短波の製品ならば、ほとんどのジャンルのものを大歓迎で買い取り中です。ただ買取が難しいのは、医療ジャンルの製品、お断りすることがございますのでご了承ください。

査定に出される際に注意したいのは、お手入れについて。キャビラジならば汚れが付きやすいヘッド部分はもちろん本体もきれいにしていただくことで、より高価買取が狙えます。普段に増したお手入れをおすすめします。

また最新式の機種や使用感がないもの、保障期間中のものならば、さらに高価買取が狙えるもの。ちょっと自分には合わないと判断したならば、すぐに当店にご相談ください。よりよい査定結果が期待できるでしょう。

 

オンライン査定はこちら

査定

お電話でのお見積り

フリーダイヤル 0120-06-4147

×